動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画のトリミングを簡単に!おすすめのフリーソフト6選

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオカメラやスマートフォンで撮影した動画。撮影した後に人に見せたり動画共有サイトに投稿したりしたいと考えているなら、動画のトリミングや加工はいかがでしょうか。動画のトリミングや加工の際に、簡単に使用できる編集ソフトには無料版やフリーソフトが存在しています。ここで、今回は動画のトリミングや加工、形式変換ができるフリーソフトをご紹介しましょう。

 

AviUtl

動画ファイル形式のひとつである「AVI」形式データの編集を基本としたフリーソフト。追加機能を組み込むプラグインが豊富で、拡張性が高いことが魅力のソフトです。

また、プラグインを入れることでAVI形式以外も取り扱えるようになります。不要な場面を削除する時は、トリミングを開始する位置で編集画面右下の「┃←」ボタンを、終了したい場面で「→┃」ボタンを押して指定します。

出典元:AviUtl スクリーンショット – k本的に無料ソフト・フリーソフト

特徴

メリット

プラグインを入れることで、映像の場面を切り替えるトランジション効果やエフェクトといった動きをつけることもできます。フリーソフトでありながら拡張性が高く、様々な作業が可能です。プラグインはいくつか種類があるので、目的に合わせて導入しましょう。

デメリット

システムの設定やプラグインの導入が未経験の方は、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。基本操作に加え、「プラグインを見つける」「拡張機能を使いこなす」といった作業が必要になるため、上級者向けのフリーソフトです。

対応OS

Windows10/8/7/XP/Vista
※Mac・Linux・Unixはwine・Boot Campの設定によっては動作するケースもあります。

AviUtlのダウンロードはコチラ

 

究極の動画・音楽変換

150種類以上の動画・音楽の形式に対応しており、希望する形式に変換ができるフリーソフト。動画編集にも対応しており、形式を変換する以外にもトリミングや統合といった基本的な編集が簡単にできます。

また、字幕の追加や明るさの調整、エフェクトの追加も可能です。トリミングは、まず取り込んだ動画の下に現れるはさみアイコンをクリックして編集画面に入ります。その後、開始時間と終了時間を選択してカットしてください。

出典元:iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsガイド: ビデオをトリム

特徴

メリット

動画のインポートや変換はスマートフォンからも対応可能。撮影はスマホで、編集はPCでといった作業をしている方はデータを移行する手間が省けます。また、専門的な知識がなくても、簡単な操作で動画編集ができます。

デメリット

無料版と有料版が提供されています。無料版では一部の機能が制限されています。ただ、変換効率が良くトラブルの発生も少ないので、まずは無料版で試してみて、そこから操作性や機能を充実させたい時に有料版を検討するのがおすすめです。

対応OS

Windows XP/Vista/7/8.1/10

Mac OS 10.13(High Sierra)/10.12(Sierra)/10.11(El Capitan)/

               10.10(Yosemite)/10.9 (Mavericks)、10.8または10.7

究極の動画・音楽変のダウンロードはコチラ

 

Freemake Video Converter

初心者向けの多機能な動画変換ソフト。動画の取り込みからトリミングまで操作も簡単です。
まず、ビデオボタンをクリックして動画を追加するか、ドラッグアンドドロップでトリミングしたい動画を取り込みます。動画が追加されたら、はさみのロゴをクリックして編集画面に入ってください。その後画面の下に表示された3つのはさみのボタンを使ってトリミングします。トリミングを開始したい場面で左のはさみボタンを、終わりの場面を右のはさみボタンで指定してトリミングができます。

出典元:動画をカットするフリーソフト | 動画のトリミング | 無料で簡単!

特徴

メリット

入出力、形式の変換、編集、YouTubeへのアップロードなど動画関連の機能を多く兼ね備えています。AVI・MP4・FLVなど500以上の形式に対応しており、スマートフォン向けの動画ファイルへの変換も可能です。わかりやすい操作画面で、直感的に操作することができます。

デメリット

インストールする時にFreemake Video Converterの利用とは関係のないスポンサーのアプリもインストールするか選択画面が表示されます。インストールは必ず内容を確認して、不要な部分はインストールを回避してください。

ほかにも、セキュリティソフトに引っかかるケースもあるようなので、インストール段階で手間取ってしまう可能性があります。

対応OS

Windows XP/Vista/7/8.1/10

Freemakeのダウンロードはコチラ

 

Moo0 動画カッター

動画の好きなシーンをトリミングして 別ファイルにすばやく保存できるソフトです。トリミング操作は3パターン。1秒・5秒・30秒・3分単位で設定した「<」「>」ボタンをクリックする、スライダーで好きな場面を選ぶ、もしくは再生時間のボックスに直接時間を入力することで指定完了です。カットした場面は、オリジナルの動画ファイルと同じ場所に、トリミングの開始時間と終了時間を含めたファイル名で保存されます。

出典元:動画カッター (フリーソフト) – 最高速の無劣化動画切り出し機

特徴

メリット

動作がとても軽く、操作も簡単。あまりPC操作に慣れていない人でも比較的早く使いこなせるフリーソフトです。画質、音質ともにオリジナルの動画から劣化させることなくトリミングできます。ただ、細かな編集はできないため、手早く動画の編集やトリミングをしたい方におすすめです。

デメリット

トリミングの指定は1秒ごとにできますが、アウトプットは5秒ごとになります。また、動画形式によっては読み込みができなかったり、音声の保存に失敗したりと対応できる幅に難があるようです。簡単で手軽にできますが、細かな編集をしたい方には不向きかもしれません。
ほかにも、セキュリティソフトに引っかかるケースもあるようなので、インストール段階で手間取ってしまう可能性があります。

 

対応OS

Windows XP/Vista/7/8.1/10

Moo0 動画カッターのダウンロードはコチラ

 

Filmora

無料版が提供されている動画編集ツールです。トリミングやエフェクトの追加などを含めた、多様な編集ができます。MP4、WMV、FLVなど多くの形式に対応しています。トリミング操作はプレビュー画面を見ながら開始位置を調整し、はさみアイコンをクリックするか「Ctrl+B」で動画を分割します。その後、不要なシーンを選択して、ゴミ箱アイコンをクリックするか右クリックメニューから削除を選択することで削除可能です。

出典元:あらゆる動画ファイルをトリミングやカットするソフトと方法

特徴

メリット

動画編集になれていない方に嬉しい、簡単編集モードが用意されています。写真や動画を好きな順番にインポートして、音楽を決めると自動で動画が完成します。また、雪山やビジネス、和風などテーマに合わせた豊富なエフェクトが、動画を演出する手助けになるでしょう。また、無料版にも機能的な制限や試用期間の日数制限は基本的にはありません。有償版と近い感覚で動画編集を試すことが可能です。

デメリット

無料版で編集した動画にはウォーターマークと呼ばれる、著作権を表すマークが入り込みます。プレビュー画面までは有償版と同様に確認できますが、出力時にFilmoraとマークが画面内に表示される仕組みです。結構目立つ入り方になるので気になる方は無料版で操作方法を試し、有償版に切り替える使い方が良いかもしれません。

対応OS

Windows 7/8/8.1/10 ※32ビットOSには対応していません。
Mac OS X 10.11以降のMac OS  X 10.13 (macOS High Sierra)にも対応

Filmoraのダウンロードはコチラ

 

Avidemux

トリミングから、画質の補正、色調補正まで様々な処理が可能。入出力ともに多形式に対応している動画編集ソフトです。編集画面の下にある「A」ボタンと「B」ボタンでトリミング範囲を指定します。スライダーで調整しながら、トリミング開始地点をAで指定、終了地点をBで指定してください。

出典元: Avidemux – Screenshots

特徴

メリット

トリミングをした場面を別ファイルで保存しても画質が崩れない、無劣化出力が魅力です。機能としてはトリミング後のノイズ除去や画面サイズの変更、動画の連結なども簡単な操作で実行できます。

デメリット

デフォルトでは日本語化されていないソフトのため、インストールだけでなく日本語化の作業も必要です。また、日本語化した後もポップアップは英語表記のままだったり、エラーが発生することもあったりとスムーズに作業が進められないこともあります。

対応OS

Windows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X/Linux

 Avidemuxのダウンロードはコチラ

 

費用を抑えた動画編集ソフトの活用

気軽に動画のトリミングや加工といった編集がしたいのなら、フリーソフトや無料版を試してみてはいかがでしょうか。無料といっても基本的な機能は備え、操作性や機能性も充実したフリーソフトも見つかります。

まずはフリーソフトで動画編集に慣れて、やりたいことが増えたら有償版を検討してみても良いでしょう。注意する点として、フリーソフトの多くはインストール時にスポンサーのソフトも一緒にインストールするか確認画面がでることがあります。そして、動画編集とは関係ないソフトは、不要なケースが多いのでインストールしないように操作することも大切です。
今回ご紹介したフリーソフトを使って、動画のトリミングや加工に挑戦して、撮影した動画の魅力を高めてみましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ