動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

学校紹介動画の作り方とは?事例をもとに作る動画作成のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
学校紹介動画でイメージアップ

近年動画によるプロモーションが様々な業界で増えていますが、教育業界もそのうちの一つです。様々な学校でプロモーションとしての動画制作をする例が増えています。

動画の内容は目的によって様々ですが、動画を見た方がイメージと自分自身を重ね合わせられるような学校紹介動画を制作できるようにすると、より印象に残りやすい動画になります。ここでは、そんな学校紹介動画の作り方や、動画制作をする上でのポイントについて紹介します。

 

動画を使った魅力ある学校紹介を制作

学校紹介動画は、学校をブランディングしているのと同じなので、学校に多くの生徒が集まってくるように、動画で学校の魅力を伝える必要があります。こういった取り組みを行っている学校が増えているので、いかに生徒の注目を集められる動画を作れるかが重要になってきます。どのような動画制作方法があるのか説明していきます。

学生自身による動画制作

学校のパンフレットや写真でアピールする方法もありますが、それよりも学校の雰囲気や授業風景といった、リアルな情報を伝えることができる動画の方がいいでしょう。最近では、学校紹介動画を生徒たち自身で制作を行っている学校も増えています。その理由は「生徒たちの目線で動画制作を行うことで、リアルな学校ライフが撮影できる」という視点にあります。

プロの制作業者や学校職員の目線では、どうしても生徒たちの視点を見落としがちです。動画の制作者と視聴者の目線を同じにすることで、キャンパスライフに対する思いを共有できるようになります。さらに、互いの距離もグッと近づくので、学校に対する評価も高まります。

アニメーションと実写を交えた動画制作

出典元:武蔵大学様 オープンキャンパス | 学校紹介映像

武蔵大学は大学生が武蔵大学に通学する場面から就職するまでの大学生活の流れをアニメーションと実写を組み合わせた形でわかりやすく訴求しています。そして、武蔵大学は訴求したい「ゼミの武蔵」が伝わるように特にゼミの種類の豊富さが伝わる演出となっています。

短い時間でテンポよく訴求することで、気軽に武蔵大学の魅力を伝えることに成功しています。

こちらの動画に焦点を宛てた動画まーえkティング記事もありますので、詳細については以下の記事をご参照ください。

参照記事:受験生向けプロモーションに動画を活用した武蔵大学の事例から見る、大学広報における動画マーケティング

海外向けの動画制作

出典元:同志社大学様 学校紹介映像

国際交流支援体制に力を入れている同志社大学は、海外の方が見てわかるように、英語字幕を入れ、生徒がインタビューで大学の魅力を伝えている紹介映像を制作しました。大学の紹介はもちろん、大学がある京都の魅力も合わせて伝える内容となっており、日本を代表する街並み風景、インタビュー映像の間に日本を強調する舞踊や空手の映像を入れ、カット数を増やすことで見る人を飽きさせない構成になっています。

 

学校紹介動画の作り方

ただ撮影しているだけの動画だと、インパクトはなく面白さが欠けてしまいます。どうせ制作するなら、つい人に見せたくなるような内容にしたいと思うでしょう。
ここでは、初めて動画制作をする方でもわかるように、作り方の流れを紹介していきます。

素材の整理・トリミング

事前に撮影した動画の使いたい部分だけをトリミングして、見せたい順番に並べ替えます。そうすると、自分が一番見せたい部分を強調することができます。

最終的な動画の長さがあらかじめ決まっている場合、その時間内に収まるように編集していきます。多く撮影していれば、それだけ使用できる部分があるので、なるべくたくさん動画を撮影しておくといいでしょう。

オープニングをしっかり作る

動画で最も重要なのがオープニングです。最初の段階で相手の興味を惹かなければ、動画を見てもらえる確率が低くなってしまいます。オープニングに合ったBGMをつけて、学校紹介を行いましょう。

動画を前半・後半に分けたり、映像シーンに合わせてBGMに変化をつけたりすると、印象もアップします。ちなみに、アップテンポのBGMは相手の注意を引きつける効果があります。

シーンに合わせてフィルターをかける

動画の編集ソフトなどにあるコントラスト調整や、フィルターなどの機能を使って、映像にメリハリをつけます。
このような細かい調整をシーンごとに設定すれば、より印象的な動画に仕上げることができます。

ドローンを使った撮影も効果的

最近流行っているドローン撮影を取り入れることで、今まで撮影できなかったアングルで映像を撮ることができます。
昔は考えられなかった空からの撮影も、高額機材を使わなくても行えます。撮影できる幅も広がるので、ドローンをお持ちの方は撮影に使ってみると面白い映像が撮れるかもしれません。

【開設したばかりの新キャンパスをドローンで撮影】いよいよ開設!大阪いばらきキャンパス(2015年3月27日撮影) – YouTube

 

撮り方を工夫してみる

動画を撮影するときに、ちょっとした工夫をするだけで使いやすいシーンが撮れます。

・人物を撮影するときは寄る

・色々なパターンの映像を撮る

・ピンボケを上手く活用する

上記3つの撮り方をするだけでも、まるでプロが撮影したかのような映像を撮ることができます。わざと画面を揺らしたり、色々な角度から撮影を行ったりして、使える画像のバリエーションを増やしていくこともテクニックのひとつです。これらの方法は初心者でも使える方法なので、どんどん使っていきましょう。

 

学校紹介動画のポイント

学校紹介動画を制作するにあたって、動画を見てほしいターゲットの目に留まりやすい方法や、少しでも多くの人に見てもらえる工夫をしておくことが重要です。

ターゲットを明確にする

動画制作を行うにあたって重要となるのが、目的とターゲットを明確にしておくことです。この軸がぶれてしまうと、動画のメッセージ性が薄れてしまいます。

どんな人に見てほしいのか、動画を見てもらう目的が何かをしっかり決めてから、動画制作を始めましょう。

モバイル対応の動画制作をする

進学先の学校情報を調べるときに最も使用されているのが「スマートフォン」です。

今では、学生のほとんどがスマートフォンを持っているのが当たり前の時代となっているので、スマートフォンでも再生できるように、画像サイズを設定する必要があります。他にも気をつけるべき点を紹介します。

・動画再生の時間は短くする

スマートフォンで見ることを想定して、動画再生時間は最短で10秒~1分にするのが好ましいです。長すぎると見ていて疲れる可能性があるので、最長でも5分以内に収めましょう。

・字幕つきにする

動画を見る場所は、必ずしも家だけではなく、音を出しにくい電車やバスの中かもしれません。いつ、どんなときでも動画が見られるように字幕をつけてあげれば、音を出さなくても再生することができます。

また、留学生を受け入れている学校であれば、日本語が通じない方向けに英語の字幕を作ってあげると、留学生の人数も集めることができます。

バーチャル体験ができるリアリティのある動画にする

写真や文字だけでは伝わりにくかったことも、動画を使えばより具体的に伝えることができます。校舎内の様子や授業中の雰囲気、部活・サークルの様子など、すべてを一度に伝えられるのが大きなメリットだといえます。

実際に、学生の目線から動画を撮影することで、まるで実際にその場所にいるような疑似体験ができるので、他とは違ったユニークな映像が撮れるでしょう。

 

まとめ

社会で求められるように、学校に対してもマーケティング力が求められていることがわかります。色々な学校の情報が溢れかえっている中から、自分たちの学校を見つけて興味を持ってもらえるかという点が大切です。学生の様子や学校の雰囲気を多くの方に知ってもらうためにも、いろんな情報やコンテンツを取り入れて、学校紹介の動画制作に活かしてみてください。

プルークスでは、学校紹介の実績も多数ございます。動画制作を検討されている方、動画に興味がある方はぜひお気軽にご連絡ください。また、「動画制作について知りたいので、資料が欲しい」という方もこちらからダウンロードいただければと思います。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ