動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

生徒に向けた訴求が重要!学習用動画の作り方と注意点



このエントリーをはてなブックマークに追加
学習用動画の作り方

「学習用動画を制作・公開しても、全然視聴されない…」。このように動画で成果が得られない場合は、制作した動画に原因があるかもしれません。ここでは、制作した学習用動画が視聴されない原因から、改善する方法をご紹介します。当てはまる点が多い場合は、もう一度、動画制作の流れやコツ・注意点などを見て作り直してみてください。

制作した学習用動画が視聴されない理由

最近では、学習用動画を使った講習スタイルが一般的になっていることから、動画コンテンツを取り入れ始めたという学習塾や講座が増えています。しかし、どんなに上手く制作された学習用動画だったとしても、実際に生徒達に視聴されなければ意味がありません。実は、視聴されない学習用動画には、いくつか共通している要素があります。

 

ターゲット設定が正しくない

学習用動画を視聴するのは「生徒」です。生徒に向けて訴求した動画のコンテンツでなければ、生徒は視聴してくれません。学習用動画を制作しはじめて間もない場合、最近の流行りの要素や動画・映像方法を取り入れがちです。動画に向いていない要素がある場合は、改めてターゲットは生徒であることを考えて編集しましょう。

 

視聴者が求めている内容ではない

動画制作を行っていると、どうしても制作者が伝えたい情報をメインに考えてしまいがちですが、それが本当に視聴者が求めている情報なのか、もう一度見直してみましょう。

動画だけではなく、広告においても共通して言えることですが、常に視聴者の立場になって考えることが重要です。相手が求めている情報を提供していない動画は、視聴されません。これを踏まえて、動画内容は生徒が欲しいと思う情報が含まれているか、生徒を引き込む内容となっているかをチェックしてみましょう。

 

冒頭にインパクトがなく長すぎる

動画の視聴率は、冒頭でどのくらい引き込めるかが肝心です。本題に入るまでの時間が長い、インパクトに欠ける冒頭などは、内容を視聴する前に離脱してしまいます。そのため、冒頭で視聴者にインパクトを与えてかつ完結に内容をまとめましょう。

 

動画の配置場所がわかりにくい

配信方法は様々だと思いますが、視聴者に見つけてもらいやすい場所に配置しておかないと、再生回数を増やすことはできません。動画をネット上にアップして完了にするのではなく、生徒に見つけてもらいやすい場所に配置されているかもチェックしましょう。

 

動画の紹介文やタイトル、サムネイルに魅力がない

動画を再生する前に、視聴者が見たいか否かを判断しているのが、動画の紹介文やタイトル、サムネイルです。動画の内容にこだわるが、肝心の入り口となる部分を軽視しがちです。こういった細かい部分にも配慮しておかないと、視聴者の関心を引くことはできません。

 

このように、動画の再生回数が少ないことには原因があるため、制作の時間やコストが無駄になってしまわないためにも、学習用動画を制作した後は必ず内容をチェックします。チェックする際は、制作者以外の第三者にも視聴してもらうと、生徒目線の良いアドバイスがもらえるかもしれません。

 

動画制作の流れをおさらい

動画を制作し直したい、動画を編集して、より生徒の興味・関心を引きたいと考えている方のために、学習効果が期待できる動画制作の流れを紹介します。これまでのご自身の制作の流れと比較して、何か不足しているものがあるのか、もっと工夫できるポイントはあるのかを探してみましょう。

 

流れ1:企画

最初の企画段階で、ターゲットに何を伝えたいのかを明確にしましょう。内容によっては、動画に向いていないものもあるため、この段階でしっかり固めておく必要があります。また、いろいろと構想を練る中で新しいアイディアを思いつくこともありますので、最初の企画段階でしっかり段取りを組むようにしましょう。

 

流れ2:絵コンテで動画の流れを整理

画面のレイアウトや出演している方の動作など大まかな流れを絵コンテにしておけば、どのアングルから撮影すればいいのか検討がつきやすく撮影当日に段取りよく撮影できます。また、編集がしやすくなるなどのメリットがあります。撮影する方との情報共有にも活用できるため、撮影本番になって慌てる心配もありません。

 

流れ3:撮影場所の確保・機材の準備

動画制作を行うには、撮影場所の確保や照明機材などの準備が必要です。いざ、本番になったときに不足しているものがあると、作業効率が悪くなってしまいます。特に照明は、画質の良し悪しが決まると言われているので、適度な光を当てられる照明機材を用意しておくと安心です。

 

流れ4:編集

撮影した動画をそのまま使用するのではなく、ある程度の編集は必要不可欠です。NG場面はもちろん、不要なシーンをカットすることで、動画がコンパクトにまとまります。また音声の編集やBGMの設定、動画にエフェクトや文字を加えることでコンテンツがより伝わりやすい状態を作ることができます。

 

流れ5:圧縮

ネット上に配信する場合、画像の大きさを圧縮する必要があります。動画の大きさによって、ネットの送受信速度や通信料が関係してくることもあるので、十分注意しましょう。

 

上記の流れで動画制作を行うことで、動画で伝えたい情報を伝え漏らすということも未然に防げます。

 

動画制作のコツと注意点

学習効果が期待できる学習用動画に仕上げるために、気をつけておきたいポイントがあります。

 

動画を制作するときのコツ

ここで、押さえておきたいのが以下の2つです。

 

・最後まで見てもらえる工夫をする

・授業・講座の差別化を図る

 

オリジナルの動画だと大手企業の動画に埋もれてしまう可能性が高いため、「いかに、視聴者に見てもらえるか」を一番に考えて、校正できるかがポイントです。視聴者が求めているのは「シンプルでわかりやすい動画」であり、動画のタイトルや紹介文、サムネイルを設定することが大切です。

さらに、既に配信している競合との差別化を図ることで、視聴者の興味を惹くことができます。同じ内容だったとしても、個性を出し、ターゲットの対象を細かくすることで、より差別化することが可能です。

 

授業のサンプル動画を制作

これから学習用動画を利用する方にとって、欲しい情報を提供してくれる教材は欲しいはずです。利用者はどのような動画が配信され、どのような講義が開講されているのかを事前に知ることで、利用するか否かの判断をすることができます。そのため、授業用とは別にサンプル動画も制作しておくといいでしょう。利用者の満足度を上げるポイントは、小さな配慮をしっかりしていくことが大切です。

 

注意点

動画制作を行うにあたって、必要以上にBGMは入れないようにしましょう。出演者の話よりもBGMが目立ち、利用者の集中力が切れてしまう可能性もあるため配慮が必要です。万が一使用する場合には、著作権も確認しておく必要があります。原則では無断で使用するのはNGです。

 

わかりやすい学習動画は人気を集めやすい

学習用動画として使用してもらうためには、視聴者がどのように利用するのかを予測してみることが大切です。利用者が最も使用する端末はスマホ、タブレット、PCのどれなのか、通勤・通学時間などのちょっとしたすき間時間に利用するのかなど、相手の状況を考えることで動画の再生時間を調整することもできます。簡単に視聴できるように工夫がされ、視聴しやすい動画であれば、たくさんの関心を引くことができます。ぜひ、ここで紹介した注意点やコツを考慮して、競合と差をつける動画を制作してみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ