動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

今は動画が主流!?動画にすべきマニュアルの種類と動画化のメリット



このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が業務の効率化や人材教育のために活用するマニュアルは基本的に紙媒体が主流でした。しかし、近年はマニュアル動画のメリットが注目され、紙媒体のマニュアルよりも動画を活用する企業が増えています。

そこで今回は、マニュアル動画の種類やメリット、制作例などの気になる情報をまとめました。マニュアル動画を制作したいけどメリットやどんな動画を制作したらいいかが分からないという方はぜひご一読ください。

 

マニュアル動画の種類

さまざまな種類があるマニュアル動画ですが、制作目的によって動画の内容は大きく変わります。企業がよく活用するマニュアル動画の種類をいくつかご紹介しますので、制作にお悩みの方は以下を参照してください。

製品マニュアル

製品マニュアルは、取り扱い説明書やチュートリアルとも呼ばれ、販売している製品の使い方などの詳細が記載されています。

これまでの製品マニュアルは、基本的に紙に印刷されており、文字を中心とした情報で内容を確認していました。しかし紙には、読むのが面倒だったり、気づかずに読み飛ばしたりなどのデメリットがあります。そこで製品の使用方法や操作方法などを動画で説明をすれば、ユーザーに把握してほしい情報を届けやすくなります。

業務マニュアル

新しい業務が発生した際や、新入社員が業務の全体像をつかむために必要な業務マニュアルも、動画で作る企業が増えてきました。

業務マニュアル動画を視聴するだけで業務説明の多くをカバーできる、困ったら繰り返し確認できるため、教育担当社員のリソースをカットしてほかの業務に回すことができます。加えて、社内の決まり事やイレギュラー時の対応手順などを組み込んでおくと、いざという時に慌てずに対処しやすくなります。

研修マニュアル

企業では、基本的に新しい社員が入社するたびに新人研修が行われます。新人研修は業務を行う上で必ず覚えて欲しい基礎的な知識や技術をレクチャーする内容が主ですので、動画を補助として使用すればより分かりやすい説明ができます。

研修マニュアルは、誰が見てもわかりやすい内容にまとまっていると理解度も高まります。

 

マニュアル動画の作成例とメリットを押さえよう

マニュアル動画を制作することで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。動画の種類別にメリットと制作事例をご紹介しますので、どのような動画を制作すれば自社にとって最適か検討する際の参考にしてください。

 

製品マニュアル動画のメリット

製品マニュアル動画の大きなメリットは、ユーザーに分かりやすく伝えられる点です。紙のマニュアルでは読み飛ばして見落とす可能性がありますが、動画の場合は実際に製品を使っている映像を見ながら作業できるので見落としがありません。

また、新商品の詳細な情報を含んだ製品マニュアル動画を作成すれば、社内で説明会を行った際に、忙しくて参加できなかった社員に対しても正確な情報を円滑に共有できます。

業務マニュアル動画のメリット

業務マニュアルを作成する目的は、業務の品質管理と標準化です。業務の無駄を減らしたり平均的な技術力を上げたりするためには必須ですが、紙のマニュアルの場合は、紙代や印刷代などのコストが必要となります。また、手順などの詳細な内容を文字でまとめると膨大な量になり、作成したものの熟読しにくいことから実際の現場で活用されていないという問題が発生しがちです。

そこで、動画マニュアルを作成すると「マニュアルを印刷するためのコスト削減」、「動画で手順を学ぶため作業のノウハウが統一化される」などのメリットが得られます。

研修マニュアル動画のメリット

新入社員の研修では業務を行う上で基本的な知識やスキルを教えるので、分かりやすくまとまっている必要があります。

そこで動画マニュアルを利用すれば、「文章」「イラスト」「写真」だけでは伝わらない細かなニュアンスを伝えられます。結果として、研修内容の理解度が深まり、研修担当者の指導工数の削減にもつながります。また、研修後に復習したい場合にも動画があれば見ながら作業ができることもメリットです。

 

マニュアル動画の制作例

マニュアル動画を導入するメリットは上記でご説明しましたが、さらにマニュアル動画の活用方法をイメージしやすくするために、制作例をご紹介します。

 

貝印 メンズケア クシ付マユハサミDXの使い方を紹介したマニュアル動画

こちらのクシ付マユハサミDXの製品マニュアル動画は、使用方法やメリットがわかりやすくまとまっています。実際に製品を使っている動画があると、ユーザーは使用感をより明確にイメージしやすくなるので、購買意欲の刺激に要因となり得ます。

【貝印】【メンズケア】使い方 クシ付マユハサミDX

 

3つのかばん-新入社員が知るべき情報漏えいの脅威-

こちらは、多くの企業が新入社員の研修で行う情報セキュリティーに関する情報が分かりやすくまとめられています。ストーリー性のある内容にテロップでの解説を加え、新入社員でも研修内容が記憶に残りやすい動画マニュアルの一例です。

3つのかばん -新入社員が知るべき情報漏えいの脅威-

 

効果的なマニュアル動画を作るためのポイント

効果的にマニュアル動画を制作するために、把握しておきたいポイントがあります。

まず動画を制作する際は、「いつ、どこで、だれに、何のために」使われるのかを想定しましょう。動画をどんな場面で使うのか作成する前に明確にすることは、制作途中でテーマがブレるのを防止します。

台本を作成して、事前にマニュアル動画にいれる具体的なコンテンツを定めておくのも一つのポイントです。台本があれば必要な素材を最初から用意でき、動画制作を効率よく進めやすくなります。

なお、業務マニュアル動画を制作する場合は、現在抱えている業務問題を洗い出して分析し、テーマをマニュアル動画化するべきか絞って台本を作りましょう。

 

動画は内製化と外注どちらで制作するべき?

実際に動画制作を行うにあたり、内製化するか外注をするかが検討ポイントのひとつになります。そこで主な検討基準となるのが「体制」「コスト」「利用用途」の3点です。

動画制作に対応できる人数=「体制」、動画を制作するための機材購入や人件費=「コスト」、完全に会社内だけで利用する動画なのか社外の方にも見てもらう場合があるのか=「利用用途」を確認し、制作方法を決めましょう。

なお、マニュアル動画は状況に応じて改変箇所が出てくるものの、基本的には普遍かつ長期に渡って使用するものです。企業内に動画制作の知識がない場合は、初めてでも安心して任せられる動画制作に特化した制作会社に依頼することをおすすめします。

 

効果的なマニュアル動画を制作してコストを削減しよう

マニュアル動画は業務の作業効率を上げたりコストを削減したりする効果が期待できます。

例えば、紙媒体のマニュアルだと印刷コストがかかり、複雑な説明をする場合にはページ数が増えてしまいます。しかし、動画だと、紙を印刷せずに複雑な説明もわかりやすく伝えられます。マニュアル制作にかかる時間も短縮できるので、特定の人材に作業が集中することも防げます。

マニュアル動画を制作している会社の中には、制作のコンサルティングをしてくれる会社もあるので、コスト削減のために依頼を検討してみましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ