動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

UGCとは何か、なぜ重要か?UGCは現代の企業の重要資源である

このエントリーをはてなブックマークに追加

UGCとは何か

まず、UGCとはUser Generated Contentsの略語であり、日本語的な意味としては「ユーザーによって生成されたコンテンツ」 ということです。

例えば食べログなどを想像していただければと分かりやすいと思います。

まず、食べログには以下のコンテンツが存在しています。

  • 企業によって生成されたコンテンツ:レストランの基本情報
  • ユーザーによって生成されたコンテンツ:レストランへの口コミ

したがって、食べログもUGCが活用されているということができます。また、食べログに限らず「ユーザーによって生成されたコンテンツ」という観点ではFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを中心に各種Webサービスで活用がなされています。

また、「企業によって生成されたコンテンツ」だけで存在しているWebサービスよりも「ユーザーによって生成されたコンテンツ」も含まれているWebサービスの方が、当たり前ですが、Webサービス全体での情報量が多くなります。Webサービスを利用するユーザーにとっても、「より情報が多い」Webサービスを利用したいと思うのは自然な考えであり、ビジネス的なメリットもあります。

 

ユーザーとのタッチポイントを意識する

上記ではUGCについて簡単に説明を行いました。そして、UGCの活用について考える前に「ユーザーとのタッチポイント」をしっかりと整理していきましょう。

 

インターネット前後では商品・サービスに関する情報量が圧倒的に異なる

インターネット前後で考えると非常に分かりやすいかと思いますが、何かを購入したり利用開始したりする前に、インターネット後の社会では、スペックや値段、デザイン、そして実際に利用した人の評判などかなり多くの情報を入手することができます。

一方、インターネット前の社会であると、「能動的な情報収集」は困難であり、何かを購入したり、利用開始したりするにあたり頼るべき情報は「企業側が発信した情報」がほとんどだったのではないでしょうか。つまり、消費者側は「受動的に情報を得る」ことしかできず、またその情報自体も企業によってコントロールされているものでした。

したがって、インターネット前後の社会では、何かを購入したり、利用開始したりする前にユーザーが持っている情報が格段に違い、その理由としてはインターネットを通して商品やサービスについて知るタッチポイントが圧倒的に増えているから、と言えます。

 

ユーザーとのタッチポイントを整理する

タッチポイントとは「知る機会」であり、商品・サービスについて知る機会がインターネット後の社会では格段に増えています。

例えば、Amazonで気になっている書籍を購入したいと考えているとします。Amazonのサイト内を回遊し、マーケティングに関する気になっている書籍を2冊見つけたとします。その際に、それら2冊は以下のようなものだったとします。

A:個人的には今の自分の課題感と非常にフィットしている書籍の内容らしいが、Amazonレビューが極端に低い

B:Aほどのフィット感はないものの、Amazonレビューを見てみると全体的に評価が高く、非常に好意的なレビューであふれている。

この場合、あえてBではなくAを買う方は稀ではないでしょうか。ここで言いたかったこととしては、UGCによって人々の購買行動が自然と促されているということです。

実際に、BWRITE(ブライト)社の「Instagramについての意識調査」結果レポートによると、Instagramで19.5%もの人が「有名人がInstagramに投稿したアイテムを購入したことがある」と回答をしています。

出典:「有名人の投稿を見て購入」19.5%!~「Instagramについての意識調査」結果レポート【2】~ | BWRITE(ブライト)

このことから「単なるユーザーによって生成されたコンテンツ」ということもそうですが、「誰が言うのか」というのは非常に重要です。

また、もはやユーザーがその商品について知る機会を全てマネジメントすることは不可能であるため、ユーザーとの関係性を保つことがポイントとなります。

 

ユーザーとの関係値を作るためのUGC

なぜ、「ユーザーとの関係値を作るためのUGCがいいのか」というと、ずばり信憑性の高さではないでしょうか。

インターネット前の社会では情報の主たる発信者が企業側であったため、「誇張して伝えていること」が少なからずあり、「実際に購入してみたら全然違った」というケースもありました・

そのことから「企業が自社の商品を『すごい!』と言っているのは怪しい」という心理が生まれ、ユーザーはより第三者による客観的な意見を求めていると考えられます。

そこで、第三者による客観的な意見としてUGCは非常に有効であり、簡単に言い換えるのであれば「口コミ」の活用が、現代では様々なサービスで活かされています。

そして、UGCのメリットは、第三者による客観的な意見というだけでなく、「ユーザーがよりその商品・サービスは自分のものであると感じられる」ということもあります。クリエイティブのプロにより徹底的に練られたものよりも、ある意味素人感が出ているものの、どこか自然体であるように感じられるUGCを活用したクリエイティブの方が「自分の生活に、この商品を取り込むことができそうだ」というイメージが湧くかもしれません。

 

以上、UGCについて解説を行いました。このインターネット後の社会ではUGCは欠かすことができない資源です。まだUGCを資源として持っていない企業はその生成から、そして既に持っている企業はぜひ活用を検討してみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ