動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画を量産するためのポイントは?「外注」か「内製」か、「実写」か「アニメーション」か

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画が大量に必要な場合とは

コンテンツという分野において、以前であればそのマネタイズの手法としてはメディアを立ち上げテキスト型のコンテンツを作り、そのコンテンツを通してオーガニックから流入を獲得していく、といったものでした。

しかし、それとは別に近年ではYouTubeを始めとした動画プラットフォームが今まで以上に盛り上がりを見せ始め、そういった動画プラットフォームをマネタイズ目的はもちろん、コンテンツの流通先として活用していくような動きが出始めています。

その際に、課題になってくることとしては、「質はもちろんのこと、その質をいかに担保しながら量を拡大していくか」ということではないでしょうか。

テキスト型のコンテンツとは異なり、動画制作は敷居が高く、専門性が必要であるため、費用面も含めて簡単には量産をすることができません。

そこで、今回は動画制作の大まかな工程から、どのような役割分担や量産を実現していくためのポイントがあるのかを解説していきます。

 

動画制作の大まかな工程

動画制作における大まかな工程は以下の通りです。

  1. 企画
  2. 構成
  3. 撮影
  4. 編集

それぞれの工程について簡単に内容を解説します。

1. 企画

まず、起点となるのが企画です。ここで言う企画には「目的設定」という重要な要素があります。目的次第で「どういった内容にするのか」「誰に見てもらいたいのか」「どのメディアに放映するのか」「放映するメディアの制約条件は何か」が明らかになってきます。この工程をないがしろにしてしまうと、軸のブレた動画になってしまうため、入念に行う必要があります。

2. 構成

次に企画に応じて構成を練ります。

構成の重要な要素としては「動画のストーリーラインを考えること」があり、具体的にどういった流れで、何をどうしていくかを明らかにして行きます。具体的なストーリーラインを考えることで、例えば出演者や必要な機材などプロジェクトを進行する上での解像度が上がってきます。

3. 撮影

そして、企画・構成に応じて撮影を行います。撮影の難しいポイントとしては、「後戻りできないこと」が挙げられます。例えばタレントを起用して撮影を行い、編集時に致命的な欠陥を見つけた場合、再撮影を行うために、タレントの日時調整など、莫大なコストがかかり、非常に緊張感がある工程となります。

近年では実写ではなく、アニメーションを中心とした動画も存在し、その場合この撮影という工程はスキップされることもあります。

4. 編集

最後に、公開に向けた編集です。編集では撮影した映像をベースとして音楽やテロップなど、動画制作ツールを用いて具体的な編集作業を行なっていきます。

もちろん、時間をかければかけるほど質は担保されますが、現実的には「時間」という制約があるため、どこで折り合いをつけるのか、そういった落とし所を見据えながら行うことも大事です。

 

動画を量産する際の課題と解決策

動画の大まかな工程を整理する中で、テキスト型のコンテンツと異なり、「量産が難しい」と感じさせる理由としては以下の点が挙げられるのではないでしょうか

  • 撮影が一発勝負である場合があり、後戻りができない
  • 具体的な編集を行う際に、少しの修正でも専門的なスキルが必要となる

それぞれの要因について、どういった対策が考えられるかを解説します。

撮影が一発勝負である場合があり、後戻りができない

撮影そのものが実写であるのか、アニメーションであるのかは企画や構成段階で決まってくるものです。しかし、実写である場合、後戻りができないこともあり、量産を見据えるとなると課題があります。

そこで、手段として、後戻りがしやすいアニメーションで行うことを決め、その上で企画や構成を整理していく方法があります。もちろん、手段ありきの決め方とはなるものの、「後戻りの難しさ」は現実的な制約条件として存在するため考慮をする必要があるためです。

また、その他にも、実写とアニメーションのハイブリッドで行う場合には、実写部分を「変えられない部分」、アニメーションの部分を「変えられる部分」として、後からアニメーション部分を柔軟に変えることができるように設計しておくことも方法としてはあります。

具体的な編集を行う際に、少しの修正でも専門的なスキルが必要となる

具体的な編集時の専門スキルの必要性は大きな課題です。テキスト型のコンテンツである場合、もちろん内容の専門性は必要であるものの、「文章を書く」という能力は比較的敷居が低いため、多くの人が参加することができます。

そして、「専門スキルを身につけない」場合で考えると、ツールに頼るという方法が選択肢としてあがります。例えば、内製での動画制作を支援するツールとして、プルークスが開発中のサービスTechVideoがあり、知識不要で動画制作を行うことができます。

プルークス、動画を自動制作 5Gにらむ/日経新聞

この場合、動画で表現できる幅が狭くなってしまいますが、仮に「量産をしていく」という目的がポイントなのであれば「内製である程度の質を担保しながら制作できるようにする」という選択肢は非常に現実的です。

まだまだ量産に向けて動画制作の敷居は高いものの、内製を支援するような企業やツールが存在します。ぜひ目的に照らし合わせて、最適な制作体制築いてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ