動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画撮影に照明は必要?種類や使い方のポイントを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
動画撮影における照明

近年、カメラの性能が上がったことで素人でもきれいな動画を撮影できるようになりました。それに伴い、実際にYouTubeなどの動画投稿サイトに動画をアップする企業も増えています。しかし、一昔前のホームビデオのように全体が暗い、被写体がぼんやりしていて見づらいなど、課題を抱えた動画も散見されます。そこで今回は、動画の質を決める「照明」について解説します。写真撮影に使用する照明との違い、動画撮影に使用できる照明の種類、有用性、おすすめの機材をご紹介するので、ぜひご一読ください。

 

動画撮影に使う照明は、写真撮影の照明とは違う?

照明には、大きく分けて「瞬間光」と「定常光」の2つがあります。これらは発光のタイプが異なっており、前者は雷のような閃光、後者は太陽のように常に照らし続ける光です。瞬間光は一瞬しか光らないため、常に一定の光が必要な動画撮影には不向きです。そのため、写真撮影(スチール撮影)で使用されています。一方、定常光は常に安定した光を供給できるため、写真撮影にも動画撮影にも使用されています。定常光と一言でいっても、光源の種類はさまざまです。以下では、光源の種類と特徴をご紹介します。

タングステンライト(白熱球)

タングステンライト(白熱球)

タングステンライトは、暖色系の光が特徴的な定常光です。瞬間光であるストロボなどと比べると光量は少ないですが、扱いやすく、家電量販店などでも入手しやすいという特徴があります。光量を落とすと色温度が低くなり、青っぽい光になります。

撮影時に光量を調節してしまうと、例えWB(ホワイトバランス)を設定していても色味が変わるため、動画編集時のカラーグレーディングに苦労してしまうことがあります。なお、タングステンライトは補助光として使用されることが多く、スポットライトタイプのものが多い印象です。機材自体はそれほどの重さは無いのでなので、ロケなどにも重宝します。

ハロゲンライト

ハロゲンライト

ハロゲンライトは、タングステンライトの一種です。タングステンライトよりも少しだけ色温度が高く、人物の肌色描写に優れています。太陽光や蛍光灯よりも色温度が低く、これらの光源と併用すると色味のバランスが取りにくくなるため、併用は避けたほうが賢明です。なお、ハロゲンライトを使用した照明機材ならソフトボックスがおすすめです。やわらかな光になるので、人物撮影を行う際などにぴったりです。

蛍光灯

室内照明として多用されている蛍光灯は、撮影用の光源としては最も身近です。熱を発しにくく、自然光(太陽光)とのなじみが良いソフトな光が特徴的です。撮影時は太陽光の色に近い昼白色のものを選びましょう。なお、蛍光灯を使用したボックスライトは、小さめの被写体を撮影するのに向いています。上下に羽のようなアームがついているものもあり、トレーシングペーパーを付けて光をディフューズ(拡散)できるため、例えば商品などを撮影する場合には、対象物への光の映り込みをやわらげることが可能です。

HMI(メタルハライドランプ)

強い光が得られるHMIは、映画やテレビ番組といった大規模な撮影にも使用される本格的な照明です。演色性に優れており、色温度の変化で色味がバラつく心配もありません。しかし、チャージされるまで多少の時間を要するため、撮影準備にあまり時間をかけられない際には不向きといえます。なお、HMIは光が強いためソフトボックスタイプがおすすめです。長方形の他、八角形のソフトボックスもあり、円状なので広範囲に美しい光をあてられます。

LED

LEDは省電力なので、電源ではなくバッテリーで稼働できます。設置場所に困らないため、屋内はもちろん屋外での撮影でも使い勝手が良い照明といえるのです。また光量が安定しており、電球切れの心配もありません。大規模な撮影でない限り、今後定常光の照明はLEDが主流になる可能性が高いといえます。なお、LEDはスポットライトタイプ、パネルタイプ、リングライトなどの種類が多彩です。例えば、リングライトはきれいな肌を演出でき、目に丸いアイキャッチを入れられるため、美容系の撮影に向いています。

 

動画撮影で照明を使う2つのメリット

動画撮影で使う照明

動画撮影で照明を使うメリットは、主に以下の2つです。

被写体が際立ち、動画のクオリティが上がる

照明を使うことで、被写体と背景の境目をはっきりさせることができます。明暗がくっきりと出るので被写体が際立ち、視聴者にストレスを与えにくくなるため動画を最後まで見てもらいやすくなるのです。人の目では明るく見えても、カメラで撮影すると映像が暗く見えてしまうことがあります。特に室内は暗くなりがちで、動画撮影に必要な光が足りません。窓から太陽光がたくさん入る環境なら良いですが、窓のない室内で撮影する、夜に撮影するという場合は圧倒的に光量が足りないため、照明で補う必要があります。

露出の自由度が上がる

シャッタースピードは、画像の“ブレ”に関わる重要な要素です。シャッタースピードが速いとブレにくく、逆に遅いとブレやすくなります。このことから「シャッタースピードを上げればいい」と思いがちですが、シャッタースピードを上げると取り込む光の量が減るため暗い映像になってしまうのです。しかし、照明で光を補えばシャッタースピードを上げても映像が暗くなりにくく、また1コマ1コマの“ぶれ”が少なくなるため画質が良くて見やすい動画になります。

一般的なビデオカメラのフレームレート(1秒間に表示できるコマ数)は、30fps(Frames Per Second)です。これは、1秒間に30枚の画像を表示して動画にしているということで、1/30秒よりも遅いシャッタースピードは選択できません。なお、少しでも動いている被写体を撮影する際は“ややブレる”ため、気になるようなら1/60秒(規定値の2倍程度)までなら上げても問題ありません。

 

屋内と屋外ではどう違う?照明の使い方のポイント

動画撮影の際は、まずメイン光源(キーライト)を設定します。屋内なら設置されている蛍光灯や窓から入る太陽光を、屋外なら太陽光をメイン光源として使用すると良いでしょう。
以下では、屋内と屋外での照明の使い方のポイントをご紹介します。

屋内での撮影

オフィスなどの屋内で動画撮影を行う場合、天井に設置された蛍光灯や、窓から射し込む自然光が被写体にどうあたっているか、どの角度からあたっているか、光量はどれくらいなのかを把握した上で照明を設置することが大切です。例えば室内でインタビュー撮影を行う場合、室内の明かりを消して窓からの光だけにし、窓の前に横向きに被写体を座らせたとき、明るく見えるのは窓に面した部分だけです。光があたらない部分は影になるため、暗く、鬱蒼とした印象を与えてしまう可能性が高いでしょう。

ここで、室内の明かりを全て点灯させます。単純に光源が増えるため多少の明るさは確保できますが、部屋の照明だけでは明るさが足りず、暗い映像になってしまいます。また、被写体の服と背景、椅子などが同系色だった場合、境目が分かりにくく、のっぺりとした印象になることもあります。その際、窓とは逆側に照明を置くことで被写体の髪にツヤが出て、さらに服と背景、椅子との境目がくっきり見えるため、映像に立体感が生まれます。

この他、室内の壁、天井、テーブルなどの色も照明を設置する上で重要な目安になります。白だと光が反射して被写体に光があたりますが、黒だと光の反射がなく、被写体の眉間やあごの下あたりの影が濃くなってしまうのです。そのため窓側に照明を設置し、射し込む光を演出して目に光を入れましょう。目に光が入ることで被写体の表情が生き生きとします。またこの方法は、顔の陰影がはっきりするので男性を撮影する際に向いています。

屋外での撮影

屋外で動画撮影を行う際、太陽に向き合うような位置に被写体がいれば、光が足りないという状況は起きにくくなります。しかしロケーションによっては、被写体を逆光気味に配置せざるを得ないこともあります。その際はレフ板で太陽光を反射させて、被写体の顔や体など暗くなっている場所に光をあてましょう。ただし、明るすぎて不自然に見えることがあるため、レフ板の位置をズラしたり距離を離したりして調節しましょう。

さらにLEDの照明で、被写体の斜め前や前方の上部から光を補う方法も有効です。直射にすると光が強すぎて不自然になるため、フィルターやトレーシングペーパーで光をディフューズ(拡散)させて、光の強さを調節しましょう。また、色温度によって光の色に差異が出るため、状況に合わせて変換フィルターの使用も検討してみてください。この他、西日が被写体にあたると光が強すぎるため、きつく影が出てしまいます。その際は、被写体と西日の間に紗幕(しゃまく)などを置いて光をディフューズさせ、光の強さをやわらげましょう。

撮影に照明管理は必須要素!

 

照明で光量をプラスして質の良い動画を撮影しよう

室内での撮影や太陽が傾いてからの撮影は光量が足りず、暗くて見づらい動画に仕上がる可能性が高いといえます。そのため動画撮影では照明を使い、質を高める工夫をしましょう。被写体がきれいに映っている動画や、ノイズやブレが少ない動画は視聴者の興味関心を引きやすいため、企業PRやインタビュー、商品やサービスを紹介する動画を制作する上では留意したいポイントです。動画撮影を検討している企業担当者の方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ