動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

HHH戦略を駆使して動画マーケティングを効果的に!活用事例を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
戦略に沿った動画作成を!

動画を作成してインターネット上でアップすることにより、多くの人に動画を見てもらえるようになった現代では、動画を活用した動画マーケティングが企業から注目をあびています。

このような広まりを見せる中で、Googleはターゲットとする視聴者のインサイトを踏まえ、視聴者たちが求めるコンテンツをつくることが重要だとしています。その上で、Googleは動画コンテンツを「Hero」「Hub」「Help」の3段階に分けて、各コンテンツの位置づけや使い方を整理したものを「HHH戦略」として提唱しています。そこで今回は、Googleが提唱するHHH戦略と、HHH戦略を活用した企業動画の事例を紹介します。

 

HHH戦略とは

Googleは、視聴者のインサイトをベースに、動画コンテンツを大きく3段階に分けて考えています。その3段階「Hero」「Hub」「Help」とし、各位置づけや使い方を整理した「HHH戦略」を提唱しています。

HHH戦略とは、これら3段階に分類して動画コンテンツを制作・提供することで、成果を最大限にすることを目指す戦略を指します。ここでは、それぞれ各段階の詳細をご紹介いたします。

Hero(ヒーロー)

笑わせられたり、思わず見惚れたり、感動させられるような話題性のあるコンテンツのことです。まだ商品やサービスの存在も知らない潜在顧客に興味を持ってもらい、「あの動画の商品ね」と認知度を上げることが目的です。人間の根本的な感情や興味に訴えかける、幅広いコンテンツが配信されています。

Hub(ハブ)

興味を持ってくれた見込み顧客にターゲットを絞ったコンテンツです。Heroコンテンツを面白いと思ってくれた視聴者を取り込み商品購入につなげるため、「なるほど、あの商品にはこんな良いところがあるんだ」と理解を深めるコンテンツを作ります。例えば、ミニドラマでさりげなく商品を登場させつつ、継続的に視聴してもらえるよう連続ドラマにするなどのコンテンツです。

Help(ヘルプ)

商品を購入した顧客に対し、疑問を解決サポートするためのコンテンツです。顧客の商品を詳しく知りたいという気持ちに応える目的がありますが、同時に見込み顧客の背中をおす効果もあります。ハウツー動画やQ&A動画がHelpコンテンツにあたります。

⇒HHH戦略についてもっと詳しく知りたい方は
動画マーケティングで絶対知っておきたいhhh戦略とは?

をご覧ください。

 

HHH戦略を活用した6つの企業事例を紹介

それでは、実際にHHH戦略を活用した企業事例をHero(ヒーロー)、Hub(ハブ)、Help(ヘルプ)に分けて、6つ紹介します。

Hero(ヒーロー)型のコンテンツ事例

1.キリンビバレッジ【プラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」の宣伝】


プラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」

プラズマ乳酸菌を使用した飲料・ヨーグルトなどの商品をアピールする動画です。小学校のクラスを舞台とした動画で、後半まで何のコマーシャルなのか明かされません。クラスで1人はこんな子がいる!と頷いてしまうキャラクターの子が「レアキャラ」として次々に登場するため、くすっと笑ってしまいます。

動画の後半では、「乳酸菌の中のレアキャラ」として「プラズマ乳酸菌」が紹介されます。動画の最後は、小学校にいる「レアキャラ」も「乳酸菌の中のレアキャラ」も、「どちらも欠かせない存在」と締めくくられます。思わず見入ってしまうこちらの動画は、SNS上でシェアされ、人気を集めました。

2.Airbnb【会社のCSR活動をPR】

Airbnb【会社のCSR活動をPR】

こちらは、Airbnbが難民や被災者など家がなくなってしまった人の受け入れを支援することを周知するための動画です。動画は英語表記になっていますが、人種、性別、出身、宗教などにかかわらず地球上全ての人を受け入れることをPRしています。

Hub(ハブ)型のコンテンツ事例

1.MAC【MAC化粧品の新たな使い方をPR】

MAC【MAC化粧品の新たな使い方をPR】

特殊メイクアーティストが、MACの化粧品を使ってリアルなハロウィーンメイクを施す動画です。実際にどの商品を使用して、臨場感あるハロウィーンメイクをつくることができるのかわかるので、すぐにでもやってみたくなる気持ちにさせます。

2.パナソニック【パナソニック製品を日常生活に落とし込んでPR】


パナソニック【パナソニック製品を日常生活に落とし込んでPR】

「ふんだんプレミアム」と呼ばれるパナソニック製品の「ふだん使い」にフォーカスされた短編動画シリーズのひとつです。こちらの動画は冷蔵庫編で、3日前に買ったお刺身を新鮮なままで食べている様子が流れます。さまざまなパナソニック製品を日常生活に落とし込んで知ってもらえるよう、短編ながら工夫されています。

Help(ヘルプ)型のコンテンツ事例

1.無印良品【スキンケア エイジングケアシリーズの使用方法の紹介】

無印良品【スキンケア エイジングケアシリーズの使用方法の紹介】

「ゆっくり過ごす夜」をテーマに制作された動画です。いつもスキンケアを行っている様子の映像が流れますが、一般的な解説動画とは異なり、「ゆるやかな音色の映像を見ているうちに商品の使い方がわかる」というイメージです。商品理解を助けてくれる、かつ癒しも与えてくれる動画でしょう。

2.ロフト【バレンタインシーズンに向けチョコレートレシピの紹介】

ロフト【バレンタインシーズンに向けチョコレートレシピの紹介】

ロフトの商品を使ってチョコレートタルトを作る方法を紹介しています。実際は簡単でも、文章の説明だとわかりにくいチョコレート菓子の作り方を手軽に理解することができます。
ロフトの商品をダイレクトに紹介しているわけではないので、普通にお菓子動画として楽しめます。

HHH戦略を活用した動画で企業の魅力を伝えよう

動画マーケティングが広がりを見せる中で、HHH戦略を活用した動画は企業の魅力を伝える大切なツールになる可能性があります。HHH戦略を正しく理解して、顧客の意図に合わせたコンテンツを配信することで、動画コンテンツの効果を最大限に発揮しながら、会社のファンづくりをすすめましょう。

なお、自社での制作が難しい場合、当サイトを運営する株式会社プルークスのような映像制作会社にご相談ください。豊富な実績と経験、そして磨き抜かれたプロの業をもって、動画制作をサポートいたします。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ