動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

交通広告と動画は相性が良い!裏付けるデータと制作ポイントを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

交通広告の中でも最近一段と普及しているデジタルサイネージ。なぜ普及が進んでいるのか?その背景をデータと交えて紹介しつつ、具体的に制作の際に留意すべきポイントを解説しています。

 

主要メディアと交通広告の関係

企業がプロモーションを実施する上で様々なメディアが存在します。交通広告以外には、テレビやラジオ、新聞のようなマスメディアや近年普及しているインターネットなどがあるでしょう。

シェイアール東日本は2013年にそれぞれのメディアとの接触率を性別や年齢別、職種別に調査した内容が報告されました。調査報告によると、一番大きい割合を占めていたのはテレビで次がインターネット、そして3番手が鉄道という交通広告の領域という結果になりました。

広告手法として、リーチ力が高いという理由でテレビやインターネットを検討する担当者の方もいるかと思いますが、交通広告も劣らず60%ほどの接触率であり、広告手法としても優良なチャネルであることがわかります。

 

交通広告の種類とその効果

それでは、消費者との高い接触率である交通広告の種類とその効果について、それぞれ解説をしていきたいと思います。今はまだデジタルの広告しか出稿していない担当者の方も知っておいて損はない情報となっておりますので、ご覧ください。

電車広告の特徴とメニュー

交通広告の中でも利用者数が多い交通広告といえば、電車広告が考えられるかと思います。特に国内の都心部では移動手段として電車の利用者数は非常に多く、上記のグラフだと推定利用者数は首都圏だけでも1,200万人を超えると言われています。

性別で見ると男性の利用者層の方が多く、男性の場合は4割近くがほぼ毎日電車に乗車していることがわかります。女性も男性ほどではないですが、一定以上の方が電車を利用しているため、幅広い層への広告訴求も可能です。

このような電車広告に使えるメニューは下記の通りです。

・中吊り広告
・まど上ポスター
・ドア横ポスター
・ステッカー広告
・車内ビジョン
・つり革広告
・車両ラッピング

上記のメニューはそれぞれ設置箇所も違いますし、設置する期間や頻度、時間帯なども広告会社によっては設定が可能で、費用も変動します。ターゲットに合わせて時間帯や設置場所を工夫するとより高い効果を期待することができるでしょう。

バス広告の特徴とメニュー

バス広告は鉄道と比べると利用者数は少ないですが、それでも多くの消費者が利用している交通手段の一つになります。また、近年は高速バスの需要も高まってきています。

バス広告には下記のようなメニューが存在しています。

・まど上ポスター
・まどステッカー
・運転席後部ポスター
・車体広告
・車体ラッピング

電車と同様目的によって掲載場所は変わってきますが、バスに乗車している消費者をターゲットにするという考え方以外に、車体に広告を掲載することで、バスが走っている道近辺を歩く消費者をターゲットにするという考え方も可能です。バスに乗車している人間以外で、普段交通機関を利用しない方にも訴求できる可能性があるという点でバスは魅力があります。

タクシー広告の特徴とメニュー

タクシーは電車やバスと比較すると乗車している人数は少なくなりますが、一方で車内が狭く、電車やバスと比べて閉ざされた空間で広告数も限られている状態のため、乗車している人が掲載されている広告を視認する可能性も高くなります。また、バスと同様に車体に掲載した広告であれば、タクシーを利用する人以外に訴求することが可能です。

タクシー広告のメニューは下記の通りです。

・まどステッカー
・アドケース
・車体広告
・車体ラッピング

 

交通広告の効果

交通広告は一般的に「強制視認性」「反復接触性」が強いメディアであると言われており、それらについて解説していきます。

強制視認性が強いとは

「強制視認性」とは「強制的に目に入ってしまう性質」のことです。例えば、電車通勤をしている方は、電車内でどのように時間を過ごすでしょうか。多くの人はスマホを触るか、無意識に電車内の広告を見てしまっているのでは無いかと思います。

実際に、株式会社JR東日本企画の「車内の過ごし方」調査によると、4割以上の人々が電車内の広告を見ていることが分かります。

また、日本交通とフリークアウトの合弁会社として生まれた株式会社IRISの広告媒体資料によると、1回のタクシーの平均乗車時間は18分であり、眼前60センチメートルの部分にデジタルサイネージが設置されています。まさに「強制的に目に入ってしまう」と言うことができるでしょう。

 

反復接触性が強いとは

次に「反復接触生」とは「繰り返し接触する性質」のことです。交通機関を用いて通学・通勤をしている多くの方は恐らく定期券を購入しており、同じルートで通学・通勤をしているかと思います。したがって、「同じルートで通学・通勤をしている」ために、繰り返し同じ広告と接触をさせることができ、ある種刷り込みを行うことができます。

 

交通広告と動画であるデジタルサイネージは相性が良い

ここまで交通広告の種類とその効果を解説してきました。次に、交通広告の中で、今注目を集めているデジタルサイネージについて解説をしていきたいと思います。

デジタルサイネージとは

まず、デジタルサイネージとは、直訳すると「電子看板」のことであり、デジタルに映像や文字を表示させることができる媒体です。

主に交通広告で活用をされており、何が革新的であったかというと、その「更新コストの低さ」です。今までの広告であれば、上記で紹介したようなポスターやステッカーが一般的であり、更新のたびに人手を使って、貼り替えを行うという作業が発生してしまいました。しかし、デジタルサイネージであれば、全てデジタルであるため、更新コストが格段に下がり、普及が進んでいるのです。

デジタルサイネージは交通広告と相性が良い

1位:スマートフォンを使う
2位:電車内の広告を見る
3位:車内ビジョンを見る
4位:眠る
5位:窓から見える広告・看板を見る

人々の行動自体は違っているものの、共通して言うことができるのは「することが無くて暇」ということではないでしょうか。閉じられた空間かつ人々も密集しているため、自由に身動きすることが難しいですよね。つまり、「自由に身動きできない=能動的に動けない=受動的になる」ため、思考せずに勝手に頭に入ってくる交通広告、特にここではデジタルサイネージを用いた「車内ビジョン」は非常に強力な媒体であると言うことができます。

どうしても従来の文面と画像の広告の場合、自ら能動的に読まないと内容の理解が進まず、そこまで記憶されないケースも多くあります。一方で、デジタルサイネージのような動画による訴求にすることで受動的に情報を収集することができ、さらにテキストや画像よりも伝えられる情報量が多いという点で非常に高い効果がを期待することができます。

実際に、株式会社JR東日本企画の「広告関心度」調査によると、6割以上の方が、デジタルサイネージの車内ビジョン広告に興味・関心を示していたことが分かります。

 

また、先ほど例示した株式会社IRISの広告媒体資料によると、広告関心度は電車のデジタルサイネージを上回る「8割弱」とかなり高い水準になっています。その他、広告到達率及び購入以降換気度に関しても高い水準であることが分かります。

 

交通広告にデジタルサイネージで動画を出稿する際のポイント

以上で、交通広告の種類と効果、そして中でもデジタルサイネージの相性が良いことを解説してきました。最後に、交通広告にデジタルサイネージで動画を出稿する際のポイントを解説していきたいと思います。

ターゲットと媒体を決める

広告は「ターゲット」と「訴求」をマッチさせることが前提です。その上で、「今回、自社はどのようなターゲットに当てていきたいか」を決めましょう。ターゲットを考える上で広告にかけられる費用にもよりますが、広告費用をかけて多くの人に見てもらいたいという場合は、そこまでターゲットを細かくしすぎなくても良いかもしれません。

一方で、広告費用を抑えて実施したい場合はターゲット層を深掘りして、ターゲットはどのような人間でどのようなタイミングで交通機関を利用するのかまで考えましょう。詳細を考えることで、適切な広告出稿する媒体や手段が決まってくるでしょう。

次に、出稿する媒体です。一口に交通広告と言っても「電車」「バス」「タクシー」の3つが大きくあり、さらに「電車」と言っても様々です。例えば「富裕層が住んでいそうな路線なのか」「学生が通学に使いそうな路線なのか」等です。広告主側がこういった情報を調査することは非常に手間であるため、専門家に聞いてみることも手段の一つです。

デジタルサイネージを制作する

ターゲットと媒体が決まったら、実際のクリエイティブ、今回であればデジタルサイネージを制作していきましょう。改めて、交通広告の特徴としては「強制視認性」「反復接触性」であり、人々は「受動的」な状態です。

語弊を恐れずに換言するのであれば「特別に目を惹く努力をせずとも、ある程度の人々が何回か見てくれる」ということです。こういった性質を活かすのであれば、もちろん目的次第ではありますが、デジタル広告の動画のように「最初の数秒が勝負」というよりは、「時間をかけて丹念に説明する」といった動画の内容の方が良いかもしれません。

ただ、注意点としては「音が出せない」ということです。この「聴覚的な訴求はできない」ということを踏まえた上で動画内容を考えていきましょう。

 

まとめ

交通広告の概要と、交通広告を利用する上で、デジタルサイネージとの相性に関して紹介しました。新たなユーザー層の獲得を検討している企業様はぜひ交通広告をデジタルサイネージを活用した形で実施してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ