動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

安全な撮影には撮影許可と撮影保険が必須?特徴と取得方法を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年テレビなどのマスメディア以外にも、YouTubeやメディアなどで動画を用いたマーケティングを実施する企業が増えてきています。しかし自社で動画制作を行おうとする上で「安心・安全」のためにしなくてはならないことがあります。

今回は動画制作する上で必要な「撮影許可」と「撮影保険」について説明していきます。

撮影許可と撮影保険とは?

撮影許可

撮影許可とは自身の所有地でない場所で撮影するときに、その場所で動画撮影をすることの許可を取る行為です。

例えば駅や道路、商業施設などで撮影を検討している場合、無許可で撮影・利用した場合に様々なリスクが発生する可能性があります。そのようなリスクを排除する目的として撮影許可は行われます。

撮影保険

撮影保険とは動画作成し、利用する過程の中で発生しうるリスクを排除する様々な保険(興行中止保険、動産総合保険、請負業者賠償責任保険など)がまとめられた保険になります。

動画撮影時に発生した事故や諸事情により撮影延長や中止になった場合に発生する費用などを一部補償することができます。

撮影許可が必要なケースは?

商用利用の撮影の場合

法人が自社PRや事業のために動画を利用するケースは増えております。そして、個人も最近ではYouTubeを用いて動画を投稿し、一部広告収入を得ることが増えています。このような商用利用の場合には撮影許可が必要になります。

大がかりな撮影の場合

動画への出演者やスタッフが多い場合やドローン、三脚などの撮影機材を利用するような場合は利用目的に関わらず撮影許可が必要になります。

大がかりな撮影の場合、一般の方への迷惑をかける可能性がありますので、事前に撮影場所に連絡を取り、許可を取るようにしましょう。

事前に担当者に確認する

ここまで説明したケースにはまっていないから問題ない!ということで撮影をしようと考える方もいるかもしれません。

しかし、撮影場所によってルールなどが違うため、無許可撮影を実行しようとしても撮影を止められる、撮影で利用した動画が何かしらの原因で世に広まり、責任を問われる可能性もあります。

少しでもリスクがある可能性がある場合は、事前に撮影場所の担当者に連絡を入れ、許可を取るようにすることが良いでしょう。

撮影許可を取る方法は?

道路や公園、駅など公共施設を利用する場合

道路や駅などの公共施設で撮影する場合は、それぞれ場所によって管轄が違うため、それぞれの管轄のルールに従って撮影許可を行う必要があります。道路であれば、撮影場所の警察署が管理しており、そこに道路使用許可申請書が必要になります。

警察署一覧 
全国警察署 名称位置管轄区域

駅の場合は、利用する駅の鉄道会社に、公園の場合は、それぞれの公園を管理している国や自治体に撮影許可を取る必要があります。

参考:
JR EAST ロケーションサービス
京王ロケーションナビ
東京都建設局 公園管理

飲食店などの商業施設を利用する場合

商業施設はそれぞれ施設ごとにお問い合わせをし、撮影可能かどうかを確認する必要があります。施設によってはルールが違い、レギュレーションが厳しい場合や利用にお金が発生することもありますので、事前に確認を取ることが賢明でしょう。

飲食店などを利用する場合は、その店内を利用している一般のお客さんがいる可能性もあります。撮影時は映らないように配慮したり、映った場合はモザイク加工をしたりと注意しましょう。

ドローン撮影をする場合


※出典:国土交通省

ドローンの撮影は近年増えている一方で、まだ危険が伴う可能性もあることで、撮影はもちろん、飛行することに対しても許可を取る必要があるケースが多いです。また、飛行は問題ない場合も撮影には許可が必要なケースもあるので、撮影許可を取るようにしましょう。

撮影許可は国土交通省に申請します。撮影する場所によって管轄が変わりますので、事前に国土交通省のホームページを確認しましょう。

参考:国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

撮影保険で何に備えられる?

撮影保険を利用することで、撮影中に発生する様々なリスクに備えることが可能です。

ここでは撮影中に発生する事故で備えることが出来る保険を一部紹介していきます。保険の補償条件は状況によって変動するので、詳細は映像保険代理店などで確認をするようにしましょう。

産業用無人ヘリコプターの保険

ドローンなどを用いた撮影を実施する場合に様々なリスクに晒される可能性があります。例えば、機体の損傷・盗難や機体により人や他人の物に接触し、賠償責任が発生することなどがあります。それらのリスクを補償する目的で利用される保険になります。詳しい内容は下記の画像を参考にしてください。

出典:株式会社阿部保険事務所


出典:株式会社阿部保険事務所

動画撮影の遅延や中止などに備えた保険

撮影する上で発生する諸事情により、撮影の遅延や中止、再撮影などで発生する費用を補償する興行中止保険や、撮影に使ったフィルムやテープなどが破損し、使用不能になった場合、再撮影などで利用する費用を補償する動産総合保険があります。

それぞれ利用する上での条件は異なり、対象外のケースもあるので、事前に映像保険代理店などで確認を取るようにしましょう。

第三者への賠償責任や撮影スタッフの損害に備えた保険

撮影中に事故などで他人を怪我させたり、他人の所有物を壊したりしたりした場合は請負業者賠償責任保険もしくは、施設賠償責任保険があります。こちらは損害賠償保険を負う必要が発生した時に必要な費用を補償する保険になります。

また、撮影に帯同しているスタッフや出演者が事故などで発生した場合は、その時に必要な費用の補償をする普通傷害保険があります。

まとめ

安心・安全に動画撮影を行う上で、撮影許可と撮影保険は非常に重要なことになります。これらを行うことで不安なことなく、撮影に集中することができます。ぜひ撮影を検討している方はこの記事を参考に、撮影許可と撮影保険への加入を行いましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ