動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

AbemaTVの動画広告メニューは?大きく「CM配信」と「企画」がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

AbemaTVの媒体としての特長

まず、AbemaTVが広告の出稿先としてどういった媒体であるのかを解説していきます。媒体の特長を理解し、自社で考えている広告の出稿先として適切な媒体であるかを考えていきましょう。

 

編成表がある

まず、通常のTVと同じようにAbemaTVにも編成表が存在します。したがって、ユーザーはいつどんな番組が放映されているのかを把握することができ、広告出稿主としては番組の内容に合わせたターゲティングや動画広告の出稿をすることが可能です。

 

複数デバイスに対応

デバイスに関しては、PC、スマホ、タブレット、そしてTVまで幅広く対応をしています。このように複数のデバイスにしっかりと対応することで、幅広いうユーザー層への視聴を促すことが可能になっています。

 

コンテンツは全てプロによる制作

AbemaTVでは常設20以上ものチャンネルが存在しています。内容としてはドラマ、アニメ、ゲーム、バラエティといったものです。また、これらの番組の制作は全てプロが制作をしており、そういった意味で広告自体も品質の低い番組に出稿されるのではなく、品質が担保された番組に広告が出稿されます。

 

広告メニュー

AbemaTVでは広告メニューとして大きく、以下の2つが存在します。

  • CM配信
  • 企画

それぞれについて詳細に解説をしていきたいと思います。

 

AbemaTV でのCM配信

まずCM配信はそのイメージとおり、AbemaTVにCMを配信することができる広告メニューです。
CM配信ではいくつかパターンがあり、そのパターンに応じて性別・年齢・配信チャンネル、番組などを指定することができます。

 

Demographic配信

まず、Demographicです。Demographicとは属性という意味であり、AbemaTVの場合、性別、年齢を指定することができます。
条件としては、配信期間は1週間以上であり、時間帯の指定は不可、また放映されるチャンネルに関しては麻雀・格闘技以外は除外をすることができません。

Demographicでは視聴単価により課金であり、以下のような課金形態となっており、指定の属性によって単価が変動していきます。

視聴開始単価 : 15 秒 / 5.0 円 ~
視聴開始単価 : 30 秒 / 10.0 円 ~
視聴開始単価 : 60 秒 / 20.0 円 ~

 

Zone配信

Zone配信では、配信パターン・時間帯指定・チャンネルを選択することができます。

まず、配信パターンというところでいうと、例えば広告出稿期間が2週間であった場合に、最初の1週間に配信を寄せるのか、それとも後半の1週間に配信を寄せるのかなどを決めることができます。

次に、時間帯指定では、配信時間や配信曜日を決めることができます。例えば、深夜帯だけにする、午前だけにするなど、曜日と組み合わせて広告出稿をすることが可能です。

最後に、チャンネルも指定することができ、自社の広告内容に応じて、適切なチャンネルへと広告を配信させることができます。

こちらのZone配信の最低発注金額は500万円となっています。

 

Program配信

Program配信は指定の番組に配信されるCMです。

AbemaTVでは、大型の番組を行うことがあり、そういった番組では視聴率が高まることが考えられます。また、それぞれの番組ではターゲットが決まっており、多くのユーザーに情報を届けたい場合には適切なCM配信手法であると言えるでしょう。

金額に関しては、番組によって異なり、一様にはわかりません。

 

AbemaTV での企画

以上がCM配信に関する解説でした。もう1つのメニューとしては企画というものがあり、AbemaTVが一緒に企画を行い、広告をしてくれるメニューになります。

企画のメニューでは、CM配信を行うということを前提とした上で、大きく以下の3つがあります。

  • 1社提供番組:CM配信 2,500万円分 + 製作費用
  • 内製コンテンツスポンサード:CM配信 1,250万円分 + 製作費用
  • 長尺オリジナルCM:CM配信 1,250万円分 + 製作費用

中でも1社提供番組は非常に豪華であり、自社のためにAbemaTVのスタッフが番組を制作し、その番組内でCM配信を行うことができます。まさに冠番組によるマーケティングであると言えそうです。

 

期待できる効果

AbemaTVの広告に関する解説を行ってきました。

通常のTVであるとなかなか効果測定は難しいのですが、AbemaTVの場合全てがデジタルであるため、正確に数字を把握することができ、それにより費用対効果を考えることができることも強みです。

また、通常の刈り取り型のデジタル広告とこういったCM配信によるデジタル広告では得ることができる効果に違いがあります。

前者であれば、直接的な会員登録や利用開始を促進することができますが、後者の場合、そういった直接的な効果よりも認知向上や興味喚起など間接的な効果が主となります。

広告配信時には目的をきっちりと整理して考えていきましょう。

参考

出典元:2018_4Q_MEDIA GUIDE

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ