動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

【初心者向け】動画広告のメリット・デメリットは?動画制作コストを抑えてまずは始めてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画広告の市場規模が拡大

一般的に動画広告と言うと、TVCMを想起することが多いですが、今ではWebでの動画広告の活用が進んでいます。インターネットに関する環境変化に伴い、動画のネット活用が進んでいることはもはや疑いの余地がありません。

実際に、サイバーエージェントの調査によると、2017年の動画広告市場は1,374億円に達し、対前年比で163%の成長を遂げているとのことです。中でもスマートフォンによる動画広告市場の伸びが著しく、マクロ環境的にも5Gが控えている中、この伸びは一過性のものではないと言えることができそうです。

出典:サイバーエージェント、2017年国内動画広告の市場調査を実施

また、当初は動画広告の効果に疑問を持っていましたが、多くの企業が様々なフォーマットで動画広告を出稿しています。例えば、単純な会員獲得を目的とした動画広告やその他にも自社のブランディングを意識したブランデッドムービーなどです。

本記事では動画広告のメリットやデメリットを整理しつつ、動画を活用した効果的な広告運用について解説をしていきます。

 

動画広告のメリット、デメリット

動画広告に限らず、それぞれの広告手法には向き・不向きがあり、効果を最大化していくために、動画広告のメリット・デメリットを整理していきたいと思います。

 

動画広告のデメリット

動画広告のデメリットは何と言っても動画制作自体に時間とお金等のコストが多くかかってしまうことです。

特にWebにおけるマーケティングでは、様々な数値がリアルタイムにデジタルで収集することができ、厳密に費用対効果で、広告の効率を判断することができます。
ここで指す費用対効果とはCPAとLTVの見合いであり、つまり1人あたりの獲得費用が、1人あたりが生み出す収益よりも低くなるようにする、ということです。

したがって、動画広告のために必要な動画制作を行っている時点で、コストがかさみ、既存の広告手法と比較するとCPAが高くなるため、広告担当者としては手が出しにくい、というのが正直なところではないでしょうか。

また、CPA=1人あたりの獲得費用であり、獲得を会員登録時点に設定していることが多いです。そのため、動画広告は(一概には言えませんが)獲得を志向した刈り取り型の手法ではないことが多いため、同じくCPAが高くなり、益々広告担当者として手が出しにくくなっています。

 

動画広告のメリット

以上、デメリットに関しては費用対効果の側面、特に既存の広告手法と比較した際にCPAが高騰してしまう点がデメリットということができるでしょう。

一方、メリットとしては今まで出会えることができなかったユーザーに出会えるという点があります。

動画広告により獲得にまで至るということは、対象のユーザー層は顕在層、つまり既に自社のサービスについて認知していたり、興味を持っていたりする可能性が高いユーザー層です。確かに、このような顕在層であれば、わざわざ動画広告ではなく、刈り取り型に特化したリスティング広告などの手法の方が優れています。

では、「今まで出会えることができなかったユーザーに出会える」とは、どういったことかと言うと、潜在層のユーザーにリーチすることができると言うことです。

当たり前ですが、ユーザーの総数には限りがあり、全員が顕在層であるわけがありません。したがって、将来を見据えた上で、企業から能動的に仕掛けていく、つまり自社のサービスの認知や興味喚起を促していくような取り組みが必要であり、その手法として動画広告は優れています。

また、今まで出会ったことが無いユーザーであるため、既存で獲得できているユーザーと比較して、LTVが高くなる可能性がある、つまり許容できるCPAも高く設定できる可能性があります。

 

動画を活用した効果的な広告運用

以上、動画広告のメリット・デメリットを解説しました。動画広告のメリットとしては潜在層へのアプローチであり、新たなユーザー層の獲得の可能性を広げることができます。

しかし、そうは言っても、動画制作にコストがかかってしまう点を許容することが難しいのが現実です。そこで、動画制作にかかるコストを圧倒的に低下してくれるリチカ(https://richka.co)というツールがあります。

リチカは動画の内製を促進するツールであり、知識不要である程度のクオリティを担保した動画制作をすることができます。動画制作時に既にテンプレートのようなものが用意されており、そのテンプレートにまるでブログを入稿するような感覚で動画制作をすることができるそうです。

リチカであれば、動画制作にかかるコストを格段に下げることができると言うことはもちろん、複数のクリエイティブを用意することができるので、ABテストによる広告運用の効率最大化に向けたチューニングを行うことができます。

既存の広告手法だけではなく、新規の手法を検討している広告担当者の皆様はぜひ動画広告を検討してみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ