動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【意外と知らないヘルプマーク】動画で正しい知識を身につけよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、ヘルプマークというのをご存じでしょうか?ヘルプマークとは見た目には分かりにくい配慮・援助が必要な人のメッセージマークのことです。

見た目でわからない人ってどんな人?

では、具体的にどんな人のことを指すのでしょうか?例えば、内部障害や難病を抱えている人や、義足や人工関節を使用する人たち、あるいは妊娠初期の女性です。このような方々は配慮やサポートが必要なことがあっても、見た目には分かりにくいと言えます。

そんな人たちに対してサポートが必要なことを、知ってもらうためのマークが、東京都が2012年10月から配布を始めたのが、この「ヘルプマーク」です。

 

ヘルプマークは2013年から配布が開始!

東京都は当初、都営地下鉄大江戸線の各駅での配布と、車両内の優先席にステッカーの表示を行い、普及を呼びかけてきたそうです。2013年7月には都営地下鉄全線、都営バスへと拡大。2014年10月からは、民間企業への働きかけも実施。同年12月には、NEC(日本電気株式会社)が、以後も複数の企業が官民連携を発表するなど、着実に普及促進の流れはあるようですね。

私もこのヘルプマークのことを知ってから駅構内のポスターに目が留まるようになりました。かなり多くの駅でポスターが貼られているので、皆さんの利用している駅構内にも周知を喚起するポスターの掲示があるかもしれません。

 

実際にあったこんなこと

周囲からの助けが必要でも見た目には分かりにく方は、普段の生活で出会っていたとしても、私達はなかなか気づくことが出来ていないと思います。しかし、日々の生活の中で、きっと障がいや難病を抱え、配慮や援助を必要としている人たちに出会っているのだと思います。

実際にヘルプマークを持っている難聴の方に、色々お話を聞いてみました。例えば、その方は音が聞こえないために、電車の中などでいきなり肩をぶつけられて、舌打ちするかのようにこちらを睨んでいる人に会うことがあるそう。

きっとその相手はどいて欲しいとか、邪魔だったなどの理由で何かしらのアクションをしたのでしょう。しかし、相手は難聴の方。気づけるわけがありません。それに対して怒りをぶつけてきたのだと察します。でも、これはどうすることも出来ませんよね。ヘルプマークを知っている方が周囲にもいたなら、怒りをぶつける前に、その他の対処法で相手に気づかせてあげることが出来たのではないかと思います。あなたもこんなことを無意識にやってはいませんか?

東京都福祉保健局によると、2015年3月時点ですでに約75,000枚を配布しているそうです。きっと、どこかで目にしているのかもしれませんが、その意味するところを理解しなければ、結局は何の解決にもなりません。身近なことなので、多くの人が理解することが重要だと思いました。みなさんも温かい心を持って、周囲を気にかけてみてください。

東京都から発信されたこの「ヘルプマーク」が今後全国へと広がることを期待したいと心から思います。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ