動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【Vol.2】動画は変わる、視聴から体験。誰でも簡単制作できる、そんな世界に。#いまはじ動画マーケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月11日、WeWork東京スクエアガーデンにて”今からでも遅くない!動画マーケティングとの向き合い方”#いまはじ動画マーケが開催されました。

“動画のミライにワクワクしよう”をテーマに動画マーケティングに関わる3社が、今からでも遅くない動画マーケティングについて語りました。Vol.2では、MIL株式会社の光岡さんが「インタラクティブ動画で切り開く新時代のマーケティング方法」について。Adobeの田中さんが、「アドビが面白い!次世代AI搭載のPremiere Rushが起こす動画の民主化」について語っていた内容をお届けします。

▼「登壇者」


Adobe マーケティングマネージャー 田中玲子様
・カメラメーカーで映像関連製品のマーケティングを担当
・2018年5月にアドビに入社
・Photoshopなどのフォト製品とPremiere Proなどのビデオ製品のマーケティングを担当

MIL株式会社 代表取締役 光岡敦様
・Webコンサルティング会社入社後、モバイルに特化したグループ会社を創業、CS責任者として取締役に就任
・新規事業開発責任者として、メディア、アプリなど様々な新規事業の企画・開発・運営を経験
・その後、株式会社ユープラス創業し、アパレル向け洋服の3D着せ替えシステム「クロスコーデ」を開発
・現在はインタラクティブ動画制作プラットフォーム「MIL」を開発中

株式会社タレントワークス 代表取締役 小島領剣様  (@RyoukenK)
・株式会社ビズリーチにエンジニアとして入社後、求人検索エンジンStanbyや採用管理システムHRMOSの開発
・副業でベンチャーの採用メディアを0-1で、Webの制作からコンテンツ制作まで一気通貫で立ち上げる
・退社後、スマホ世代に響く動画マーケティング会社タレントワークスを創業
・小学生〜大学生まで各世代とのチャネルを持つ

 

インタラクティブ動画で切り開く新時代のマーケティング方法

インタラクティブ動画で、視聴体験の最大化を目指すと語る、光岡さん。インタラクティブ動画がどういったものか、実際にできる事等を語って頂きました。

インタラクティブ動画とは

インタラクティブ動画とは、一方的な情報発信動画ではなく、双方向でコミュニケーションが可能な動画形式のことを指します。実際にどういった動画か、こちらをご確認ください。

SMCC

https://interactive.mil.movie/pVZSEW/

VISAカードの認知やブランドリフトを目的とした事例。新米エージェントがミッションをクリアしていく様子を表現。途中で動画を分岐させユーザーに選択という体験を提供する。アイコンをタッチすると、ポップアップが開き実際VISAカードの詳細を確認できる。このように、動画内で動きを付ける事により、CVRをさせやすくしたり、様々なインタラクションを可能にします。こちらのサービスはSaaS型で提供しているので、クラウド上で誰でも簡単に素早く動画が作れます。

視聴体験を最大化する事で、ユーザーに価値を提供したい。

視聴者に最適の導線・間接的直接的な売り上げを創出するというミッションの基、サービスを作りました。インタラクションを可能にし反応がとれるからこそ、活用シーンは様々です。従来分離しがちだったブランディングとプロモーションの融合も可能になります。 (例)<前半>ブランディング動画→<アクション分岐後>プロモーション動画 のような。

<今後可能になる事>

・360度動画に対応できる(3Dにも対応)  
 https://example.mil.movie/QPhJcd/

・MILタグの設置可能
 動画を作成したら今後データ分析も重要になります!MILタグを設置することでより細かいデジタル分析を可能にし、プロセスもPCDAを回しやすくなります。

・アンケート機能実装 
    今後も色々な機能を追加していこうと思っています。

 

MILの動画が、CVRまでの道筋を最短化したり、効果を最大化できるようになったら嬉しいです。その効果がMILの動画があったからできたときちんと言えるように、システムもどんどん大きくしていきたいと思います。

質問などあればお問い合わせページから頂けるとご回答頂けるみたいです!

https://mil.movie/

 

次世代AI搭載のAdobi Premiere Rushが起こす動画の民主化

動画は簡単に作れる時代へ。そう語るのは、Adobe マーケティングマネージャー 田中さん。今回は、簡単に動画制作ができるPremiere Rush CCのご紹介をして頂きました。

近年、動画を取り巻く市場は大きく変化しています。それに伴いインハウスで制作をやってみようという企業様も増加していると思います。ここ数年5Gの影響もあり、4K、3Dやプロジェクションマッピング等、テクノロジーの変化によりプレミアムなコンテンツが出現しています。

個人的に今の動画マーケティングは大きく2つに分かれていると思っていて、1つ目は、ハイエンド映像マーケティング(4K,3D,プロジェクションマッピング等)何か月も制作期間をかけ、クオリティの高い動画を完成させていくようなスタイルです。2つ目は、ソーシャル映像マーケティング。テレビをもっていない層にソーシャルを通じて動画を視聴してもらうものです。

本日ご来場いただいた方は2つ目にご興味がある方が多いのではと思います。SNSやメディア用に1日10本、1か月で100本とかそういった業務をご担当されてる方も多いのではないでしょうか。それを可能にするのが、今回ご紹介するPremiere Rush CCになります。

Premiere Rush CCとは

Premiere Rush CC

プロが制作したような動画をすばやくキャプチャ、編集、共有できるオールインワン型の動画制作ツールです。アプリ内から直接ビデオや画像をキャプチャしたり、手持ちのメディアを取り込んだりできます。取り込んだ素材はタイムライン上で簡単に編集できます。

<素晴らしい点>

■クラウド上でデータを管理できるので、スマホでもPCでも制作が可能になります。

■色々な編集作業が簡単にできる

 ・ピクトインピクト(画像の中に画像を入れたり)

 ・カラー調整/プリセットで選べる

 ・音楽の挿入も簡単に

 ・テキスト入力も、モーショングラフィックテンプレートを利用できる

等々。

 

目的に合わせてアドビ動画制作製品も適切に選択できる。

ハイエンド動画マーケティング(4K/8K・VR・HDR)は【Premiere Pro

ソーシャル映像マーケティング(SNS・WEBムービー・社内ムービー) は【Premiere Rush】→【Premiere Pro

趣味(旅行・思い出)はPremiere Elements

 

Adobi senseiも同時に使うと便利

Adobi senseiとは

人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を駆使したサービスになります。単調で時間のかかる作業の高速化を支援し、一人ひとりに適切な顧客体験を提供してくれます。画像やイラスト、アニメーションの意味を理解する能力を備えているので、どんな表情をしているか等も判断できます。表情に合わせてコンテンツを制作する事も可能です。また、今までの編集行動を学習していますので、”文書の背景”や”画像から受けるイメージ“などを深いレベルで理解して編集をする事が可能です。これがあると、プロジェクトファイルが出た際に、何をしたらいいかわからないという場合も簡単に編集が可能になります。

このようにテクノロジーの進化により、制作もどんどん簡単になっていきます。

 

まとめ

オンラインコンテンツが、今後文字から動画に代わっていくことは間違いないでしょう。ここ5年でWEBライターが増えたように、今後動画クリエイターは更に増加していきます。だからこそ、「動画は誰でも簡単に制作できるように」そんな思いで数々のサービスを生み出す2社の取り組み。聞いていてとてもワクワクしました。

 

イベントの詳細は #いまはじ動画マーケで確認できます。

イベント当日の動画もあがっていますので、ぜひご確認くださいませ。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ