動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

印象に残る観光プロモーション動画とは?制作時のポイントを徹底分析!



このエントリーをはてなブックマークに追加

地方創生には、雇用の安定化やワークライフバランス作りといった政策があげられますが、観光客の誘致も重要な方策のひとつです。

今回は観光客の増加を図るために、地域の特色や文化などを織り込んだ動画を制作するメリットや制作のポイントをご紹介します。

 

観光プロモーション動画が注目される理由とそのメリット

観光プロモーション動画が注目される理由とそのメリット

インターネットやSNSが発達する以前は、観光案内所や旅行ブックなどであらかじめ観光地についてチェックするというのが常でした。しかし現在では、インターネットやSNSなどから情報を得ることが当たり前となっています。

観光客の多くは、インターネットから得た情報で旅行プランや宿泊場所を決めます。そこで観光プロモーション動画が彼らの目に止まれば、その土地ならではの魅力や実際の雰囲気をより具体的に伝えることができます。そこでここでは、その観光プロモーション動画を活用するメリットをご紹介します。

なお以下の記事では、観光プロモーション動画に関してのメリットや効果をより詳しくご紹介していますので、こちらの記事もあわせて参考にしてみて下さい。

観光プロモーション動画のメリットをもっと詳しく知りたい方はこちら

観光地の雰囲気や場所が身近になる

動画の特徴のひとつとして、音と映像で視聴者の興味を惹きやすくなる、ということがあげられます。また、紙媒体では伝えきれない土地の文化や、自然の豊かさを魅力的に表現できることも観光プロモーション動画活用におけるメリットです。

事例:こうふ開府500年観光PR動画『風林火山』

さまざまなネット媒体で活用できる

汎用性が高く拡散しやすいというのも、観光プロモーション動画のメリットのひとつとなります。

動画はSNSとの相性が良く、制作したプロモーション動画は市町村のサイトや観光ニュースサイト、YouTube、Twitterといった媒体への掲載が可能です。

さらには2020年の東京オリンピックに向け、年々海外からの観光客が増加傾向にあります。そのため、多くの国の人々が活用するYouTubeなどにアップロードすることで、思わぬ場所からの支持を得られる可能性もあります。

海外の人にも内容が伝わりやすい

比較的安全な国として知られている日本ですが、海外の人にとって自国の言語を話さない地域に旅行することは、ある程度ハードル高いものです。そのような懸念を払拭するために、動画は有効な伝達手段となり得ます。

パンフレットなどの紙媒体は日本語がわからなければ理解できないものがほとんどですが、動画では言語以上に視覚的な情報を多く伝えることができます。

例えば道案内をする場合、日本語を外国語に翻訳するとなると時間や手間がかかります。なぜなら、英語だけでなく、中国語や韓国語、イタリア語、フランス語など、さまざまな言語があるからです。ここで実際の道を移動している様子を動画で撮影すれば、さまざまな言語で翻訳をせずとも海外の人に道順を説明することができます。

事例:参考事例

このようにテキストをすべて外国語に翻訳するのには時間や手間がかかりますが、その作業に代えて動画を制作することで、実際の日本の様子を効率的にかつ具体的に提示しやすくなるというメリットがあります。

 

観光プロモーション動画を制作する際のポイント

観光プロモーション動画を制作する際のポイント

観光プロモーション動画を制作するにあたってのポイントは、紹介する観光地の特色を押さえた作り方や見せ方を考えることです。紹介したいモノやコトにあわせて、適切に魅力が引き出せるように工夫をしましょう。

メインのターゲット層を絞り込む

効果的な観光プロモーション動画を作成するためには、動画の視聴者やその観光地を訪れるユーザーがどのような属性なのかを把握する必要があります。なぜなら、ターゲット層を絞らずに動画を制作すると、アピールポイントを明確にできなくなる可能性があるからです。

例えば、自転車のツーリングで訪れる人が多いのか、釣りや登山客が多いのかなどによって訴求ポイントは異なります。自転車のツーリングで訪れる人が多いのであれば、自転車に乗って散策する、という設定で街案内をする動画を制作するとよいと言えます。

その地域ならではの魅力をアピールする

観光プロモーション動画を作るにあたっては、その地域にしかない独自の魅力を伝えることが重要です。現在は多くの自治体や企業が動画でのプロモーションに力を入れているため、インターネットには多くの動画が投稿されています。その中から投稿した動画に興味を持ってもらうには、その地域でしか経験できないようなことをアピールする必要があります。

映像の中にストーリーを作る

観光プロモーション動画を制作するにあたり、土地の特色や名産品の魅力を紹介することは重要なポイントです。しかし、商品の紹介がメインとなるような宣伝色の強い動画は、視聴者にとって魅力的ではない恐れもあります。

土地の魅力をアピールすることを前提として、動画自体にストーリー性をもたせるなどの工夫をしましょう。ストーリー性のある動画は視聴者の共感を生みやすく、SNSなどで多くの人にシェアされる傾向にあります。

印象的な構成を考える

宮崎県小林市 移住促進PRムービー ンダモシタン小林

こちらの動画は、宮崎県小林市が制作したプロモーション動画です。小林市を訪れたあるフランス人が地域の文化や産業に触れながら、町を散策しています。一見すると単純なPR動画に見えますが、フランス人の喋っている言葉にはある特徴があり、最後にその仕掛けが分かるという面白い構成になっています。

観光プロモーション動画を効果的に活用するためには、最後まで多くの視聴者を惹きつけ続けなければなりません。情報を羅列しただけの動画とならないように、印象的な構成を考えるようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

今回は観光プロモーション動画を作成するメリットとその理由、制作時のポイントを、過去の事例とあわせてご紹介しました。制作したプロモーション動画が拡散されると、プロモーションとしての効果を予想以上に発揮するケースもあります。より高い効果を得るためにも、多くの視聴者の印象に残るような動画制作を心がけましょう。

動画作成に悩んだ際は、プルークスにご相談頂ければ適切な予算で効果の高い観光プロモーション動画の作成を致します。

今回ご説明した観光プロモーション動画制作時のポイント以外にも、プロモーション動画の事例やメリットをご紹介しておりますので、こちらもご覧になってみて下さい。 観光プロモーション動画のメリットをもっと詳しく知りたい方はこちら

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ