動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画制作の鍵は企画にあり?!企画の重要性やポイントをご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加
動画制作は企画の重要性やポイントが鍵!

メッセージを伝えるための動画を制作するときに、何より重要なのは「企画」です。「動画を見た人にこれをアピールしたい」「こんな感想を持ってもらいたい」といった目標や目的を達成するには、しっかりとした企画を立てる必要があります。 企画とは作品全体の形を考えることであり、企画の完成度が動画そのもののクオリティや目標の達成率を決めるといっても過言ではありません。この記事では、動画制作の鍵となる「動画企画の制作」を成功させるポイントについて紹介します。

 

動画制作の企画段階で考えるべき4つのこと

実際に動画を制作するための企画を立てるときには、どのようなことを考えて何から手をつければいいのでしょうか。企画の段階で決めておくべきことや、整理しておくべき項目を順番に紹介していきます。

①目的やコンセプト

まずは、動画を見てもらうことで達成したい目的を明確にします。「自社のブランドやサービスに関心を持ってもらう」「キャンペーンを告知する」「自社で働きたいという人を集める」など、具体的に絞り込むのが重要です。 そのうえで、「売上を増やす」「人手不足を解消する」といった基本コンセプトもはっきりと決めておきましょう。「あれもこれも伝えたい」とたくさんの要素を盛り込むと焦点がぼやけてしまい、伝わりづらい動画になってしまいます。

②背景やターゲット

「なぜ動画という手段を選んだか」といった制作背景も明らかにしておきましょう。たとえば、それまでは写真と文章で紹介していた商品を動画でアピールする場合を考えてみます。こんなときは、「従来の方法にどんな課題があったのか」「動画ではそれが解消できるのか」「動画を用いるのはなぜか」などについての整理が必要です。 背景が明らかになり方向性が固まると、おのずと動画で強調すべきポイントも見えてきます。さらに、動画のターゲットを絞りペルソナを設定しておきましょう。「おしゃれが好きな20代の女性」「健康に気を遣っている40代以上の男性」などです。

③伝えたいメッセージ

③伝えたいメッセージ

もっとも大切なポイントである「動画で何を伝えたいのか」を絞り込みます。具体的には「サービスの内容」「新商品の性能」などでしょう。 しかし、この場合もただ商品を映してセールスポイントをアナウンスするだけでは物足りません。その商品やサービスが役に立つのはどんなときか、というストーリー性を意識しましょう。「利用することでこういった悩みが解決する」「こんな手間が省ける」など、問題解決のための方向性を明確にすることが重要です。

【サービス紹介】freee様_freee プロフェッショナル紹介映像

動画の利用用途や雰囲気

さらに、制作した動画をいつ、どこで、どんな雰囲気で見せるのかといった利用用途を想定します。自社のWEBサイトやSNS、インターネット上のメディアなどにアップロードして公開する場合もあれば、会社説明会や商品発表会で上映する場合もあるでしょう。ペルソナが動画を見ているシチュエーションを想像し、それに沿った演出を企画します。 ペルソナにメッセージを伝えるためになぜ動画という手段を選んだかを考えれば、どんな方法で配信すべきかが見えてきます。

 

動画制作を企画するポイント

動画制作を企画するポイント

動画は限られた尺(長さ)の中に収める必要があり、何でもかんでも盛り込めるというわけではありません。企画のポイントは動画の内容によって異なります。ここでは、動画の種類ごとに押さえておきたいポイントを紹介します。

会社紹介

会社の紹介では「自社の商品やブランドの強みを紹介する」「他社にはない魅力をアピールする」といったことに重点をおきます。売上高や市場占有率などの数字に関しては、グラフなどを使って分かりやすく見せましょう。 また、同じ動画を5年、10年と長期間にわたって使い続けるのは避けます。動画は情報が伝わりやすいぶん、鮮度が薄れるとささいな違和感を与えてしまうことが否めません。そのため、少なくとも2~3年ごとに更新することを前提に制作します。

【会社紹介】TOMAコンサルタンツグループ_ビジョンムービー

人材採用

人材採用に動画を活用する場合は、学生や求職者がどんな企業で働きたいのかを把握したうえで、自社の魅力とすりあわせて見せ方を考えます。興味や関心を引くポイントを絞ってアピールしましょう。たとえば、ワークライフバランスが整っていることが魅力ならば、社員の1日に密着するのが効果的です。 オフィスの雰囲気を伝えたいのであれば、実際に働いている人のインタビュー映像を掲載します。また、優位性やポジティブな情報ばかりではなく、現在取り組んでいる課題も包み隠さず伝えれば、入社後のギャップを軽減することも期待できるでしょう。

GAテクノロジーズ様 コンセプト映像

CM・セールス

CMやセールスに用いる場合、より多くの人に共感してもらったり、興味を持ってもらったりする必要があります。しかし、メリットをたくさん伝えようとするあまり情報を詰め込みすぎると、押しが強すぎる印象となり、マイナスイメージを抱かれません。 反対に、アピールポイントを絞ったCMはわかりやすいのと同時におしゃれで洗練されたイメージとなり、情報量が少なくても見た人の印象に残ります。印象づけるポイントを絞った企画を心がけましょう。

LOCONDO様 事業紹介映像

 

企画構成のポイントをおさえて魅力ある動画制作を目指そう

企画構成のポイントをおさえて魅力ある動画制作を目指そう

映像や音声、テロップといった複数の要素が組み合わさって完成する動画は、見た人の印象に残りやすく、臨場感や雰囲気をよりダイレクトに伝えられるものです。動画の有効性を最大限に発揮し、メッセージを確実に伝えられる作品に仕上げるには、まずは動画を制作する意図を見定めることから始まります。 そのうえで目的やコンセプト、ターゲットを意識した構成になるよう、しっかりと企画を練ることがもっとも重要です。ここで紹介したことを参考に、魅力的な動画の制作を目指してみてはいかがでしょうか。

映像制作・動画制作なら株式会社プルークス

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ