動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

注目が集まるSNS動画広告の特徴とは?4つのSNS広告の特徴・費用・スペックのまとめ



このエントリーをはてなブックマークに追加
注目が集まるSNS動画広告の特徴・費用・スペックのまとめ

SNSを使った動画プロモーションは、比較的高い効果を得られると言われているマーケティング手法です。しかし、SNSにはそれぞれ特徴があり、それを無視してマーケティングを行っても思ったような効果を得られません。今回は主要なSNSの特徴と、効果的な動画を作るためのポイントをご紹介します。

 

主要4種のSNSにおける利用者数とユーザー属性

主要な4つのSNSとは、Facebook・Twitter・Instagram・LINEのことを指します。スマホを持っている方であれば、少なくともこのうちのひとつはアプリをダウンロードしていることでしょう。いずれも多くのユーザー数を抱えているため、重要な広告媒体となっています。

それぞれの国内の月間利用者数とメインユーザーは下記の通りとなっています。

  Facebook Twitter Instagram LINE
MAU(月間アクティブユーザー) 約2,700万人 約4,000万人 約1,600万人 約6,600万人
メインユーザー 30~40代 10~40代
(コアは10~20代)
10~30代
(コアは20~30代女性)
10~50代

参考:ferret

アクティブユーザー数だけを見ると、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの順に多いことになります。ただし、アクティブユーザー数が多いからといってLINEに広告を出稿すればいいかというと、それほど簡単な話ではありません。

幅広い年代に満遍なく使われているLINEに対し、他のSNSはある程度メインユーザーに偏りがあります。プロモーションしたい商品に合わせてターゲットを考慮した上で、どのSNSに出稿することが効果的か考えなければなりません。

 

主要4種のSNSにおける配信

主要4種のSNSにおける配信

次に各SNSの広告の概要について確認しましょう。まずはそれぞれのSNSにおいてどのような広告が出稿できるのか、運用型動画広告の種類についてご紹介します。

SNS 動画広告の配信メニュー
Facebook ニュースフィード内動画広告
Twitter 動画付きプロモツイート
Instagram フィード内動画広告、ストーリー内動画広告
LINE タイムライン内動画広告

参考:ferret

それぞれ呼び方は異なりますが、普段SNSで見るフィードの中に動画が配信されることが一般的です。配信動画のスペックと配信時間についても確認しましょう。

SNS 動画サイズ 時間
Facebook 16:9(横型)〜9:16(縦型) 最大120分
Twitter 2.39:1(横型)〜1:2.39(縦型) 最大10分
Instagram 1.91:1(横型)、1:1(スクエア)、4:5(縦型) 最大60秒
Instagram(ストーリー) 9:16(縦型) 最大15秒
LINE 16:9(横型) 最大60秒

参考:ferret

比べてみると、最も広告の自由度が高いのはFacebookとなります。横型・縦型のいずれの形式も利用できることはもちろん、時間も最大2時間まで配信できます。2時間もの動画を配信するのは現実的ではありませんが、他のSNSでは配信することができない長尺の広告を制作できることはメリットといえるでしょう。

Instagramは動画の尺は最大60秒と短いですが、ループ再生されるという特徴があります。反復して見せたい動画など、ループ再生ならではの企画であればユーザーの心をつかめるでしょう。

また、プルークスでは「instagram動画広告のポイントを知りたい!」という方向けに資料もご用意しております。気になる方はぜひこちらからダウンロードしていただければと思います。

 

主要4種のSNSにおける目的と課金形態

SNSでは動画広告の目的によって、課金の仕方も異なります。動画広告の目的には、大きくわけて「動画を見てもらう目的」と「アプリのインストール目的」があります。同じ媒体でも、どちらを目的にするかで課金条件も異なるため、プロモーションの目的を考えた上で選択しましょう。

SNS キャンペーン目的 課金形態
Facebook 動画を再生 インプレッション(CPM)、または10秒以上の再生(CPV)
アプリのインストール インストール(CPI)、インプレッション(CPM)、またはリンクのクリック(CPC)
Twitter 動画の再生 100%ビューアブルで3秒経過(または50%表示で2秒経過)
動画をクリックした時点で課金(CPV)
アプリのインストール インストール(CPI)、リンクのクリック(CPC)
Instagram フィード内広告 Facebookに準じる
ストーリー内広告 インプレッション(CPM)
LINE   インプレッション課金のみ
(最低CPM400円、最低出稿金額100万円)

参考:ferret

 

主要4種のSNSにおける動画制作のポイント

主要4種のSNSにおける動画制作のポイント

最後に、SNSで効果的な動画を作る上でのポイントをご紹介します。

最初の5秒が重要

スクロールですぐに次の画面へ切り替えることができるというSNSの特性上、ユーザーは投稿(広告を含む)を見るか見ないかを瞬時に判断しています。最初の5秒で興味を惹きつけられなければ、スクロールされてしまう可能性が高いと理解しておきましょう。どんなに後半の内容が素晴らしくても、冒頭で目をとめてもらわなければ意味がありません。

字幕を効果的に使う

SNSを使う場所は、必ずしも音が出せる状況とは限りません。電車の中や会社など、音が出せない環境で見る方も珍しくないでしょう。そのため動画を作る際には、音がなくても内容が伝わるように字幕を効果的に利用することがおすすめです。もちろん字幕を使った上に音声も使えば、家の中などの音声が出せる場所ではより広告効果を発揮することができます。

エレクトロラックス様 主婦VS高校球児|動画広告WebCM

上記の動画では、インパクトのある動画をより効果的にするために、シーンごとに大きな字幕を挿入しました。音声が聞こえなくても、文字による情報で商品の魅力が伝わるように工夫しています。

正方形・縦型がおすすめ

SNSはスマホで閲覧されることが多く、横型の動画だと表示面積が小さくなってしまいます。スマホを横に持ち替えれば画面全体に動画を流せますが、ユーザーフレンドリーとはいえません。「ユーザーがどんなシーンでSNSを見るのか」ということを考えると、スマホの向きを変えずとも見やすい正方形か縦型の動画がおすすめです。

 

参考記事

さらに詳しく動画広告のメリットや運用方法を知りたい方はこちらの記事も御覧ください。

【保存版】これを見れば動画広告運用の全てがわかる

 

まとめ

まとめ

SNS内の広告はフィード内に自然に流れてくるため、広告であっても違和感を持たれにくく高い広告効果を期待することができます。その一方でどんな動画でもいいわけではなく、それぞれのSNSの特性に合った質の高い動画でなければマイナスプロモーションにもなりかねません。

プルークスにご依頼頂ければ、ブランディングや購買につながるような動画をご提供します。本格的に動画マーケティングを考えているのであれば、是非一度ご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ