動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

マークザッカーバーグが語るライブ動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

1、マークザッカーバーグはライブ動画をどのように捉えているか

昨今動画市場が過熱しています。

そんな中、Facebook創設者のマークザッカーバーグが動画について語りました。

 

Facebookは2015年8月にライブ動画のサービスを立ち上げました。

当時は芸能人や報道機関だけに限られていましたが、2015年12月に対象を広げ、現在では世界中に拡大しています。

最近ではInstagramもライブ動画の配信を開始させており、Facebookはライブ動画に力を入れていることが見てとれます。

 

そんな中2016年2月にライブ動画について語りました。

 

マークザッカーバーグはM会議での発表の前日にBuzzFeed Newsの電話インタビューに次のように答えました。

「私達は大きな決断を下し、ライブ動画に力点を移すことにした。出現しつつある新しいフォーマットだからだ。過去5年、10年、ネット上にあった動画とは違う。この巨大なテクノロジーのプラットフォームによって、ユーザーは、リアルタイムで、最もパーソナルで感情的、ナマ、理屈抜きの方法でコミュニケーションをとりたいようにとれるようになる。ライブだから、編成できない。そのために、ユーザーはありのままでいられる。事前に完璧に準備することなんてできない。ちょっと直感とは逆だけど、加工していない、感情むき出しのコンテンツをシェアするには最高の媒体となるんだ」

 

確かにライブは感情をリアルタイムに表現するには適したコンテンツだと言えます。

では、どのような時に感情を表現したいと思うのでしょうか。

 

それは感情が高まり、この現場の空気感をみんなにも伝えたいと感じる時だと私は思います。

例えば、誕生日パーティーや結婚式。

この時自身が感じている、嘘偽りのない喜びをリアルタイムでみんなにも伝えたいと感じるのではないでしょうか。

 

2、今後のライブ動画はどこへ向かうのか

マークザッカーバーグは次のように断言しています。

「動画の新黄金時代に入っている。今後5年を早送りしてみたら、ユーザーがFacebookで見るもの、毎日シェアするもののほとんどが動画だったとしても驚かないね」

この「今後5年間」の鍵を握るのは若者たちです。

「わたしたちにとって本当に驚きだったのは、ライブ動画は有名人向けじゃなかったということ。それはユーザーが日々シェアしたいと思う、新しい、生で伝える方法だった。特に若者や10代がそうしたがっている」

 

私自身、Instagramを利用していますが、最近のInstagramのユーザーは明らかに写真での投稿よりも動画の投稿が多いように感じます。

それを加味すると、Facebookの若者を取り込む戦略は上手くいっていると言えるのではないでしょうか。

 

しかし、Facebook以外も同様にライブ動画配信のサービスを行なっており、Facebookのライブ配信サービスの差別化が難しいの率直なところでしょう。

これについてマークザッカーバーグは「視聴者」が違うと答えました。

 

「公人なら、視聴者は、これまでにないものとなる。(米テレビ司会者の)ジミー・ファロンがライブをしようと思ったとき、出演するテレビを見てくれる人たちと似たような人たちに届けられないなら、時間を割く価値はない」

 

今後のFacebookが目指すところは、テレビ局が独占していきた市場だと述べています。

今後テレビとFacebookのライブ動画の視聴者の相違がなくなるのであれば、テレビでのライブ配信は不要なものとなるが、マークザッカーバーグはその点について次のように答えました。

「両方ともやるんじゃないかな。ポイントはどちらかを選択することじゃなくって、Facebookはユーザーに新しいツールを提供しているってことなんだ」

 

私個人としては、今後Facebookがテレビに対してどのような影響を与えるのか非常に楽しみです。

 

マークザッカーバーグは上記のように「両方ともやる」と答えていますが、今後SNSがテレビのライブ配信の市場を手中に納める日が来るのではと感じています。

 

参考

Buzz Feed 「マークザッカーバーグ独占インタビュー Facebookライブ動画が創る未来」

https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/facebook-live-interview?utm_term=.gk41PMqPN#.yjvPaQ8al 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ