動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

Facebookのアルゴリズムはどのような意図がある?重要なポイントを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年スマホの普及により、多くの人々がSNSを活用するようになりました。その中でもFacebookは世界中で使われているSNSとして非常に有名なサービスです。企業もプロモーションする上でFacebookを活用することは一般的となりました。

Facebookというプラットフォーム上でプロモーションを行う以上、Facebookがどのようなアルゴリズムとなっているのか知る必要があります。本記事ではFacebookのアルゴリズムに関して解説していきます。Facebookの動画広告を検討している方は下記よりご覧ください。

参考記事:Facebookの動画広告は効果ある?メリットや実際の企業事例を紹介!

 

Facebookにアルゴリズムがある理由は?

現代の世の中ではさまざまなサービスや情報が出回り、それを受けるユーザーにとっても情報過多の時代となっています。そのような時代なので、ユーザーは価値が低いコンテンツには時間を割かないようになってくるのが当然の流れかと思います。

Facebookとしては、多くのユーザーに少しでも長くサービス上に滞在してほしいという想いと滞在している時に有益と感じられる体験をしてほしいという想いから、そのユーザーにとってより価値のあるコンテンツがニュースフィードに流れるようにすることで、それを実現しようとしているのです。そのためにアルゴリズムという仕組みが存在します。

ニュースフィードのアルゴリズムは?


ユーザーがFacebookを活用する上で基本的にはニュースフィードを目にする機会が多く、このニュースフィードはどのようなアルゴリズムの仕組みなのか理解することが重要です。ここではニュースフィードのアルゴリズムに関して解説していきます。

友達の投稿内容や情報

Facebookは、登録している別のユーザーと友達として繋がる機能があります。その友達が投稿した内容や情報はニュースフィードに流れる仕組みとなっています。
そもそもFacebookはサービス開始当初から本機能が存在していたことから非常に重要にしている機能の一つでもあるので、友達の情報は優先的にニュースフィードに流れるようになっており、さらにその中でも関連性が高い情報だと重視するアルゴリズムとなっています。

コンテンツとしてのオリジナリティ

Facebookのニュースフィードに流れる情報は、利用しているユーザーにとって新しいアイデアにつながるかどうかという観点も重要視しています。

誰もが知っているような情報ではなく、オリジナリティがあり、そのユーザーが高い関心を持つ可能性が高い情報を見つけやすくするためのアルゴリズムとなっています。

そのユーザーが本当に求めている情報であるか

ある情報がそのユーザーにとって本当に求められているかどうかという観点は非常に複雑な仕組みで評価されています。

例えば、いいね!数やシェア数、クリック率なども評価される要素の一つですが、それ以外にも関連ニュースを見た滞在時間やどれくらい見ているのかなどさまざまな要素をからみ合わせてそのユーザーが知りたいと思っている情報を計測しています。

こちらの仕組みに関しては、Facebookの副社長であるAdam Mosseri氏が解説しています。
参考:News Feed: Getting Your Content to the Right People

 

アルゴリズム変更の傾向は?

Facebookはここ1年でも多くのアルゴリズム変動を行ってきました。ここではそのアルゴリズム変動の傾向に関して解説していきます。

そのユーザーに関連性が高いか否か

前述でもそのユーザーにとって関連性が高いかどうかという内容を伝えましたが、引き続きアルゴリズム変動ではその傾向を引き継いでいます。そのユーザーにとって価値があるコンテンツは何なのか?という評価をさまざまな機能を通して、計測しており、今後もそのための変動はされていくことでしょう。

直近行われたアルゴリズム変動の中には、友達の投稿や有益なリンク投稿の評価がアップされるようになったと発表されています。友達の投稿がただ増えるのではなく、そのレコメンドの精度を高めることで、ユーザーが必要としている情報を目にしやすいにしているのです。

価値が低い情報は排除する

Facebookでは度々フェイクニュースが話題に挙がりますが、プラットフォームを運営する企業にとってそのプラットフォームの健全化は非常に重要なテーマとなります。もしフェイクニュースのような悪質な情報ばかりがFacebookで表示されるようになりますと、ユーザーはFacebookを利用しなくなります。

前述の通り、ユーザーにとって価値のある情報を手に入れやすくするためには価値が低い情報が排除されるような仕組みになる必要があります。アルゴリズム改善の中にはこのようなユーザーにとって価値が低いであろうコンテンツの対策を日々進めている状態です。

 

まとめ

Facebookのアルゴリズム変動に関して解説しました。Facebookが大切にしている考えとしては、Facebookを活用しているユーザーにとって価値の高いコンテンツを提供し、質の高い時間を過ごせるかどうかという観点かと思われます。

以上を踏まえると、企業もただ自分たちが伝えたい情報を提供するのではなく、そのユーザーにとって価値がある情報は何なのかというユーザー視点で考えていく必要があります。Facebookを活用したプロモーションを検討している担当者の方はぜひユーザー視点での施策を実施していただければと思います。

Facebookでの施策を実施していく上で、動画を用いたプロモーションを検討している場合はプルークスにご相談ください。上流の設計から動画制作まで支援することも可能なので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?
プルークスへの相談はこちらから

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ