動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【事例紹介】インスタグラムを利用したマーケティングのポイント解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内での利用者が増え続けている、若い方に人気のSNS「インスタグラム」でマーケティングを行っている企業はたくさんあります。しかし、マーケティングで活用する場合、「どのような企業や商材がインスタグラムと親和性が高いのか」、「どんなマーケティング方法が有効なのか」などの詳細を知っておく必要があるでしょう。そこで、今回はインスタグラムの機能を使ったマーケティング方法や事例をいくつかまとめてご紹介します。

 

利用者が増え続けているインスタグラム

現在、人々のコミュニケーションツールとして幅広く浸透しているSNSですが、その中でも10代~20代の若い女性ユーザーが多いのがインスタグラムです。日本国内だけでも年々利用者は増え続けており、2017年時点の月間利用ユーザー数は2,000万人を突破しております。他の有名なSNSと比べてもインスタグラムのユーザー数の伸びは最も大きく、今後も伸びていく期待は高いです。

また、様々な企業がインスタグラムのアカウントを使い商品のPRを行っており、今や他のSNSに引けを取らないぐらいに成長したと言えるでしょう。

 

インスタグラムでのマーケティング

そんな日々成長しているインスタグラムを活用してマーケティングを行いたいと考える企業は多いです。そこで、「インスタグラムでのマーケティングが向いている企業や商材」、「マーケティング方法とポイント」についての情報をまとめてみたので、是非、参考にしてください。

インスタグラムでのマーケティングが向いているのは?

インスタグラムは会話ではなく写真や動画が主体のソーシャルメディアです。2017年の流行語大賞にインスタグラムで映える、評価される写真のことを指す「インスタ映え」という単語が選ばれるほど今の若い世代の中でインスタグラムのソーシャルネットワークは浸透しています。そのため、インスタグラムでたくさんのユーザーを獲得することができれば、大きなマーケティング効果を得ることができるでしょう。

しかし、インスタグラムは写真や動画がメインのコンテンツのため、マーケティングに向いている企業と向いていない企業で大きく分かれてしまいます。
例えば、アパレル系・コスメ関係・食品グルメ・ECサイトなどのビジュアルに魅力があるコンテンツとの親和性が高いのに対し、金融系・無形商材などの写真だけでは詳細が伝えられないサービスのマーケティングにはあまり適していません。自社のサービスや商品がインスタグラムでのマーケティングが向いているかどうかは最初で把握しておくようにしましょう。

インスタグラムで行われているマーケティング方法

写真や動画を投稿してPRする

基本的なマーケティング方法として行われているのは、自社のアカウントを作成して、アカウントから情報を発信する方法です。多くの企業が取り組んでおり、インパクトがある写真や動画を投稿しながらユーザーの関心や購買意欲をどのように刺激するか、日々、試行錯誤されていることでしょう。
自社のアカウントで投稿やPRを続けることで、徐々にフォロワー数・エンゲージメント・関連ハッシュタグを増やしていくことができるので、商品やサービスを知ってもらいキャンペーンの宣伝をしたい時にも効果的です。

インスタグラマーを起用してPRする

インスタグラマーとは、インスタグラムに投稿することで多くのユーザーに影響を与えることができる人のことです。影響力があると言えば、インスタグラムで投稿を行っている芸能人やモデルもインスタグラマーとなりますが、一般人にも大きな影響力を持つ方はたくさんいます。
そんなインスタグラマーに自社の商品やサービスをPRしてもらうマーケティング方法はとても高い効果を得ることができます。

しかし、インスタグラマーの中でもジャンル別で分かれており、ファッションやコスメが中心の方もいればグルメに関する投稿を主に行っている「デリスタグラマー」もいます。インスタグラマーの起用を考えている場合は、その方が普段どのような雰囲気で、どんな内容の投稿をしているのかを調べてから選ぶようにしましょう。

【インスタグラマー起用事例】
大丸・松坂屋×デリスタグラマー「miku」
大丸・松坂屋のバレンタインチョコレートをPRした投稿で、チョコレートを並べるお皿やレイアウトにこだわり、美味しそうなビジュアルを引き立てた秀逸な1枚で大きな反響を得ています。

引用元:miku_colorsさん・「* 2018.1.16 . 「YVAN VALENTIN」のイヴァン トリュフ…」

マーケティングのポイント

インスタグラムでマーケティングを行う際に、知っておくと役に立つ情報がいくつかあります。ここでは、インスタグラムのマーケティング効果をアップさせるポイントを3つご紹介します。

ポイント1.人気のハッシュタグを押さえておく

インスタグラムでマーケティングを行う際に、意識して活用すべきものは「ハッシュタグ」です。インスタグラムではハッシュタグを利用して様々な投稿を探すユーザーが多いため、人気があるハッシュタグや、独自のオリジナルハッシュタグなどを作成して活用することで、より多くの方が投稿を見てくれるようになります。

【ハッシュタグを有効活用した事例】
岐阜県の観光サイトである「ギフマッチ」ではオリジナルのハッシュタグ「#ギフマチック」を作り、そのハッシュタグをつけて投稿された画像や動画を、ホームページに掲載するという形で活用しています。ユーザーの体験や感想をハッシュタグで募りホームページで共有する方法は、観光地の情報を広めるのにとても高い効果を発揮します。

引用元:岐阜の観光情報発信サイト『GiFUMATiC -ギフマチック-』

ポイント2.アカウント内の統一感を意識して写真や動画を投稿する

フォロワー数を増やすためには「投稿内容の統一感」を大切にすることがポイントです。
投稿内容に興味をひかれたユーザーは、フォローするかどうかを判断するためにプロフィール画面を確認しにくるかと思います。その際にサムネイルがバラバラだと、自分が欲しい内容の投稿が少ないと感じてしまうかもしれません。できるだけ統一感を持たせて、投稿に興味を持ってくれたユーザーがフォローしやすい土台作りをしましょう。

ポイント3.宣伝感を抑えてクリエイティブな投稿を目指す

インスタグラムはユーザー数が増加した現在も、広告を最小限に抑えてユーザーファーストなスタンスを大事にしています。そのため、ユーザーもプライベートな内容を投稿し、自身の趣味や趣向に合った投稿を見るのを楽しんでいます。そのため、インスタグラムを活用したマーケティングを行う場合は、ユーザーに受け入れてもらいやすくするために、宣伝感を抑えたクリエイティブな画像や動画の投稿を意識するようにしましょう。

 

動画機能を使った効果的なマーケティング方法

インスタグラムには様々な動画機能があります。PR動画を作る際や投稿する際に動画機能を活用して、効果的にマーケティングを行いましょう。

ストーリー機能を活用

インスタグラムには投稿後24時間で自動消去されるストーリーという機能があります。投稿したストーリーは画面上部の目立つ位置に並べて表示されるため、通常の投稿よりもユーザーの目に留まる可能性は高くなります。その他にも、どれくらいのフォロワーがストーリーを見たのか確認できる足跡機能や、24時間キャンペーンなどの紹介動画にも使われることがあります。また、投稿したストーリーが24時間経過しても削除されないようにプロフィール上に掲載する「ハイライト機能」もあるので、有効的に活用してください。

【ストーリー機能の活用事例】
ファッションブランドのH&Mはストーリーで、しっかりと作り込んだ新商品の紹介、キャンペーンに関するお知らせ動画を配信しています。多少クオリティが低くても問題がないストーリーで、ハイクオリティな宣伝動画を配信する戦略は、H&Mの上品さと高級感を引き立てています。

引用元:H&Mさん(@hm)・ Instagram写真と動画

「ブーメラン機能」でインパクトがある動画を投稿

ブーメラン機能とは10枚の連写した静止画を1つにつなぎ合わせて作る動画のことです。普通の動画と違う雰囲気や印象を演出できるので、セール期間のアピールなどのインパクトが欲しい宣伝を行う際に積極的に活用していきましょう。

 

ポイントを押さえてインスタグラムを有効活用しよう

インスタグラムでマーケティングを行う際は、インスタグラムと自社商品・サービスの親和性があるかどうかを見極める必要があります。また、ユーザー層やインスタグラムの特徴を押さえておかなければ、思うように効果を得ることは難しいでしょう。

しかし、インスタグラムは現在もどんどんユーザー数が増えており、マーケティングに活用できる機能も増えています。マーケティング方法やポイントをおさえて、上手く機能を活用しながら、今のうちにインスタグラムでのマーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ