動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

LINE動画広告の成功ポイントはターゲティング!流れと企業事例も紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加

現在多くの運用型広告がある中、特に注目されている広告の一つにLINE動画広告があります。現在国内の大半がコミュニケーションツールとしてLINEを利用しており、多くの人が一日にLINEを多く確認しているかと思います。

そのようなLINEプラットフォームを各企業も注目しており、広告出稿先として検討しているケースが多いです。今回はそのLINE動画広告を実際に出稿する際のターゲティングのポイントや実際の事例を紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

LINE動画広告とは?

LINE動画広告「LINE Ads Platform」

「LINE Ads Platform」は2016年6月に提供が開始された運用型広告メニューのことを指し、LINEによる広告を可能にしているサービスになります。

提供開始当初は掲載できる広告枠がLINE内のタイムラインやLINENEWSのみでしたが、2018年4月には掲載できる枠とプランやフォーマットなども変化してきています。

 

LINE動画広告が注目を浴びている理由

 

企業担当者が今後注力したい広告は上記の通り、ラインのインフィード広告が30.9%と一番注目を浴びている広告の出稿枠になります。LINEの広告枠は画像が動画のどちらかを出稿することが可能となっており、近年は特に動画広告の注目が集まっていることから、LINE動画広告の出稿を検討している企業は増えています。

 

LINE動画広告のメリットは?

それでは具体的にLINE動画広告を利用するメリットは何になるのでしょうか。3つの理由を紹介していきます。

ユーザー数が多く、他SNSにはないユーザー層

まずLINE動画広告を配信できるコミュニケーションアプリ「LINE」を利用しているユーザーは6,800万人と言われており、非常に多くのユーザー数を抱えています。日本国内の半数以上がラインを活用している状態なため、多くの対象にリーチができますし、年齢や性別なども幅広く訴求することが可能です。

そして、LINEを利用しているユーザーはそもそもLINE自体へのアクティブ率も高いため、訴求する効果も一定以上の効果を期待できます。また、他にも広告出稿ができるfacebookやTwitterなどのSNSでは訴求できない層もLINEを利用しているケースが多くある点などは非常に魅力的な広告出稿枠となります。

LINE内の複数ジャンルの広告枠を利用できる

LINE動画広告はコミュニケーションアプリであるLINE以外でも、LINE関連サービスで広告を出稿することができます。例えば、LINE NEWSやLINE漫画などでも広告出稿が可能です。これらによって、目的やターゲットを考えたときに、適切な広告枠を選択することができます。

競合が他SNSより多くない

広告出稿先として有名なのはリスティング広告やfacebook広告、そして近年だとTwitter広告やInstagram広告などをよく利用されることがあります。LINE広告ももちろん有名で利用されてきていますが、他のSNS広告と比べるとまだ使っている企業が少ない現状です。そのため、競合が少ない状態でチャレンジができる可能性があるため、ターゲットとなるユーザーを独占して獲得できるチャンスがあります。

 

LINE動画広告を利用する場合の流れは

それでは、具体的にLINE動画広告を出稿する際はどのような手順になるのでしょうか。詳しく解説していきます。

目的を明確にし、ターゲットを選定する

まずは広告を開始する目的を整理しましょう。集客が目的なのか、企業が商品のブランディングが目的なのかを整理し、さらに具体的にターゲットとなるユーザーはどのような年齢で性別なのかを考えましょう。上記で考えた内容次第ではLINE広告が適していない可能性もあるので、LINE広告の特徴と重ね合わせたときに適切かどうか判断してください。

目的やターゲットに合わせて、広告枠を決定する

目的とターゲットが決まったら、次はLINE広告の中でもどの広告枠にするかを決めましょう。LINE広告枠は現在だと5つの選択肢があり、タイムライン、LINE NEWS、LINEマンガ、LINE Blog、LINEポイントがあります。

それぞれの枠ごとに特徴や利用ユーザー層、利用シーンが変わりますので、今回の広告目的に合わせて考えてみてください。例えば、ターゲットが学生に近く、訴求したい内容がエンタメ領域の場合は、LINEマンガの相性が良いかもしれませんし、主婦層をターゲットにしている場合はLINEblogの相性が良いかもしれません。

各広告枠の特徴に関しては下記記事にて詳細に解説しておりますので、ぜひ読んでみてください。

LINE動画広告「LINE Ads Platform」とは?特徴や掲載する流れを徹底解剖!

LINE動画広告「LINE Ads Platform」とは?特徴や掲載する流れを徹底解剖!

決められた広告枠に合わせて、動画を制作する

広告枠が決まりましたら、決められたルールに則ってクリエイティブを制作します。動画広告を利用する場合は、動画の制作となりますが、制作時はどのようなユーザーがどのような場面で動画広告を視聴するのかを考えてみましょう。ペルソナ像を明確にした上で動画を制作することで、よりユーザーに興味を持ってもらえる可能性が高くなります。ペルソナを用意する上でのコツに関しては下記記事にてまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。

動画制作にペルソナは必要?重要性や設定する際のコツをご紹介

動画制作にペルソナは必要?重要性や設定する際のコツをご紹介

 

ターゲットのセグメントで注意するポイントは?


出典元:マーケティングリサーチキャンプ

LINE広告を配信する際に企業が気を配っていることは上記の図の通りになります。特に高い割合を占めているのは配信する広告クリエイティブとその広告の配信先となるターゲットのセグメントになります。今回はこのターゲットのセグメントに関して、詳しく解説していきます。

ターゲット像を明確にする

LINE動画広告に限った話ではありませんが、まずは広告配信を明確にする必要があります。提供しているサービスを誰に届けたいのか、どの場面で利用して欲しいのか、どれくらいの頻度で利用して欲しいのかなど、利用されている人や場面がより明確になればなるほど、ターゲットも明確になります。ただ年齢や性別だけで選定するのではなく、そのターゲットをより深掘り、誰よりもサービスを使うターゲット像を理解することが重要です。そうすることで、広告配信する対象となるターゲットが明確になり、同時に配信すべき広告クリエイティブも固まってくるでしょう。

ターゲットに適切なタイミングで広告配信する

出典元:supership

ターゲットが明確になった場合、次はそのターゲットに合わせて出稿する広告枠を決める段階になります。元々LINEはユーザーが登録する際に個人情報などを入力する項目が少なく、広告配信をする際に細かいセグメント別に配信することが難しいサービスでした。しかし、2017年の10月にSupership株式会社と提携したことで、今まで以上に精度の高い広告配信が可能になりました。具体的にはLINEが所有していたユーザーのデータに、Supershipが所有しているユーザーのデモグラフィックデータや興味関心データ、広告主が所有する会員情報などのデータを掛け合わせで利用することで、今まで以上に精度の高いターゲットのセグメントが可能になりました。

ユーザーの性別や年齢だけではなく、過去の行動ログも参考にしながら、対象ターゲットに適切なタイミングで広告配信を行い、より高い効果を期待しましょう。

広告出稿後に、効果検証を常に行う

ターゲット選定し、広告出稿を行なったら終了だと考えている人がいたら、その考えは改める必要があります。広告出稿した後にいかに検証し改善できるかが、その広告の効果を最大化できるかどうかに繋がってきます。配信した広告の反応を見て、効果が悪い場合は、ターゲティングが悪いのか、それともクリエイティブが悪いのか、仮説を立て、改善を行い、また検証を行うというサイクルを回し続けましょう。その運用する中で適切なターゲティングも見えてくるはずです。

企業事例

みずほ銀行


出典元:ソーシャルメディアラボ

みずほ銀行はテレビのCMで使われている内容と連動した動画広告をLINEタイムラインで配信しています。

CMと連動しているので、ユーザに認知されやすくなっており、またユーザーにとってお得なキャンペーンの告知もこの広告枠を利用して行なっています。

Hidden City


出典元:ソーシャルメディアラボ

スマホアプリである「Hidden City」はLINEタイムラインにて動画広告を配信しています。クリエイティブが新聞の紙面となっており、ユーザーの興味を引き寄せ、動画内ではプレイ動画を視聴でき、そこからそのままアプリのダウンロードまでを促進する仕様となっています。

モバイルストライク


出典元:マーケティングリサーチキャンプ

モバイルストライクはスマホアプリとなっており、こちらもLINEのタイムラインに広告を出稿しています。画像にあるクリエイティブを見ていただければわかる通り、文言はターゲティング先となる年齢を出港する広告ごとに分けており、動画内容は実際のプレイ画面が流れる仕様となっています。ゲーム広告は比較的、訴求する際に年齢を伝えるケースが多くあります。

教育系の広告


出典元:マーケティングリサーチキャンプ

教育系の広告は対象が実際に通う生徒ではなく、その親がターゲットとして配信されているケースが多いようです。このようにターゲットは一概にそのサービスを利用するユーザーではないケースもあるので、サービス業界の理解も必要になってきます。

 

まとめ

LINE動画広告は今注目を浴びている広告の一つです。これらの広告をうまく使えるかどうかは広告出稿側がいかにターゲットと向かい合い、適切な運用を行えるかにかかってきます。ぜひ、本記事を参考に広告運用を行なっていただければと思います。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ