動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【最新事例つき】Twitterにおける動画活用のメリットとは



このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEに続き国内で二番目にMAU(月間アクティブユーザー)が多いと言われるTwitter。2019年8月時点でのMAUは4,500万人と、3番目に多いInstagramの3,300万人と比べても圧倒的なユーザー数を誇っています。 国内で圧倒的に多くのユーザーにリーチできるTwitterはマーケティングにおいても非常に重要な媒体となります。中でもTwitterと動画は相性が良いと言われており、本記事ではその理由や具体的な活用事例をご紹介します。 

 

Twitterがマーケティングに欠かせない理由

マーケティングにおいて重要な考え方の一つに、ターゲット層の態度変容を表すファネルという考え方があります。AIDMAやAISASなどが有名ですが、Twitterがマーケティングにおいて重要な理由はこのファネルの各ステップにいる全てのユーザーに対するアプローチが可能なためです。 

一例として認知→興味・関心→比較・検討→購入のいわゆるパーチェスファネル、継続→紹介→発信のインフルエンスファネルで考えてみましょう。認知→興味・関心のフェーズのユーザーに対しては、Twitter広告やツイートなどの定常的な投稿によりユーザーへのアプローチが可能ですし、いいねやリツイートの数で定量的にその効果を測ることも可能です。比較・検討→購入→継続のフェーズのユーザーに対しても、ツイートによる情報提供やツイッターを活用したキャンペーンによってユーザーを一つ先のステップに動かすことができますし、企業アカウントのフォロー数やTwitterのリンククリック数などで実際にどの程度の効果があったのかの定量的な分析が可能です。さらに購入・継続したユーザーがその企業や商品のファンになる中で、口コミが拡散されやすいTwitterのSNSとしての強みが活きるでしょう。 

 

Twitterは動画と相性が良い 

Twitter社の公式ブログによると、Twitterユーザーの82%がTwitter上で何らかの動画を視聴しているそうです。また、動画付きのツイートは文字のみのツイートと比較すると、2.5倍のリプライ数、2.8倍のリツイート数、1.9倍のお気に入り数を獲得することに成功しており、動画を活用した方がより高いマーケティング効果を得られることが分かっています。 

 出典 New research: Twitter users love to watch, discover and engage with video 

 

Twitterマーケティングで有効な動画制作のコツ

時間短縮、音声オフが重要 

Twitter社によると、Twitter上での動画は30秒以上のものよりも15秒以下の方が記憶に残りやすいそうです。これはテレビとは逆の傾向となっており、Twitterというユーザーが忙しなくタイムラインをスクロールしているが故の特徴でしょう。 

また、動画の最初の3秒は音声なしでユーザーの興味を惹きつける仕掛けが必要です。さらに、音声は音楽よりも会話の方がより効果的だと言います。  

出典:Twitterで魅せる動画を作成 

受容度のタイミングを考える 

タイムライン上の動画に対して、ユーザーがそのコンテンツを受け入れるかどうかという受容度はTwitterを開いた時が最も高いと言われています。タイムラインに最初に表示された場合、そうでない場合と比較して様々な指標で平均22%効果が高くなります。 

スクロールを止めるためのポイント 

忙しなくタイムラインを閲覧するユーザーの興味を惹きつけるには、いくつかのポイントがあります。下記の4つの要素を盛り込むことで、タイムライン上でスルーされない、ユーザーの興味を惹きつける動画になります。 

  • 早いストーリー展開 
  • 話題性のあるコンテンツ 
  • 人間の存在 
  • テキストや字幕  

出典:Twitterで魅せる動画を作成 

 

Twitterでの動画活用事例 

コカ・コーラの事例 

‎コカ・コーラは、スペインにてクリスマスに「#EstamosMásCerca(もっと触れあおう)」というハッシュタグを活用したキャンペーンを実施しました。300万回再生を達成したこの動画では、スペイン人の国民性を考慮したナレーションづくりをTwitterのパートナーシップ部門と協力して実現したことが成功のポイントになりました。 

出典:コカコーラ、インストリーム動画広告を活用し、クリスマス広告の認知度を拡大 

タカラトミーの事例 

大手玩具メーカーのタカラトミーの事例です。同社は2016年にリニューアルした「人生ゲーム」について、リニューアル前に話題性を高めることを目的にTwitterを活用しました。企画の内容は、空港のトランクレーンを人生ゲームに見立て、まるで人生ゲームのように様々な出来事が起こる様子を動画にしました。もともと認知度のあるゲームであるがゆえに人々の関心は高く、270万回再生を実現しました。 

出典:大手玩具メーカーの動画コンテンツがオーガニックで拡散 

 

さいごに 

すでにSNSマーケティングや広告投資の一環でTwitterを活用している企業は少なくないかもしれませんが、動画を活用している企業はまだ多くはないでしょう。Twitter公式も動画はTwitterと相性が良いと言及していますので、ぜひ皆様も動画の活用を検討してみてはいかがでしょうか。  動画制作、動画マーケティングにご興味のある方はぜひプルークスにご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ