動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画配信プラットフォームとは?YouTubeとの違いとそのメリットに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画コンテンツはマーケティングや学習ツールとして、企業や法人も広く活用しています。「でも、動画配信はどう行えばいいの?」というマーケティング担当者のために、動画配信サービスを行っているプラットフォームの種類や特徴についてご紹介していきます。

今やPCだけでなく、スマートフォンでもいつでも見たいタイミングで動画を視聴できるようなりました。そのため、マーケティングとして動画配信サービスを利用し、コンテンツをターゲットに向けて発信する企業も増加しています。そこで今回、動画配信のプラットフォーム最大手「YouTube」や、有料の動画配信プラットフォームの詳細やメリットについてご紹介します。用途や目的に応じて、最適な動画配信プラットフォームを利用し、動画コンテンツのパフォーマンスを最大に発揮しましょう。

動画配信プラットフォームの種類について

PCやスマートフォンを利用して様々な動画コンテンツを視聴ができますが、その動画を配信する際に必要となるシステムが「動画配信プラットフォーム」です。企業がマーケティングによって販売促進や、eラーニングのコンテンツ配信を行っています。このように、動画コンテンツを持っている企業が、動画配信プラットフォームを利用して、動画を配信していく動きが高まっています。

 YouTubeと有料動画配信プラットフォームとの違い
動画配信プラットフォームには大きく分けて「無料のもの・有料のもの」と2種類あり、動画配信と聞いてすぐYouTubeを思い浮かべる人も多いです。YouTubeは、無料の動画配信プラットフォームですが、企業独自のサイト内で配信できる有料の動画配信プラットフォームもあります。まずは、それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

 YouTubeの特徴

・配信する側が、動画コンテンツを共有、拡散、認知度を上げたい場合に、無料で簡単に利用できる

・広告収入はYouTubeが決めているルールがあり、それに従う必要がある

・「セキュリティ面」や「コンテンツ権利の保護」を重視したい場合には不向き

 

有料動画配信プラットフォームの特徴

・広告出稿や、閲覧する際の料金制度など、コンテンツを配信する側で収益のルールを決めることができる

・動画を配信するだけでなく、様々な機能を利用して効果的にマーケティングを行うことができる

・視聴制限をかけるなど、コンテンツ権利を保護することができる

・目的や用途によってはランニングコストが高くなる

 

動画配信プラットフォームの必要性やメリット

PCやスマホの利用が主流になった今、ターゲットが求めている情報をいち早く届けるためにも、動画などの配信サービスは欠かせないものとなっています。また、企業のマーケティングや宣伝をするなら、動画がいつ・どれくらい再生されたのか、ユーザーが離脱したタイミングなどを知る必要があります。有料の動画配信プラットフォームなら、それを分析し、ニーズを把握して売り上げに繋げていくことができます。

 

導入するメリット

動画配信プラットフォームを利用することで、企業が得られるメリットについて見ていきましょう。

動画コンテンツの管理が簡単

動画配信プラットフォームに動画を上げておけば、ラベルやタグづけをすることで動画コンテンツが管理しやすくなります。検索してすぐに探せますし、誰にでも操作がしやすいので、運用も楽に行えます。

 

必要に応じて動画プレーヤーを選べる

動画コンテンツの内容やターゲットに応じて、動画再生用のプレーヤーをカスタムして使いやすいようにすることができます。例えば、動画の再生が完了したら、問い合わせページのリンクが表示できたり、関連性のある動画をサムネイルで表示したりすることができます。それによりサービスの申し込みや、購入してもらうための行動を促すことができ、動画マーケティングとして成果を出すことができます。

 

動画の再生数などを分析できる

動画ごとに、再生回数や視聴完了率、動画の離脱したポイントなどを細かく分析することができるので、よりパフォーマンスの高い動画コンテンツ作りを目指すことができます。

 

動画配信をアクセス制限できる

動画を再生する期間や地域、アクセスする対象の制限が可能です。コンテンツや目的に応じて制限をかけることで、より動画マーケティングの可能性を広げていくことができます。

 

ターゲットの視聴状況を把握できる

これはメールを利用して動画をおすすめするサービスですが、動画が試聴されたかどうかの確認や動画の視聴時間などを把握することができます。それによって、ターゲットの興味・関心、申し込みや購入をどれくらい検討しているかという情報を追跡し、営業戦略へと繋げることができます。

複数のサイトへも一括で配信できる

動画コンテンツを自社のサイトへアップロードするだけでなく、他の動画チャンネルへ配信する場合でも、一括で複数のサイトへ配信することができます。また、動画の情報修正をする場合にも、プラットフォーム一か所で修正するだけで、全ての配信先で反映されます。

 

最適化ツールでA/Bテストの手間を省く

動画コンテンツをより良い状態で配信していくためには、その動画配信の環境をA/Bテストを行いながら改善していくことが求められます。例えば、サムネイルを切り替え、動画を変更していき要素の切り替えや組み合わせの変更を行っていきます。1つ1つを修正していくと手間や時間がかかりますが、最適化ツールを使うことで、その手間を大幅に時間短縮することができます。

 

動画配信プラットフォームが必要な分野とは?

動画配信プラットフォームは、企業のマーケティングや教育関連など、用途やシーンに応じて幅広い分野で有効活用されています。そこで、その中から3つに焦点を絞って見ていきましょう。

eラーニング

パソコンとネット環境が整っていれば、時間や場所を選ばずに学習できるeラーニングは、学習形態の1つとして浸透しています。資格取得のための講座や、社内研修などの現場で活用されています。利用するメリットは受講者だけでなく、運営・コンテンツを提供する側にもあり、個人の進捗状況確認や、学習テキストをペーパーレスにすることができます。

デジタルサイネージ

商品やサービスの広告として、ディスプレイを利用したのがデジタルサイネージです。動画配信サービスを利用することで、情報の更新がすぐにできるため、リアルタイムでターゲットに発信することができます。また、動画を配信することで、写真やイラスト、文字などにはない情報も、詳細に効率よく伝えることができます。

中型・大型のものは店舗前などに設置すると集客効果も高いため、利用する店舗も増えています。

 webサイト誘導

動画を視聴したターゲットをwebサイトへ誘導するために、動画にリンクを埋め込んで、アクセスを増やす方法があります。画面に表示されるタイミングや位置などを設定することができ、リンク以外にも商品情報や申し込みの促進などを行うことができます。

動画配信プラットフォームを選ぶポイント

YouTubeなどの動画配信プラットフォームは、無料なので気軽に利用することができます。それに対して有料の動画配信プラットフォームは、機能やサービスも様々です。目的や用途に応じて選ぶ必要がありますので、その時にチェックしておきたいポイントを確認してみましょう。

 

・PC、スマートフォンなどマルチデバイスへ対応している

・動画配信に関してのテクニカルサポートがしっかりしている

・安定した環境で配信を行うためにも、運営会社がしっかりしているか確認する

・費用形態を確認する(従量課金か、定額課金か)

・配信方式を確認する(プログレッシブダウンロード、ストリーミング配信、DAM配信、ダウンロード配信)

 

有料の動画配信プラットフォームならではのメリットを活用

企業のマーケティングで動画配信を行っていくなら、有料の動画配信プラットフォームを利用してはいかがでしょうか。無料で利用できるYouTubeとは異なり、ターゲットの動画の視聴状況を把握・分析でき、動画コンテンツの管理も楽に行うことができます。

有料の動画配信プラットフォームは、サービスを提供している運営会社によってもその内容や金額などの詳細が異なってきます。そのため、動画配信を行う目的や、それによってどのような成果を上げたいのかという点を明確にしておくことが必要です。それに応じて最適な動画配信プラットフォームを選ぶことで、動画コンテンツのパフォーマンスを十分に発揮していくことが可能となります。

動画を配信して情報を提供する側・それを求めて情報を受けとるターゲットユーザーの両者が、より高い満足度を得るためにも、ぜひ動画配信プラットフォームを活用していきましょう。

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ