動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

最近耳にするVtuberとは一体何?特徴から実際の企業事例まで徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年スマホによる動画視聴をするユーザーが増えており、動画プラットフォームYouTubeで動画配信を仕事として行うYouTuberという存在も世の中に浸透されてきています。そして、今はそのYouTubeに動画配信するYouTuberが人ではなく、3Dモデルのキャラクターを通して配信する「VTuber」という存在が徐々に周知されてきています。

今回はこのVTuberについて特徴から今後の展望などを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

VTuberとは?

そもそもVTuberとは一体何者なのでしょうか?冒頭でもお伝えした通り、3Dモデルのキャラクターが映像では出演しているのですが、特徴的なのは配信システムになります。

VTuberの配信システム

VTuberの仕組みは動画配信する人の体にモーションキャプチャーを取り付け、その人の動きや撮影しているカメラの画像認識技術により表情などを読み取り、それらをリアルタイムでキャラクターに反映することができるものとなります。

要するに配信者の動きや声、表情などにより用意しているキャラクターが動く形となるため、生放送などでもリアルタイムに視聴者とのコミュニケーションを取れる仕組みなのです。

VTuberの現状

現在VTuberは、YouTubeを中心にニコニコ動画やSHOWROOMなどの様々な動画配信サービスでも登場しており、2018年の7月時点でVTuberの総数も4,000人を超え、YouTubeのチャンネル登録数も総計で1,270万人を超えています。

VTuberの中でも一番知名度が高い「キズナアイ」の場合は、YouTubeの登録チャンネル数は約217万人を超えているのです。キズナアイは日本政府観光局の訪日促進アドバイザー就任などもしており、海外向けの日本文化PRなど、様々な活動をしています。現在これらのVTuberとのタイアップをしたマーケティングをする企業も増えていますし、企業自身で独自のキャラクター制作やマーケティング支援などのVTuber事業を手掛けている企業も増えています。

例えば、グリー株式会社は2018年にVTuber事業に100億円規模の投資を行なうと発表しました。また、株式会社サイバーエージェントもVTuberのマネジメント事業に特化した新会社「Cyber V」を設立したりと非常に市場の動きは活発になっており、今後ますますVTuberの市場は拡大することが予想されています。

VTuberを用いたマーケティングメリットは?

現在世の中で流行ってきているVTuberですが、企業がタイアップする際や実際に事業を手掛ける際にどのようなメリットがあるのでしょうか?

人よりもスキャンダルリスクが低い

企業がプロモーションでインフルエンサーなどの著名な人物を使う際に懸念としてあることは、その人がスキャンダル等を起こすことで企業への損害に繋がることがあります。

特にプロモーションに多くの費用を投下する場合は慎重に検討することがありますが、VTuberの場合はあくまで仮想のキャラクターで、マネジメントがしやすいためそのリスクを軽減することが可能です。

個人への誹謗中傷を避けられる

インターネット上では、現在多くの著名人が誹謗中傷に晒され、個人を責めることが日常化されていますが、VTuberの場合は個人とは別人格のキャラクターが出演しているので、個人が攻撃されるという状態を回避することができます。

このことは、VTuberをマネジメントする事業等を行う企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

複数人でのVTuberを運営できる

VTuberはあくまで仮想キャラクターで人とは別人格のため、複数人でキャラクター運営をすることができます。そのことでプロモーションの内容や時間的制約も人が配信するよりも柔軟に対応することが可能になるのです。

一方で全く違う人間が運営するとなると、視聴者によっては違和感を覚える形となり、ファンではなくなるリスクもあるので、運営ルールなどは念密に設定する必要があります。

VTuberを用いた実際の事例は?

それでは、実際に企業がVTuberを用いた事例を紹介していきます。

ローソン

ローソンはVTuberで知名度が高いキズナアイとタイアップをし、プロモーションを行っています。内容としては全国にあるローソンの店舗でコラボキャンペーンとして、オリジナル商品の販売やコラボ店舗のオープン、店内放送などを行い、ローソンへの集客を行うためのプロモーションとして配信されています。

ロート製薬

YouTubeの登録チャンネル数が1万7,000人であるVTuber「根羽清ココロ」はロート製薬の公式VTuberになります。もともと配信者はロート製薬の社員をやりつつ、副業としてVTuberを行なっていました。そして、当社から公式にロート製薬の公式YouTuberの誘いを受け、今に至っています。

こちらのチャンネルではロート製薬とは関係のないことから、ロート製薬のプロモーションに関する配信などを行なっています。

まとめ

現在注目され始め、市場としても大きくなりつつあるVTuber市場。皆さんの企業でも新しいプロモーション施策の一つとして考えうる手法かと思います。自社でVTuberを用意する方法もあれば、タイアップとして有名VTuberを登用することもできます。ぜひこちらの記事を参考に、検討してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ