動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

改めて知りたい、有名3大動画投稿サイトの徹底比較!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在動画市場は急激に成長しており、動画投稿サイトも様々なサービスがあります。有名なサービスで例を挙げるとYouTubeやニコニコ動画などがあるでしょう。

どのサイトにもそれぞれ独自の特徴があります。では、これらはどういったサイトなのか、また、どのような場合はどのサイトに投稿すればいいのか、視聴する場合はどのサイトにどういった動画があるのか、といったことも含めてまとめてみたいと思います。

 

YouTube

出典元:YouTube(https://www.youtube.com/)
YouTubeはご存知の通り、世界最大の動画投稿サイトです。最近では「ユーチューバー」という言葉もよく聞くようになりましたが、これはこのYouTubeに動画を投稿して、その視聴数によって収益を上げている人のことを指します。動画に収益を上げたい場合、このYouTubeが一番でしょう。何といっても視聴者の数が違います。YouTubeは特に会員登録(Googleアカウントの取得)をしなくても、ほとんどの動画をいつでも気軽に視聴することができるのが特徴ですが、動画を投稿する場合はこの登録が必須になります。また、会員登録をしていて18歳以上の場合、年齢制限がかかっている動画も視聴することができるようになります。

投稿されている動画はチャンネルという単位で扱われます。例えばABCというユーザーが投稿した動画は、ABCというユーザーのチャンネル内に保存されます。動画を投稿するには、まず自分のチャンネルを作成する必要があります。このチャンネルには有料チャンネルというものがあり、そのチャンネル内の動画を視聴したい場合には1ヶ月、もしくは1年単位での課金が必要で、この価格はチャンネルを持っている人が決めることができます。有料チャンネル内でも、無料と書かれている動画は無料で視聴することができます。これは投稿をしたユーザーが動画単位で設定できます。

YouTubeではあまりこの有料チャンネルを使用した投稿は多くありません。視聴する人に課金を要求するより、誰でも自由に見ることができるように投稿し、その動画に広告を付けて、閲覧数によってスポンサー収入を得るユーチューバー方式の方が盛んです。この場合、視聴する人にはまったく負担が掛からず、見てもらった方には収入が入るということになり、どちらにとってもWIN-WINの関係だと表現できるかもしれません。ユーチューバーが多く存在しているのは、投稿者と視聴者の間にこの関係が保てているからだと言えるでしょう。

 

ニコニコ動画

出典元:ニコニコ動画(https://www.nicovideo.jp/)

ニコニコ動画は誕生した時はYouTubeに投稿されている動画に対して視聴者が自由にコメントを付けて視聴できるシステムに過ぎませんでした。しかしその後、独自に動画を保存するようになり、生放送も行えるようになりました。最初からの発展度を考えると、一番成長したサイトかも知れません。動画を投稿するサイトとしては一時期ほど流行っている訳ではありませんが、コメントが付けられるという点を利用して、作りかけの動画を投稿し、その場面場面に付けられるコメントによって改善点を指摘してもらうといったような使い方ができる点はとても便利だと言えます。

YouTubeと同様に有料動画を投稿することができ、その数では(日本人の利用に限っては)YouTubeを上回っているかもしれません。この価格は動画ごとに異なり、投稿した人が設定できます。ニコニコ動画は完全な会員制で、会員登録をしないと動画の視聴はできません。この登録は無料で行えますが、有料のプレミアム会員の登録をすると、重い時間帯でも優先的に回線を使用できたり、生放送が行えたり、見逃してしまった生放送の再放送を見ることができるといった特典があります。

この生放送は「ニコ生」と呼ばれており、誰でも自分の番組を放送することができるのが特徴です。この放送中にもリアルタイムでコメントを付けられるので、そのコメントによってその後の行動を変えるといったスタイルでの放送も多く行われています。この生放送には有料放送があり、そういった放送では1ヶ月単位での課金が必要です。この価格は放送を行っている人によって異なり、チャンネル登録費というものを支払う必要があります。「ネット配信業」と呼ばれる人は、このニコ生でそれを行っていることが多く、収入源はこのチャンネル登録費になります。

自分の番組として好きな時に放送できることと、視聴者とコメントで会話をしながら進めることができる面白さがあり、動画の投稿ではなく、この生放送というスタイルに拘りがある放送者も多いようです。

 

Vimeo

出典元:vimeo(https://vimeo.com/jp)

YouTubeやニコニコ動画と比べると知名度の低いサービスですが、高いクオリティの動画を投稿する場合はvimeoがおすすめです。Vimeoは、YouTubeやニコニコ動画と違い動画投稿するユーザーが自身で制作した動画のみ投稿することが可能で、他者の動画を二次利用した形は基本的には禁止となっています。Vimeoは高いクオリティの動画が投稿されているサービスというブランディングがされているため、他サービスと比べても作り込まれた高品質動画を視聴することができます。

またvimeoはインストリーム広告などがないことも特徴の一つです。視聴者数はYouTubeに大きく差がありますが、ストレスなく高い品質の動画を視聴してほしい場合は最適的かもしれません。実際に様々な企業も高品質な動画を投稿する際に利用されています。株式会社プルークスもその一つの例です。

参考:プルークス(https://proox.co.jp/works/

 

どのような利用をするかによって使い分けが必要!

これらの動画サイトの特徴をまとめてみましたが、気軽に動画を視聴したい人や、動画の投稿によって収益を上げたい人は、YouTubeが最適でしょう。視聴する側は一切課金する必要がないことと、視聴者の数が圧倒的に多いので、収益に繋がりやすいと言えます。動画にコメントを求めたい人や、生放送を行いたい人は、ニコニコ動画です。生放送を視聴したい人も、常に1000番組以上の生放送が行われているので、色々な放送を視聴することができます。有料放送を行って人が集まるようになると、それなりの収益を得ることも可能です。

youtubeの動画広告の詳しい資料はこちらからダウンロード可能ですので、お気軽にプルークスまでご連絡ください。

また、ユニーク視聴者数などの目線から人気動画サイトを比較した記事もありますので、あわせてご参照いただくとより効果的かと思います。

参照記事:最新版・動画サイトランキングでわかる!ユニーク視聴者に選ばれるサイト

マスの視聴者ではなく、一部の限定的なユーザーに対して高いクオリティの動画を視聴してほしい場合はvimeoに投稿するのが良いでしょう。それぞれ動画投稿サイトによって視聴者層の目的や属性も変わってきますので、このような特徴の違いを理解して、貴方なりの動画ライフを楽しんでください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ