動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

YouTubeで拡散される動画を作るには?再生回数アップのポイントをご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTube再生回数アップで拡散される動画を作る

各企業では、動画配信サイトを利用した自社の製品の認知度向上やブランディングに、日夜を問わず力を入れています。これは、タブレット端末などの普及により、動画がマーケティング施策の一環としてより有効になったためです。

今回は中でもユーザー数が多く、かつ間口の広いプラットフォームである、YouTubeで拡散される動画の作成方法やそのポイントをお伝えします。

 

動画がYouTubeで拡散されるには

動画がYouTubeで拡散されるには

YouTubeで拡散される動画には特徴があります。効果的なコンテンツを作るためには、その特徴をつかむことが大切です。ここでは、シェアされやすい動画の特徴をご説明します。

 

ほかの人に教えたくなるような動画

制作した動画が多くの人に拡散されるためには、視聴者の感情を刺激し、共感を得られるような動画を作る必要があります。

例えばコンテンツがストーリー仕立てになっているものや、思わず目を引くような映像美が特徴的なもの、印象的な単語がでてくるなど、つい身近な人やSNSのフォロワーなどにシェアしたくなるような内容が最適です。

このような動画は多くの視聴者の共感を生み、拡散されやすい傾向にあります。たとえ宣伝を目的として制作されていたとしても、コンテンツの脚本を魅力的にすることで「宣伝だから」と離れていく視聴者を引き留めることができます。

 

人々の注意を引くような動画

より多く拡散される動画を作るためには、インパクトのある動画を作ることも大事です。他では見たことのないような内容かつ、革新的な動画にすることももちろん大切です。しかしそういった動画でなくても、短い尺で簡潔に終わる動画も視聴者の印象に残りやすい傾向にあります。

短い時間で視聴できる動画は、家事の合間や通勤時等に視聴しやすい性質を持つため、より多くの人の目に触れる機会が増えます。多くの人が視聴することで、SNSや口コミでさらに多く拡散されます。

 

オリジナリティの高い動画

自社独自の技術や特殊な動画技術を使用した映像のような、他の人が作れない独自性の高い動画は、目新しさや新規性が高く拡散されやすい動画となり得ます。このような動画を制作する際は、映像自体のクオリティを安定させつつ、独自性も重視する必要があります。

ただし、オリジナル性の高い動画を制作する場合には、既に類似する映像が存在しないかを常に調べておく必要があります。事前に幅広く情報収集をするように心がけましょう。

事例:HAL東京 2019年度TVCM 「夢に、嚙みつけ。」篇

 

YouTubeで動画が拡散されるメリット

YouTubeで動画が拡散されるメリット

YouTubeにおいて動画が広く拡散されるメリットについて説明します。

動画が拡散されるメリットには、CMや紙媒体での広告などの従来の方法では得られなかったものもあります。

 

低コストで拡散できる

制作した動画を多くの人にリーチするには、メディアの宣伝費や広告掲載費などがかかります。

一方、YouTubeにアップロードされた動画は、シェア機能を使うことで簡単に共有できるため、宣伝費をかけることなく認知度をあげることが可能です。また、動画をHPに埋め込むことができるため、すぐにSNSで拡散することもできます。

このように、動画を目にした人が思わずシェアしたくなるような内容の動画を制作することができれば、拡散するための費用を殆どかけることがなく、多くの視聴者に情報を届けることができます。

ブランディング効果の向上も期待できる

視聴者の感情を刺激し高い共感を得られるようなコンテンツは、視聴者にシェアされやすくなります。動画が多くの人にシェアされると、企業や商品そのものの知名度アップだけでなく、好印象を抱いてもらいやすくなります。

結果として、ブランディング効果も期待できるようになりますので、視聴者が「シェアしたい」と感じるような、魅力的な動画を制作しましょう。

 

再生回数アップのポイント

YouTubeで拡散される動画を作るには、より多く再生されるためのポイントを抑えておく必要があります。

 

セールス色を出しすぎない

YouTubeにおいて再生回数アップをはかるには、シェアを促して視聴者の共感を得る動画を制作する必要があります。そのため、セールス色や自社の特色を盛り込み過ぎず、視聴者が動画のストーリー性やオリジナル性に好感をもつような動画を制作することが重要になります。

事例:ダヴ リアルビューティー スケッチ | あなたは自分が思うよりもずっと美しい

 

主な販売層を調べる

宣伝したい商品やサービスの主な購買層を狙って戦略を練ることも、再生回数アップには重要な要素となります。

例えば、実際に動画を制作する前に、主に動画を視聴してほしいターゲット層が最も好む動画の傾向や良くスマホやパソコンを使用する時間帯などを分析しましょう。これらの分析結果を元に動画を制作し、配信時間を定めれば、よりよい効果を期待できます。

 

TwitterやFacebookなどのSNSを活用する

有名人の発言やシェアなどによって動画が広まった事例は、多くあります。SNS上で影響力のある人物に拡散してもらうことで、より多くの層の人々が動画を再生します。そのようなSNS上での発言力を持つ人物には、DMを送る術があれば直接連絡を取ることで拡散の依頼をすることができます。インフルエンサーを選ぶ際は、フォロワー数の多い人物や複数のアカウントを利用している人物をメインに選ぶと良いでしょう。

ただし、インフルエンサーによってはコストがかかる場合もありますので、費用対効果を照らして適切な人物を選ぶことが重要です。また、全てのインフルエンサーがDMに反応するわけではないため、依頼の時点で拡散の目的やサービス内容などを明確に伝えるよう心がけなければなりません。

 

まとめ

まとめ

今回は、より拡散される動画を制作し、YouTubeで再生回数をアップさせるためのポイントをご紹介しました。適切な拡散の方法を把握して多くの人々に視聴してもらえれば、自社のブランディング効果を高めることができます。

今回説明した方法は、代表的な例のひとつです。より高い効果を得られる動画制作をお考えの方は、是非プルークスにご相談ください。これまで培ってきたノウハウを駆使し、動画制作のお手伝いを致します。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ