動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

タクシー広告は動画の活用が主流?気になる3つのメリットと実用例

このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシーに乗車した際には、窓の外を眺めたりスマートフォンを触ったりしている方も多いでしょう。ただ、そのふとした瞬間に広告動画が流れると、動画へ意識が向きますよね。このように、タクシーでの動画広告は、他のトレインチャンネルや街頭広告よりも高い注目率を誇っています。今回は、ターゲット層を絞って、少人数のユーザーに向けたマーケティングを行うことができるタクシー広告が持つ、メリットを見ながら主なターゲット層や動画以外のタクシー広告の種類も見ていきましょう。

 

タクシー動画広告は効果あるのか?

広告には数多くのチャネルが存在します。有名なチャネルだとテレビや新聞などのマスメディア広告や電車やバスなどの交通広告、リスティング広告やFacebook広告などのネット広告など数多くあります。この中でタクシー広告は交通広告に分類されますが、このタクシー広告は他チャネルと比べて効果はあるのでしょうか?

交通広告の効果

電車やバス、タクシーにある広告は出勤や通学などで毎日目にする内容になります。そのため、他広告と比べても自然と目に入る「強制視認率」が高く、反復訴求を可能にしているチャネルです。認知を目的とした広告の場合、重要になることは反復で訴求し、ユーザーの記憶にその広告の訴求内容を刷り込ませることです。

例えば、一度しか見たことない広告は翌日には忘れてしまいますが、何度も繰り返し目にすることで自然と頭の中にその訴求内容が記憶され、ふとしたタイミングでその広告内容に関するアクションを行う可能性が高くなります。

交通広告で動画広告が良い理由

出典元:交通広告のポジショニングと広告効果|ジェイアール東日本企画

JR東日本企画の調査では電車で流れている動画広告と中吊りの広告を比べると、広告関心度や購入意向歓喜度が高い数値となっていると発表されています。交通手段を活用しているときは取れる行動がある程度制限されるため、普段以上に受動的に情報を受けやすい環境となっています。

そのようなタイミングで広告を見るときは、動画のように理解しやすいような内容の方が相性良いのです。また、動画は画像やテキストよりも多くの情報量を伝えることが可能です。短い時間でも広告訴求になるので、その中で多くの情報を伝えたい場合に動画広告は効果を発揮します。

交通広告の中でタクシー広告がオススメな点

詳細は後述しますが、タクシー広告を使うメリットの一つとして密室な空間で広告訴求ができる点になります。電車広告だとどうしても様々な広告が多くあり、周りにはたくさんの人もいるため、何か一つの広告に集中することは難しい環境です。

それに対してタクシー広告は乗車しているユーザーに密室空間でダイレクトに訴求することができます。このことにより他の広告媒体以上に高い注目率を期待することができる点でタクシー広告は優れていると言えるでしょう。

 

タクシー広告の種類

タクシー広告には、動画以外も様々な種類があります。種類別の特徴を比較して、マーケティングに活かしてみましょう。

動画広告

CMやPR動画を使用した広告。お客さんの目線の高さに設置されたモニターで動画を流します。そのため視認性が高くなり動画の視聴率を上げることができます。

リーフレット

リーフレットは助手席の後ろに入れられていることが多く、持ち帰ってもらえるのが最大のメリットです。また、興味がないと手に取ってもらえない場合が多いリーフレットですが、裏を返せば顧客に繋がる可能性が高いユーザーが持ち帰ってくれるということなので、広告の効果や集客率が分かりやすいという特徴があります。

サンプリング

タクシーのサンプリングは精算時に手渡しする形式なので、受け取ってもらいやすいです。また、タクシーは一日の走行距離が長いので広い範囲でサンプリングの配布ができることも大きな強みです。

ステッカー

ドアガラスやリアウィンドウ(自動車の後部窓ガラス)に貼られているのを見たことがあると思います。一日中街中を走り回るタクシーは、色々な人の目に止まりますが長い間見てもらえるわけではないので、CDリリース情報や新商品の告知のようにシンプルに伝えることができる物の広告でよく利用されます。

タクシーの広告料金の相場ですが、タクシー会社や走行地域、広告媒体の部数や動画の長さによって、料金は大きく変動する可能性があります。タクシー広告を利用する際は、広告を頼むタクシー会社に直性問い合わせてしっかりと料金プランの確認を行うようにしましょう。

 

タクシー内で見る動画広告が持つ3つのメリット

タクシー広告は、SNSや動画サイトを活用して行う動画広告とは異なる効果が期待できます。そこで、タクシーの車内で動画広告を流すことで得られる3つのメリットを見ていきましょう。

BtoBや高所得者に向けたマーケティングができる

電車や地下鉄といった交通機関が発達している都会では、他の交通機関よりも料金が高いタクシーを使うことを贅沢と感じている人も多いでしょう。実際、タクシーを繰り返し利用するタクシーユーザーの多くは、企業の経営者や役職者、富裕層が多いことも事実です。

このようなことから、タクシー広告は高所得者や企業の意思決定者にあたる方々に向けた商品やサービスのマーケティングに向いています。他の広告チャネルの場合、中々こう所得層を限定したターゲティングは難しいケースもあるので、タクシーならではのメリットになります。

高い注目率で商品を認識してもらうことが可能

タクシーの車内は個室に近い空間なので、音声付きの動画を流すと自然と耳を傾けてしまいます。また、一人でタクシーを利用している場合は、トレインチャンネルや街頭広告と違い、自身に向けて発信されているような感覚になります。

他にも個室に近い空間だからこそ、周りの目を気にすることなく広告を集中できるため、例えばダイエットや育毛などのコンプレックス商材の広告でも、広告の内容をじっくりと確認することが出来ます。

こうしたことから、動画に見入りやすく商品やサービスを認知するきっかけにもなりやすいです。このように、動画に意識を向けて貰うことができるという強みは、マーケティングをする上でとても大きなメリットです。

人・場所・時間に合わせた適切な広告が可能

近年、活用されているタクシー広告の中には、「顔認証」を行いその人に適した動画を再生するという画期的なシステムを導入しているところがあります。顔認証で男性か女性かを判別されることで、ターゲット層を絞り込んだあとに適した動画を再生します。また、タクシーが走行している地域や曜日・時間帯といった情報でも絞り込みができるため、よりターゲット層を絞った広告動画の配信が実現します。

 

タクシー広告のターゲット層と実用例

タクシー広告で得られるメリットは確認しましたが、より効果的にタクシー広告を活用できるように、タクシー広告で獲得しやすい「ターゲット層」や実際にタクシーの動画広告配信を実用したことがある企業のタイプを併せて紹介いたします。

ターゲット層

タクシー広告で狙うターゲット層は、タクシー利用者であることが前提になります。タクシー広告の中にはラッピングやステッカーといった、走行中や停車中に乗車している人以外に向けて広告をする方法もありますが、タクシー広告の利点である「個人や小人数に向けた質の高いマーケティング」で得られる効果を期待する場合は、よくタクシーを利用する層をターゲットとしておいた方がいいでしょう。

【タクシー広告で獲得できるターゲット層】

  • タクシードライバー
  • ビジネスマン
  • 会社経営者や役職者
  • 富裕層
  • 高齢者や主婦

基本的にタクシーを利用する層は、高取得者やビジネスマンが多いです。しかし、足腰が弱い高齢者や荷物が多く子供を連れて歩かなければいない主婦層なども、平日の日中にタクシーを利用されることも多いです。その点も踏まえてターゲティングを絞っていくといいかもしれません。

また、場所によっても利用する層は変わってきます。都心はやはりビジネスマンが多いですが、地方になると交通の便が悪く自動車の運転ができない高齢者などになるので、広告を出す場所なども慎重に考えていきましょう。

広告の実用例

実際にタクシー広告を利用したことがある企業をみながら、どのような商品・サービスのマーケティングに活用できるのか認識を深めて行きましょう。

【タクシー動画広告を利用したことがある企業】

  • 飲料メーカーの企業
  • 映画関連の企業
  • カー用品メーカー
  • レジャー施設
  • BtoB商材企業

過去にタクシーの動画広告を実用した企業例を見てみると、様々な商品やサービスの広告を扱っていることが分かります。その理由は、映画関連の広告なら映画館が多い都心部で積極的に流したりBtoB商材企業の場合オフィス街で動画を流すようにしたりと、一日中広範囲を移動するタクシーならではの工夫をすることができるからです。

このようなことから、タクシー広告はターゲット層と組み合わせて、幅広い商品・サービスに合わせた方法で高い効果を得られます。

 

タクシー広告を活用して効果的なマーケティングをしよう

タクシー広告には様々な魅力があります。例えばターゲット層を普段リーチできない高所得者層にしたい時も可能ですし、比較的短期間で始めることもでき、広範囲にわたって広告ができます。広告にかける単価も他の電車広告やテレビや新聞などのマスメディア広告よりも低単価で始めることが可能な点も挙げられます。

ただ、一番の魅力は個室空間のため、自社の商品やサービスのPR映像を見てもらえる確率が高いという点でしょう。とても面白い広告動画を作り上げることができても、視聴率が低いと広告効果は期待できません。効果的に動画を使った宣伝・広告を行いたい場合は、タクシーの動画広告を活用してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ