動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

ドキュメンタリー動画で共感を生む!応援経済における動画マーケティング手法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキュメンタリー動画とは「事実のストーリー」であり、登場人物の思考や行動その結果を描いたものです。虚構正解とは違い、自分と同じ「人間」であるということから非常に共感性が高く、人を動かすことができる手法です。今回はそのドキュメンタリー動画について、解説をしていきます。

 

そもそもドキュメンタリー動画とは?事実のストーリーである

ドキュメンタリー動画で広く有名なものとしては「プロフェッショナル仕事の流儀」「情熱大陸」「ガイアの夜明け」などでは無いでしょうか。これらの番組では一個人にスポットを当て、その人が「どのようなことを考え、行動したのか、そして、その結果としてどうなったか」を描いています。

そもそもドキュメンタリーは「事実の記録」という意味を有しており、フィクションとは対極にあるものです。つまり、描くもの全てが「事実」であり、ドラマやアニメのような虚構世界ではなく、全て現実世界の話なのです。

したがって、登場人物は実際に世界に実存する人であり、自分と同じ「人間」が困難に直面したり、苦悶したりする経験を通して、そういった壁を乗り越える様子を見ることで、非常に勇気をもらえ共感しますし、視聴後にはどこか熱い気持ちを抱くような経験をした方も多いのでは無いでしょうか。

そういった意味で、ドキュメンタリーという形式は事実のストーリーを通して、視聴者に訴えかける力が強く、上手に活用をすることで、強いメッセージを伝えることができます。

 

ドキュメンタリー動画は応援経済における強い武器

日本初の直販ブランドとしてアパレル業界を席巻しているファクトリエ代表の山田敏夫氏は記事の取材の中で「応援経済」というキーワードについて話をしていました。

「応援経済」とは「人は応援したいものにお金を払う」という考え方であり、人々の「応援したい!」というウェットな気持ちを力学として作用させる経済です。具体的には「〇〇さんが言っているなら」「〇〇さんが作っているなら」そういった気持ちです。

では、なぜこの応援経済においてドキュメンタリー動画が強い武器になるのかというと、ドキュメンタリー動画の性質である「共感性」と応援経済の肝である「応援したい!」というウェットな気持ちの相性が非常に良いためです。

実際にファクトリエのホームページでは、動画ではないもののドキュメンタリーとして、ファクトリエが提携している工場の「制作のこだわり」や「制作の裏側」を1つ1つ紹介しています。

https://factelier.com/factory/

このページでは、実際に工場に勤める技術者が顔出しし、写真とともにその製造工程の一部を紹介しており、「この人が作っているのか」ということや「こんなに時間をかけて作っているのか…」ということが分かります。

まさに「事実のストーリー」を通して、製品そのものの良さをユーザーに理解をさせることで「共感」という力学を働かせ「(良いものであるということを前提に)応援したい!」気持ちでお金が動く例では無いでしょうか。

 

ドキュメンタリー動画を制作する上でのポイント

最後に、実際に制作する上でのポイントを解説していきます。ドキュメンタリー動画はその効果に目をみはるものがありますが、決して銀の弾丸ではありません。ぜひ自社に合うのか、検討をしてみてください。

 

ドキュメンタリー動画を誰に届けるのか

ドキュメンタリー動画も結局は手段であるため、目的が必要であり、その目的について整理が必要です。

今回は顧客の捉え方として「認知・非認知」「購買経験有無」「ロイヤリティ高低」で分けて考えてみましょう。

この場合、マーケティング対象となり得る顧客は4つに分けられます
A:非認知顧客
B:認知×購買経験無顧客
C:認知×購買経験有×ロイヤリティ低顧客
D:認知×購買経験有×ロイヤリティ高顧客

直感的にも顧客Aと顧客Dに対して届けるべきドキュメンタリー動画が異なってくることをわかっていただけるのでは無いでしょうか。

したがって、実際に動画の企画・制作に入ってしまう前に「どの顧客層にアプローチするのか」調査を行い、明らかにしましょう。

常套手段としては、顧客Dへのアプローチであり、「認知×購買経験有×ロイヤリティ高顧客」つまり、リピートしてくれる顧客をしっかりと増やしてから、上流のファネルを改善することです。

 

一般的な動画と比較し、費用がかかる可能性が高い

また、上記の通り、ドキュメンタリー動画は特定の一個人にスポットを当てるものであり、事実の収集にあたり「密着取材」や「細かなインタビュー」が必要となってきます。

そのため、一般的な動画と比較し、費用や期間がかさんでしまう可能性が高いです。

 

以上、ドキュメンタリー動画について解説をしてきました。応援経済というキーワード自体はまだまだ浸透していませんが「共感を生むことで人々を動かす」という点がポイントであり、その手段としてドキュメンタリー動画を検討してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ