動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

工場紹介の動画はこう作る!目的に合わせた動画の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
工場紹介動画の作り方

パソコンやスマートフォンで気軽に動画が見られるようになり、多くの企業が動画を利用したマーケティングに乗り出しています。

もちろん工場も例外ではなく、動画サイトにはすでにたくさんの工場紹介の動画が投稿されています。今回は、工場紹介の動画がどんな目的で作られているのか確認すると共に、販売促進に最適な工場見学の動画作成方法を掘り下げていきます。

3つの目的に合わせた工場紹介動画

工場紹介動画と言っても、工場の「何を」、「誰に向けて」紹介するのかによって動画のタイプはさまざまです。考えられる主な利用目的は以下の3つです。

 

1.販売促進目的

主に製品の魅力を伝える動画です。例えば、加工食品を扱う工場であれば、それぞれの食品の特徴的な調理工程を見せることができますし、電化製品の工場であれば、寸分の狂いなく正確に動くロボットの作業風景を見せてもエンターテイメント性の高い動画になるでしょう。

不備なく製品ができあがっていく様子は消費者に安心感を与え、また、初めて見る作業工程には驚きを覚えます。それらの感情が、製品に興味を持つきっかけとなり、購買意欲をくすぐります。

2.採用目的

主に企業や人の魅力を伝える動画です。今では従業員を募集する際に欠かせないツールとしてどこの企業も動画を取り入れています。

飲食店などであれば、応募者自ら店舗を訪れ雰囲気を感じることができますが、工場は気軽に訪れることができないため、特に動画の必要性が高いと言えるでしょう。

3.社員教育目的

従業員向けに、現場のオペレーションなどを視覚的に伝えるための動画です。「百聞は一見に如かず」という言葉がある通り、言葉で伝わりにくい機械の操作方法や注意事項などは、動画で見せたほうが理解しやすいでしょう。

新人研修のために上司が部下につきっきりになると、その分人件費はかかり、生産性も下がることになるため、業務効率化のためにも動画は重要な役割を果たします。

工場見学動画を作成するメリット

動画のタイプの中でも、今回はマーケティングに密接な関係のある販売促進目的の動画について掘り下げていきましょう。販売促進のためのツールとしては、先ほども触れたように工場見学の要素を盛り込んだ動画が最適です。

なぜ工場見学の動画が良いのかと言うと、小学校の社会科見学のような通常の工場見学では、生産性や衛生面の観点から一部しか紹介できませんが、動画なら見学で立ち入れない部分まで見せられるというメリットがあるからです。また、1度動画を作ってしまえば何度でもマーケティングツールとして使えるのも企業にとっては嬉しいポイントです。

実際に昔から、製品の製造工程を見せるバラエティ番組は人気が高い傾向にあります。アイスクリームが一斉にチョコレートソースに浸かる映像や、ジュースが順序良くビンに充填される映像など、誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

あのような動画は見ていて気持ちが良いだけでなく、普段は見られない特別感もあり、見始めるとずっと見てしまう中毒性があります。視聴者が夢中になって製品を見てくれる動画というのは、非常に強力なマーケティングツールだと言えるでしょう。

動画を作成する際には、動画制作会社を通すなどして外部の人間に関わってもらうと、自分たちでは気がつかなかった、工場や製品の魅力を取り上げてもらえる可能性もあります。

工場見学動画の作成方法

工場というのはただ映すだけでは無機質な印象になりがちで、心に残る映像を作ろうと思えばそれなりにテクニックを要します。自社で動画を作成する場合はもちろん、専門業者に依頼する場合でも、ある程度工場見学動画を魅力的に撮影する方法を勉強しておくことが大切です。ここからは、動画を作成する際に実践できるテクニックをご紹介していきましょう。

 

被写体を3つに分ける

まず、漠然と工場の景色を撮影するのではなく、撮影対象を「工場の内外観」「製造工程」「従業員」の3つに分けましょう。

工場の内外観に求められるのは、スケール感や、清潔感などが挙げられます。製造している製品のイメージに合わせて、どのような印象を持たせるか方向性を決めていきます。

次に、製造工程では稼働中のマシンを見せて視聴者の五感をくすぐります。匂いや温度など、画面からは伝えられない情報をいかに想像させるかがポイントです。そして、工場で働く従業員のインタビューなどを効果的に配置することで、工場の内外観や製造工程といった「物体」の映像に温かみが生まれ、より感情移入できるようになります。

 

消費者が知りたいことを意識する

動画作成において被写体の組み立てと同じくらい大切なのは、消費者が知りたいことを意識して映像にすることです。毎日工場の風景を見ている従業員と、消費者の感覚は必ずしも一致しません。

生産者が「これを見せたい」と思っても、消費者が見たいのは別ものである可能性が高いです。「ズレた動画」を作らないためには、1度、外部の人に工場見学に入ってもらい、反応の良いポイントをリサーチするのがおすすめです。

 

情報過多にならないように注意する

あれもこれもと情報を盛り込み過ぎると、間延びして視聴者は飽きてしまいます。インパクトのある動画にするためには、情報を整理し、見所を分かりやすくすることです。

また、色々見せたいばかりに展開が早すぎるのも視聴者を疲れさせる原因です。じっくり見せたいと思うポイントは長めに、そうでないところは短くするなどテンポの良さも重要です。

その他の工場動画の作成ヒント

最後に、工場見学以外の動画作成のヒントも簡単にご紹介しておきましょう。採用目的の動画をプロモーション動画、社員教育目的の動画を研修動画として解説していきます。

 

プロモーション動画

「企業の魅力を発信して採用につなげたい!」ということであれば、一流企業や海外企業の動画を参考にすることをおすすめします。シンプルかつ非常におしゃれで、応募したくなるようなストーリー作りが工夫されています。

仕事内容ばかりにフォーカスせず、社員の入社の動機や福利厚生に触れるなどすると企業への期待値が高い新卒者も魅力を感じるでしょう。従業員が楽しそうに語っている様子は企業のプロモーションにとって何よりも大切な要素です。

 

研修用動画

社員研修用の動画は、誰が見ても分かるような内容にまとめる必要があります。

ベテランばかりで話し合うと、新人がつまずくポイントを見逃してしまう恐れがあるため、実際に初めて業務に当たる新人の意見を聞きながら、手順の抜け漏れをチェックすると良いでしょう。

工場紹介の動画は「視聴者目線」が鍵

工場紹介の動画、という括りの中にも色々な目的の動画がありましたが、いずれも見る人が必要とする情報をベースに構成することが大切です。

改めて言われると当たり前のことのように感じますが、企業側のやりたいこと、見せたいものを全面に押し出してしまう失敗は珍しくありません。また、流行りに乗って動画に手を出してみたものの、何のための動画か目的が曖昧なパターンも多く見られます。

ちょっとしたコツをおさえれば、工場紹介の動画は決して難しいものではありません。ぜひ、さまざまな目的に合わせて活用してみてはいかがでしょうか?

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ