動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

ブランディング動画の長さはどれくらいが最適?特徴や事例を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年スマホの普及と通信の高速化の影響もあり、動画市場が盛り上がっています。人々も日常的にYouTubeを中心とする様々な動画サービスで動画を目にする機会が増えており、それに合わせて企業側も会社紹介や商品紹介などで動画を制作、配信するケースが増えていますね。

動画を配信する上で、様々な目的がありますが、そのうちの一つにブランディングを目的とした動画配信をする例も多くあります。しかし、ブランディングといってもどのような動画が適しているのか、時間はどれくらいが良いのか迷っている方も多くいることでしょう。本記事では、ブランディングを目的とした動画を制作する上で、意識すべきポイントを解説します。現在ブランディング動画の制作を検討している方は是非参考にしてください。

ブランディング動画とは?

ブランディング動画の特徴

ブランディングと言っても、人や企業によってそれぞれ違うイメージを持っているかもしれませんが、一般的にブランディングとは「ブランドに対しての共感や信頼、安心感を通して、顧客にとっての価値を高めていく」ことを指します。

そしてブランディング動画は、上記のような企業自身や企業が提供する商品・サービスに対して顧客が共感や信頼をしてもらえるように動画によってプロモーションを行うことです。そのため、どのように企業やサービスをブランディングしたいかによって動画の内容を変わり、ルールなどはありません。

ブランディングと動画は相性が良い

ブランディングをする方法として動画プロモーションは相性が良いとされています。理由としては、動画の持つ情報量の多さが関係するでしょう。動画は文字と違い、映像という形で表現されているので、視覚的にも理解しやすく、聴覚にも訴えることができるので、文章を読む以上に多くの情報量を視聴者は獲得することが出来ます。

ブランディングは比較的抽象的で概念的な内容を表現することが多いので、そのような時に文章や画像だけで表現されると理解が難しいケースがあります。一方で動画であれば、わかりにくい内容でも理解しやすく表現することが可能です。

ブランディング動画の長さはどうするべき?

ここまでブランディング動画の特徴について解説しました。ここからは実際にブランディング動画を作る上で理想の尺に関して解説していきます。

動画尺とブランディング効果の関係性

オンライン動画広告に置いて、尺の長さをどれくらいにすべきか迷っている方も多くいるかと思いますが、視聴者の視聴している時間と、ブランドへの認知や検討意向の向上との間に相関関係があることがGoogleの調査によるとわかりました。

上記の内容に関する検証方法は、3パターンの尺の長さ(15秒、30秒、2分)である動画広告を用意し、それぞれの動画広告を視聴した方々が広告想起とブランド好意にどのような影響を与えたかの評価を行いました。


出典元:movieTIMES ムービータイムス

一般的に動画広告で重要指標の一つである、完全視認率は短い尺の方が良いとされていますが、上記のデータからもわかる通り一番高い完全視認率であったのは30秒の尺で、一番短い尺であるはずの15秒動画が、完全視認率が低い結果となりました。あわせて、今回の実験で、15秒の広告動画が一番スキップされていることもわかりました。


出典元:movieTIMES ムービータイムス

一方で広告想起においては15秒動画が非常に高い数値となりました。広告想起が高いということは、記憶に残るということにもつながるので、今後の検索や店舗で購入などのアクションにつながる可能性も高いです。企業や商品の認知を優先したい企業にとっては15秒が最適かもしれません。

一方でブランド好意とのギャップが激しいのも15秒動画の特徴で、ブランド好意が高いのは30秒や2分の動画となりました。長い広告の方が、より複雑な内容や構成で深みのある動画広告になり、視聴者からの高いエンゲージメントを得ることができたことが考えられます。既に世間で認知されているブランドが、視聴者に対して変化を即す目的なのであれば、長尺の動画広告の方が効果的かもしれません。

上記のように、それぞれ尺の長さによって想定される効果も変わってくるので、目的にあわせて動画広告の尺を決めることが良いでしょう。

ブランディング動画の事例

ここまでブランディング動画広告に関する解説をしていきました。ここからは実際の事例を解説していきます。

タマホーム CM 二人目家族会儀 ふたりめの子供

タマホーム CM 二人目家族会儀 ふたりめの子供

こちらはタマホームが出している動画広告で、内容としては2人目の子供が欲しいかどうかを家族で会議している様子を面白おかしいストーリーの構成にしています。時間は3分を超える長さとなっています。

こちらの動画広告はSNSでも大きな話題を呼び、タマホームの今までのイメージとは違うブランディングへ繋がった広告例であるといえます。

まとめ

今回は動画広告のブランディングに関わる内容を解説しました。前述の通り、目的によって動画広告の作り方も変わってきます。今回紹介した内容を参考にしつつ、ぜひご自身の企業に最適な動画広告を制作、配信するためにも、一度実施を検討してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ