動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

10代に大人気のTik Tok とは?企業がプロモーションで利用する際のポイントを紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近YouTube等の広告で目にすることが増えており、10代の若者を中心に人気のサービス「Tik Tok」をご存知でしょうか?近年様々な動画サービスがリリースされており、その中でも非常に多くユーザーに使われている「Tik Tok」に関して本日は解説していきます。そもそもの特徴やユーザー層、企業担当者がプロモーションするときのメリットや事例などを紹介しますので、ぜひチェックしてください。

 

Tik Tokとは?

Tik Tokは、15秒のショート動画を音楽と合わせて配信できるSNSサービスです。自身で撮影した動画にオリジナルサウンドと合わせて配信できるサービスとなっています。

特徴としては、視聴者と投稿者ともに従来のサービスより参入障壁が低いことが挙げられます。動画の時間も15秒と短く、動画のアレンジも非常に手軽にできるため、動画投稿者側も気軽に撮影、編集して投稿ができ、視聴者側も15秒という短さなので、少しの暇な時間でも楽しむことができます。

また、Tik Tok内のサービスは人気のオリジナルのコンテンツを模倣として、配信しているユーザーが非常に多いことで、動画企画なども特別しないで投稿することができ、視聴者もその真似されたコンテンツを見て楽しむという文化になっています。

Tiktokが注目されている理由は?

Tiktokを利用するユーザーが近年増えておりますが、その理由はなぜでしょうか?こちらではその理由について説明していきます。

動画投稿のハードルが低い

従来の動画投稿サービスは0から利用者自身でやる必要があり、動画撮影からその動画の編集まで一つの動画を投稿するまでにも高いハードルがありました。もちろん従来のSNSで簡単に撮影した動画をそのまま投稿する手段もありましたが、凝った動画の投稿をするにはやはり編集等を行わないと難しい現状でした。

しかし、Tiktokの出現により、難しい編集等を行わなくてもTiktok上にあるツールで音楽をかけたり、動画を可愛く編集することも可能にしたりと、結果的に動画投稿のハードルを下げることにつながったのです。用意されている編集ツールも様々で、それぞれをうまく用いることでオリジナリティがある動画投稿も実現できるので、動画を投稿するユーザーのエンゲージメントを高めることにもなりました。

また、Tiktokはすでに投稿されている内容を真似して自分も撮影するといった投稿が非常に多くなっています。動画で投稿する時に何を撮影するか等を考える必要はなく、基本的に今はやりの投稿動画を真似するだけなので、その点も動画投稿のハードルを下げている要因の一つになります。

動画視聴のハードルが下がった

近年ネット回線の高速化により、動画視聴も簡単にスマホで視聴できるような世の中になってきています。そのため、Tiktok以外でもYouTubeなどといった動画サービスで日常的に動画を視聴する人々が増えてきているのです。今後5Gになることで更なる動画視聴のハードルが下がり、今よりも日常的に動画視聴するという生活が当たり前になります。Tiktokもそのうちの一つとして、動画のSNSとして利用者を増えていくでしょう。

芸能人やインフルエンサーの活用

Tiktokを利用するユーザーには芸能人やインフルエンサーが占める割合も増えてきました。芸能人やインフルエンサーが活用することで、そのファンもTiktokに登録し、その芸能人やインフルエンサーの投稿を視聴するという形でTiktokを利用するユーザーも増えているのです。

そして、芸能人やインフルエンサーが投稿した動画を視聴したユーザーも真似しようとする利用者も増えていくというサイクルが回っています。

 

Tik Tokのユーザーについて

Tik Tokのユーザー数


出典元:App Ape Lab
TIk Tokはリリースからユーザー数を増やしているサービスで、図の通り2017年の7月から2018年3月までみても着実に成長しています。

2017年12月時点では月間のアクティブユーザーは1億人にのぼっているとされており、2018年2月の時点では、1日のアクティブユーザー数は6,600万人を超えているとされています。

アプリランキングでは、日本国内で常に上位を占めており、海外でもアメリカや中国、インドネシアを中心に高い順位を位置しており、非常に多く利用されているサービスになります。

Tik Tokのユーザー層


出典元:App Ape Lab
Tik Tokのユーザーは投稿者、視聴者共に10代の割合が非常に多くなっています。サービスリリース当初は女性の利用が多かったのですが、徐々にサービスの知名度が上がり、視聴者も増えてきており男性の利用割合も高くなってきています。

また最近では著名人やYouTubeで多くのチャンネル登録数を抱えているYouTuberなどもこのTik Tok内で動画投稿をしていることで、徐々に10代以外の層のユーザーも増えてきています。

 

Tik Tokを用いた動画プロモーション

多くの若者から利用されているTik Tokを用いて、企業がプロモーションを仕掛けている事例も徐々に増えてきています。どのようなメリットがあるのか解説していきます。

ターゲット層のエンゲージメントが高い


出典元:App Ape Lab

前述の通り、10代の中高生が多く利用しているTik Tokですが、エンゲージメントが高いことも特徴の一つとなります。

上記の図は1日あたりのサービス起動回数を表示していますが、1日に21回以上起動しているユーザーは8割近くおり、51回以上でも3割近くいるという非常に高いエンゲージメントを誇るサービスになります。

10代の中高生をメインターゲットとしている企業担当者の方は、TIk Tokでのプロモーションは非常に魅力的かもしれません。

手軽にオリジナリティある動画配信が可能

Tik TOkは独自の編集フォーマットを利用した動画になるので、従来で配信していた動画広告とは違った伝え方が可能です。

また、オリジナルの音楽とオリジナルの編集をサービス内で簡単に組み合わせて動画作成もできるので、広告作成に制作工数はそこまで発生しません。

海外向けのプロモーションも可能

出典元:Caina pass
Tik Tokは海外でも多く利用されており、米国調査会社センサータワー(Sensor Tower)の調査によると2018年のQ1で全世界におけるApp Storeのダウンロード数では1位を獲得しています。

また、Tik Tokは口パクで動画配信をしているケースが非常に多いです。先ほども説明した通り、動画はオリジナルの音楽に合わせての配信になるので、言語を必要としないケースも多いので、海外向けにプロモーションを検討している企業も有効な手段になります。

実際の企業事例

サントリー食品インターナショナルはTikTokを用いた動画プロモーションを行っています。動画の内容としては、「ペプシ Jコーラ」のテーマである「JAPAN & JOY」を表現しているダンス「ペプシお祭リミックス」をテレビCMで使われているオリジナルの楽曲に合わせて、著名な芸能人や人気YouTuberが踊る内容となっています。

この動画はいくつかのパターンに分けられた上で配信され、総再生数が1500万回(2018年6月時点)を超えています。また、この動画が話題を呼び、他のTikTokの動画投稿者も真似して動画を配信していることで、さらに認知を広めているプロモーションになっています。

いつでもLチキチャレンジ!

出典元:莉子(リコリコ)さんのTiktokアカウント

https://bit.ly/2H1OJ06

コンビニエンストアのローソンで販売されている「Lチキ」の若者向けのプロモーションとして、TikTokを活用しました。内容としては「いつでもLチキ」という曲に合わせて、踊る動画を投稿し、拡散を狙ったプロモーションです。

キャンペーンモデルとしてはTikTok内で57万人(2019年2月現在)おり、モデルとして活躍中の莉子(リコリコ)さんを起用しました。このプロモーションは他の多くのユーザーも真似した動画が投稿され、拡散に成功しました。

ウルトラジャパン

出典元:Tiktok公式ツイッターアカウント

https://twitter.com/tiktok_japan/status/1040471552179941376?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1040471552179941376&ref_url=https%3A%2F%2Fbackyard.imjp.co.jp%2Farticles%2Ftiktok_matom

2018年の9月に開催された音楽フェスティバル「ウルトラジャパン」もTiktokを用いたプロモーションを行いました。プロモーションには、ウルトラジャパンに参加するグループ「CYBER JAPAN DANCERS」を起用しており、TikTok公式アカウントからの配信がされました。

他にもウルトラジャパンの公式楽曲を用いた動画投稿した場合の特典や当日の会場でTiktok撮影ブースの設置など、様々な場面でTiktokを絡めたプロモーションを実施したのです。こちらのプロモーションでもターゲット層のマッチもあって、拡散された内容となりました。

 

まとめ

近年多くリリースされている動画サービスやSNSの中でも特に注目を浴びているTikTokは企業側の新たなプロモーション施策においても重要なチャネルの一つになります。自社で扱っているサービス特性と相性が良い場合や、ターゲット層が近い場合はぜひTikTokを用いたプロモーションを検討してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

Tiktokを用いたJCOMの「#もののけついてんね」の狙いは?マーケティング視点で解説!

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ