動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

デジタルサイネージの広がりは加速している!新たな掲出場所とは?



このエントリーをはてなブックマークに追加

近年デジタルサイネージの市場は成長し、様々な場所で目にする機会が増えています。今回はこのサイネージ市場の成長している背景や、どのような場所で展開されているかを紹介します。

デジタルサイネージ市場が成長している理由


出典元:デジタルサイネージの国内市場、2018年は約1,659億円に【富士キメラ総研調べ】

富士キメラ総研の調査によると、デジタルサイネージ市場は2018年時点で昨年比から115.4%の1,659億円に成長しています。内訳としては、システム販売/構築が699億円、コンテンツ制作/配信サービスが285億円、デジタルサイネージ広告が675億円を占めています。

今後更なる成長が見込まれており、2025年には3,186億円の市場規模になると推測されていますが、このように成長している理由は何になるでしょうか?

技術の成長

デジタルサイネージ市場成長には、技術が成長しているという背景があります。薄型のディスプレイに解像度の高い動画を掲載することを可能にしたことで、今まででは搭載できなかった場所にも様々なデジタルサイネージが登場するようになりました。

最近では2020年に開催する東京五輪やインバウンド需要の拡大に合わせて、多言語化の機能も追加されるなどますます実現できることの幅が広がっています。

動画広告市場の成長

動画広告市場の成長もデジタルサイネージの増加を加速させています。従来のテキストや静止画の広告以上に動画広告の方が多くの情報量を届けられる点や、スマホの普及により人々が日常的に動画と接する機会が増えたことなどにより、企業はプロモーションの手段として動画活用する機会が増えています。

動画市場が成長したことにより、テレビやインターネット以外のリアルなチャネルとしてもデジタルサイネージの活用が増え、新たな広告チャネルとして活用されるようになっているのです。

 

デジタルサイネージの掲出場所

タクシーや電車の交通広告

デジタルサイネージの代表的な活用方法として、タクシーや電車などの交通広告が挙げられます。人々が日常的に活用する交通媒体に動画広告を掲載することで、多くのインプレッションを期待することができます。

タクシーに関しては決裁権の持つビジネスパーソンに活用される機会が多いため、toB系のビジネスがプロモーションする上で効果を期待できるチャネルになっており、電車に関しては様々な乗車層がいるため、幅広い属性へのサービス認知を促進したいときに効果的なチャネルです。

美容室の鏡


出典元:マーケジン

デジタルサイネージの新たな場所として美容室の鏡を活用するケースが登場しています。アドテクノロジー事業を行うクライド社が運営する広告配信プラットフォーム「ADMATRIX DSP」では、美容室向けの動画広告の提供を開始しています。

美容室では、平均すると一人あたり約60分から90分ほどの施術がかかると言われています。その滞在時間にユーザーが対面する鏡の下部にあるディスプレイに動画広告を配信する、という内容です。従来の動画広告の中でも高い視聴完了率となっており、ターゲットは主に美容室へ来訪する女性向けで、美容に関わるサービスを中心に動画広告によるプロモーションが行われています。

渋谷スクランブルスクエアの壁面ディスプレイ


出典元:シブヤ経済新聞

2019年の11月に開業した渋谷スクランブルスクエアの壁面ディスプレイにもデジタルサイネージが導入されています。渋谷には多くの人々が足を運ぶ場所となっており、多くの人に対してサービス認知を狙う上で魅力的な立地です。

ディスプレイの形状は逆三角形という珍しい形となっており、新しいビルという点も含めて、注目を集めているデジタルサイネージの一つです。

喫煙所


出典元:看板経営.com

東京の六本木に、大型屋外用のデジタルサイネージが併設された喫煙所がオープンされました。2週間で10万人ほどのリーチが見込まれているチャネルです。

タバコを一本喫煙する滞留時間に合わせて、デジタルサイネージによる動画広告を配信し、広告の効果検証が行われています。

歯医者

株式会社ジーニーと、メディカルアシストTV株式会社は業務提携を行い、全国にある約1,400の歯科医院にデジタルサイネージを設置し、広告配信を行なっています。

設置する歯科医院は無料で活用でき、広告以外に医院の説明や治療の説明などの動画も配信できるため、導入している医院は多くあります。そして広告出稿側としては、歯科医院にマッチしたサービスや商品であれば、親和性が高く、訴求度を高められます。また、待ち時間に配信されるため、高い視認性も担保できる点がメリットです。

 

まとめ

デジタルサイネージが設置される場所は年々増えてきており、様々なターゲットに最適化されるようになってきました。動画広告の新しいチャネルとして、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

もし、デジタルサイネージに配信する動画制作の部分でお困りのことがあれば、数多くの実績のあるプルークスにご相談ください。企画から制作まで一貫してご支援いたします。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ