動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【保存版】インタビュー動画の種類やメリットは?制作のコツも解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年様々な企業では、会社のPRや商品、サービスなどの紹介でインタビュー動画を活用される機会が増えてきています。そのインタビュー動画ですが、具体的にどのようなメリットがあるのかご存知でしょうか?

「我が社でも動画を制作して商品やサービスをターゲットにアピールしたい!」と検討している方のために、インタビュー動画の種類やメリットから制作のコツをお伝えします。参考になるおすすめの動画もピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

 

インタビュー動画の種類は?

インタビュー動画を配信する際にどのような種類があるかご存知でしょうか?まずはインタビュー動画で想定される種類に関して解説していきます。

利用者インタビュー

インタビュー動画で一般的な利用のされ方は提供している商品やサービスを実際に利用した消費者の生の声を動画にして訴求するケースがあります。

 商品やサービスを消費者が選ぶ際に、その商品を購入して問題ないのか、広告で伝えていることは本当なのか不安になるケースがあるでしょう。その際に実際のインタビュー動画を見て、生の声を知ることで商品購入前の不安を解消するきっかけを生み出す可能性がある点で有効です。

 

下記記事でも解説しているので、ぜひ参考にご覧ください。

「導入事例・お客様の声」を動画する意味は?

「導入事例・お客様の声」を動画する意味は?

 

社員紹介

インタビュー動画を配信している企業の社員を実際に紹介する形も存在します。目的は利用用途によって変わりますが、例えば商品やサービスの訴求目的での社員紹介だと、商品の開発秘話であったり、サービスに対する想いであったりを伝えることで、消費者の商品に対してのエンゲージメントを高める効果が期待できます。

 

他にも、社員採用系の動画であれば、実際に会社で働いている人間の様子や雰囲気を知ることができるため、入社意欲を高める効果を発揮するかもしれません。

経営者インタビュー

経営者インタビューの動画も様々な利用用途が考えられますが、会社への想いから会社の理念やビジョンなどを経営者自らの口から伝えている様子を動画にすることで、視聴者からの信頼を勝ち取る効果を期待できます。

 

販促活動にしても、採用活動にしても、企業の信頼を得るための行動をすることは重要になります。企業ブランディングの観点で、経営者のインタビュー動画を配信している企業が多く存在しているのでしょう。

 

インタビュー動画のメリットとは?

動画コンテンツを制作し、マーケティングに活用している会社も増えていますが、その中でもなぜインタビュー動画が効果的なのか、その詳細を見ていきましょう。

インタビュー動画のメリット

詳細を具体的に伝えられる

映像と音声を利用した動画では、テキストや画像のみのパターンよりも詳しく、そしてわかりやすい形で内容を伝えられるのが大きなメリットです。例えば、商品の使い方や組み立て方なども動画にすることで、ターゲットがより理解しやすくなります。

商品やサービスに対する想いを伝える

インタビューでは、その会話を通して「なぜこの商品を開発することになったのか」「優れている点や特におすすめしたいポイント」などを紹介することができます。また、なかなか知ることのできない開発秘話などを含めることで、熱意がより伝わりやすく、ユーザーの「実際に利用してみたい!」という意欲が高まります。

リアルな感想を伝える

お客さんにインタビューすることで、実際に購入・利用しての感想やメリットをユーザーに伝えることができます。商品の購入を検討している人は「実際に利用してみてどうだったか?」ということを聞くことで、購入への後押しになります。既に購入して利用している人なら、利用価値を感じるユーザーの声を聞くことで、自分の満足度をより高めることができます。

多くの人に視聴してもらえる

制作した動画をアップする場は、自社のホームページや動画配信プラットフォームの活用などがあります。無料プラットフォームであるYouTubeにアップすれば、会社のPRとなる動画をより多くの人に視聴してもらえます。

制作がしやすい

インタビュー形式は、商品の開発者やサービスを提供する担当者、またはそれを利用しているユーザーが登場人物です。撮影シーンも、普段仕事をしている現場や商品を使用している現場なので、準備がしやすく、撮影に挑みやすいのが特徴です。また、大幅な編集を必要としないので、初めて映像を撮る場合にもおすすめです。

 

動画制作のポイント1:目的と構成の整理

インタビュー動画を活用したプロモーションを実施する際にまずは目的と構成を整理することが重要です。それぞれのポイントについて解説していきます。

インタビュー動画の目的とターゲットを決める

インタビュー動画を用いたプロモーションを実施する上で、まずは目的を明確にしましょう。

配信するインタビュー動画をどのような視聴者に届けたいのか、そして届けた視聴者にどのような効果をもたらしたいのかを考えていくことで、ターゲットやインタビュー動画を配信するチャネルなどが決まってきます。

インタビュー動画の構成を考える

目的やターゲットが決まったら、インタビュー動画の構成を考えます。インタビュー動画の詳細は話し手が話す内容で決まりますが、大まかな方向性や最終的な着地に関しては事前に考えていた方が目的の達成に近づきます。目的やーゲットに適切な構成を考えてみましょう。

 

動画制作のポイント2:インタビュー

インタビューは、メインとなるインタビューを受ける側と、質問などを投げる側との両者がいることで成り立っています。より満足度が高いコンテンツにするため、インタビューをする際のポイントをご紹介します。

インタビューする時のポイント

リラックスしたムードを作ろう

カメラの前で改めて話をするとなれば、緊張してつい表情や話し方が硬くなりがちです。リラックスして話ができるよう、すぐにカメラを回さずにオフの状態で、インタビューにまつわる会話を軽く話をスタートさせましょう。ウォーミングアップをすることで、徐々にインタビューを受ける側も緊張が解けてきます。また、話し手のことを褒める言葉がけをするのも効果的です。例えば、話したことに対して「よくその発想が出てきましたね!素晴らしいです!」など、評価をする言葉がけによって気持ちも高まり、自信を持って話すことができます。

インタビュー内容を共有する

事前にインタビュー内容を共有しておくことで、要点やインタビューの着地点を決めることができます。話し手がインタビュー内で話し忘れていることがあっても、インタビュアーが内容を把握していれば、そこへ導くことができます。

相づちは声に出さない

インタビュアーが声を出すのは質問時に留め、声に出して相づちを打つのは控えましょう。相手が話すタイミングとかぶってしまうと、聞きづらくなりますし、編集で修正する手間が出てしまいます。
ただ、相手がスムーズに話をしやすいようにうなずいてあげることで、進行を促すことができます。

サインを決めておく

インタビューをしていると、声が徐々に小さくなって聞き取りにくくなるケースもあります。もし途中で気になった場合でも、中断することなく進行できるように「このジェスチャーは声を大きく出して欲しいサイン」など、事前に決めておくといいでしょう。

質問のコツ

インタビュアーが質問をする際にも、ちょっとしたコツがあります。例えば、「なぜこの商品を開発しようと思いましたか?」というざっくりとした質問からスタートし、「開発を進めていく上で困難だったことは?」「解決のために取った策とは?」と、徐々に内容を掘り下げていきます。また、質問を次へと繋げていく際に、「具体的に」や「ちなみに」という言葉を使うと自然な流れで進行できます。

 

動画制作のポイント3:撮影や編集

インタビューをメインとした動画は全体的に単調になりがちで、素人が撮影するとクオリティの低さが目立ってしまう可能性があります。しかし、撮影アングルや編集を工夫することで、最後までターゲットの興味を引きつける動画が制作できます。そこで、インタビュー動画の撮影や編集のポイントについて見ていきましょう。

カメラについて

目線の方向

カメラの目線は動画を視聴する人の目線になりますので、カメラ目線で話し続けると、視聴者はプレッシャーを感じ、息が詰まります。インタビューで話をする際の目線は、カメラの斜め上に向けると自然な雰囲気が出ます。または、カメラ・インタビューを受ける人・インタビュアーが三角形になるように配置し、カメラはインタビューを受ける人を向き、話し手はインタビュアーを向くことで、安定した目線で話すことができます。

カメラは2台使うと便利

カメラを2台使うことで、編集がスムーズになることもあります。例えば、インタビューをしている最中に余計な部分(撮影者の声など)が入り、カットが必要になることがあります。その場合、もう1台で撮影したシーンを使うことで、自然に編集できます。

撮影・編集について

バリエーションをつける

動画のシーンが全てインタビューのみだと、どんなに話の内容が良くても、視聴者の興味は薄れてしまいます。テンポ良い動画を制作するためにも、仕事現場の風景など別のシーンを撮影し、それを差し込むことでバリエーションをつけることができます。

マイクを使う

マイクを使うと声をしっかり拾うことができ、動画の音質が高まります。クオリティの高い動画を目指すなら、ぜひ使用しましょう。

テロップを入れる

話の内容のテロップを入れることで、耳と目で情報をキャッチできます。インタビューを受ける側も、聞き取りやすい発音で話すことにまで、なかなか意識は向かないものです。そのため、話している言葉が聞き取りにくい場合もありますので、テロップを入れることで視聴者の理解をサポートします。

 

参考にしたいおすすめのインタビュー動画

インタビュー動画の中でも、参考になる動画を2つご紹介します。

若手社員へのインタビュー動画

ソニーの若手社員にフォーカスを当て、仕事の中で実現したいことについてインタビューを受けています。話をしている中で、その対象者が仕事をしているシーンを挿入し、複数のアングルから撮影をすることで、動きのあるインタビュー動画の構成になっています。

若手社員インタビュー ~やりたいことを実現する ソニーへの情熱~ 【ソニー公式】 – YouTube

 

ユーザーへのインタビュー動画

家族とのコミュニケーションツールとして使える「BOCCO」のユーザーへインタビューをした動画です。日常の風景の中で撮影することで、より親近感やリアルな印象を持つことができます。また、インタビューを受けるのも1人ではなく、大人・子供と年齢の違うそれぞれの声を通して、メリットなどを伝えています。

BOCCO user interview 4 – YouTube

 

高クオリティのインタビュー動画を作成しよう

インタビュー動画のメリットや、制作する際のポイントをインタビューと撮影・編集に分けてご紹介してきました。インタビューによって、商品やサービスをより詳しく伝えることができ、動画を視聴しているターゲットの理解度もより深めることができます。

インタビュー動画はキャスティングや場所の選定がしやすいので、制作にも取り掛かりすい点が特徴です。「単調になりがち」というデメリットも、アングルを変えたり、質問の仕方に工夫を加えたりすることで、クオリティを高めることができます。マーケティング効果をより高めるためにも、ぜひインタビュー動画の制作をおすすめします。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ