動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

サービス説明動画は必須?SaaS系サービスの動画事例7選!



このエントリーをはてなブックマークに追加

近年動画市場が成長しており、人々が情報収集する手段として動画を利用する機会が増えてきています。そして、企業もプロモーションを行う際に サービスを紹介する上で、動画を活用して 説明するケースも増えています。

今回はサービス説明動画を用意するメリットとSaaS系のサービスで動画を活用した説明をしている事例を紹介します。

 

サービス説明動画を用意する意味

そもそもサービス説明動画を用意するメリットは企業の目的にもよりますが、サービス説明動画は主にサービスに興味を持ったユーザーに対してより具体的なイメージを持たせ、サービス利用の決定を促進させることを狙っているケースが多いです。

広告や口コミなどでサービスを知ったユーザーはサービスに興味は持っているものの、利用する上でのハードルは一定あります。特にtoB向けのサービスの場合は担当者の一存で決めることも難しいため、利用する価値はあるのか、利用する上でマイナスな点はないのかなど様々な点で検討します。

その時に文字情報だけでサービスの説明を伝えていると、担当者にはサービスを難しく感じさせ、利用を遠ざける可能性があります。一方動画であれば、難しいサービスでも演出次第でわかりやすく伝えることも可能で、結果的に前向きに検討させる効果を期待できます。それでは、これから実際にサービス説明動画を用意されている事例を紹介していたいと思います。

 

SaaS系のサービス説明動画事例

sansan

【サービス紹介】Sansan様_名刺管理サービス

クラウド名刺管理ツール「sansan」を提供しているsansan株式会社はよくある営業の課題を出し、sansanによってどう解決するのかをアニメーション形式で紹介しています。

インフォグラフィックにより、課題とそれに対するsansanのソリューションをわかりやすく伝えることを可能にしています。また、企業のブランディングにも繋がるようなシンプルで洗練されたデザインになっています。

freee

【サービス紹介】freee様_人事労務フリー紹介映像

人事労務管理システム「freee」を提供しているfreee株式会社も、sansan同様にアニメーションによるサービス紹介動画を利用しています。給与事務や労務管理などの人事労務において大変な業務をこのツール活用によってどれだけ改善されるかがわかる動画構成となっています。

アニメーションはカラフルですが、派手すぎずに、柔らかい印象を受ける演出になっているため、業務ツールとして硬すぎないイメージを与えている映像に仕上がっています。

WEVOX

【サービス紹介映像】アトラエ様 WEVOX紹介映像

360度評価システムであるWEVOXを提供している株式会社アトラエは、実際のサービス画面を活用しながら説明をする動画を利用しています。WEVOXで実現できることのポイントを絞って、紹介している構成となっています。

動画は、静止画とモーショングラフィックスを活用しており、サービスのイメージにあったスタイリッシュな印象を与える演出に仕上がっています。

クラウドサイン

ウェブ上で契約が完結できるクラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供している弁護士ドットコム株式会社は、実際にサービスが利用されるシーンを想起させるようなサービス説明動画を利用しています。

動画で利用されている画面は実際のサービス動画となっており、またサービスを利用した場合の流れもわかりやすく伝わる構成になっているため、サービス理解を促進させる動画になっているかと思います。

SmartHR

クラウド人事労務管理ソフト「SmartHR」を提供する株式会社SmartHRはサービスが活用されるシーンを実際の画面と合わせて紹介している動画を用意しています。こちらの動画もクラウドサインのサービス紹介動画と同様に利用される流れに沿って、実際の画面を活用されながら紹介されるので、サービス理解を促進させる内容です。

HRMOS 採用

新卒や中途などのすべての人材採用を一元管理するサービス「HRMOS 採用」を提供する株式会社ビズリーチはアニメーションによるサービス説明動画を提供しています。

採用管理における課題とHRMOS 採用によって解決できることをアニメーションによりわかりやすく演出されています。実際の画面は利用されておらず、具体的な活用イメージを持たせるというよりは、サービスに興味を持たせる効果を狙った内容です。

ベルフェイス

オンラインルーム・Web会議システムである「ベルフェイス」を提供するベルフェイス株式会社はアニメーションと実際に利用されるシーンを合わせて活用したサービス説明動画を活用しています。

最初に営業担当者が抱えるであろう課題部分はアニメーションによりわかりやすく訴求し、サービス説明部分は実際のシーンやサービス画面を活用しながら紹介することで、視聴者の知りたい情報に合わせて演出を変えている構成となっているかと思います。

また、サービス説明部分は詳細を伝える内容となっているため、動画を見れば使い方はクリアできるような効果を狙っています。

 

まとめ

サービス説明動画は企業の目的やサービス内容によっても多種多様です。より認知に近い目的であれば、抽象的な演出になりますし、サービスを利用する上でのマニュアル的な目的で利用する場合は、具体的な演出が効果的でしょう。

目的に合わせてぜひ最適なサービス動画制作を検討ください。動画制作に関してお悩みがある場合は、プルークスにご相談いただければ、目的検討から制作まで一貫して支援することも可能なので、プルークスお問い合わせください。

また、プルークスのサービス紹介は以下のバナーからご覧いただくことができます。他にも事例をみてみたい、サービス紹介映像についての相談がしたいという方はぜひお気軽にご連絡いただければ幸いです。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ