動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

バズる動画を作る!バイラルマーケティング必要性と成功事例

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の消費者は、SNSやブログで商品やサービスの情報を得てから購入することが多くなってきました。実際に利用した人の口コミを気にする傾向があるのです。

そこで注目されているマーケティング手法がバイラルマーケティングです。バイラルマーケティングという言葉を初めて聞いた方や、バイラルマーケティングを行う必要性、成功事例を知りたい方に向けて詳しく解説しております。特に、動画マーケティングに関心のある方は必見ですよ。

 

バイラルマーケティングとは

バイラルマーケティングとは、商品やサービスを利用した人が、他の人に紹介するように仕向けるプロモーション手法です。通常、商品やサービスを宣伝したい場合は多額の広告費が必要となります。しかし、バイラルマーケティングの場合、SNSやネット上で話題になりやすそうな動画や画像などを消費者に発信することで、あっという間に情報を広めることができるので、低コストでマーケティングをすることが可能です。

バイラルマーケティングのポイント

バイラルマーケティングを行う際のポイントは、「動画や画像で惹きつける」ということです。例えば、Twitterのタイムラインにはたくさんのつぶやきがありますが、そこに動画や写真が貼付されているつぶやきがあるだけで、人の目はそちらに向きます。動画や画像を問わず、インパクトであったり可愛さや独創性であったりと、何かしら人の心を惹きつける要素が必要です。企業イメージにも関わるので、難しいマーケティング手法と言えるでしょう。

バズマーケティングとの違いは?

最近、若者の間で「バズった」という言葉が使われていますが、その語源をご存知ですか?そもそも「バズった」とは、SNSやネット上である単語や動画などが急速的に拡散されている状態のことを言います。そのような状態を表す、バズ(buzz)とは「ハチやハエがブンブン飛ぶ」という意味の英単語です。

他には「がやがや言う」「噂をする」といった意味もあり、そこから「流行っている」「広まっている」という意味になりました。
そのような状態を狙うマーケティング手法をバズマーケティングと言うのです。バイラルマーケティングと同じく口コミを元に購買意欲や認知度を高めるマーケティング手法なので、ほとんど同義として使われています。
ただ、バイラルマーケティングがネット上のマーケティングに限定されているのに対し、バズマーケティングはネット上に限定されないという特徴があります。

 

バイラルマーケティングのメリット・デメリット

バイラルマーケティングを行う必要性は高いと言えます。なぜなら、どんな企業でも低コストでマーケティングが成功するチャンスがあるからです。ただ、バイラルマーケティングを行う際にはリスクもあります。そこで、バイラルマーケティングのメリットとデメリットをまとめたので確認していきましょう。

メリット

低コストでプロモーションできる

動画作成にコストがかかる場合がありますが、Twitterでリツイートされたり、Facebookでシェアされたりした場合はコストがかかりません。何もせずとも、知らせたい情報を消費者が広めてくれるのです。一度大きな話題になれば、企業や商品、サービスの認知度は一気に高まります。

消費者が購入行動を起こしやすい

口コミで広まると、商品への不信感や警戒心が薄れるので、消費者が購入行動を起こしやすくなるというメリットもあります。企業が消費者に商品やサービスを宣伝すると、消費者は受け身の形となるので、なかなか購入行動を起こしません。ただ、友人がSNSで「〇〇すごく良い!」とつぶやいていたらどうでしょう。
消費者は「友人が買った〇〇ってどんなもの?」「友人が良いって言うのだから信頼性がある」といったように、企業から紹介されるよりもその商品に対しての警戒心が薄まって興味を持つようになるのです。そのため、購入行動に繋がりやすいです。

デメリット

悪い評判も広まる

これは当たり前のことではありますが、商品やサービスが悪かったら、悪い口コミが溢れてしまいます。企業や商品のイメージが下がる可能性があるということも理解しておきましょう。

ステルスマーケティングを疑われる

ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝であると気づかれないように宣伝するマーケティング手法です。消費者になりすまして口コミやブログを書く方法や、一般人や有名人に依頼してブログやSNSに掲載してもらうという方法です。

ステルスマーケティングが知られた場合、企業の信頼性は落ちてしまうこともありステルスマーケティングを行っていると疑われるリスクもあります。

 

バイラルマーケティングの成功事例

それでは、実際にどのようなバイラルマーケティングがあるのか、成功事例を見ていきましょう。

トヨタ自動車株式会社

引用元:「#金曜日の新垣さん」 スクリーンショット

動画→「#金曜日の新垣さん」

上記の動画は、トヨタ自動車株式会社が作成した「ノア」のプロモーション動画です。この動画は、新垣結衣さんがまるで自分の妻であるかのように話しかけてくれるようなアングルで撮影されたシリーズ動画です。「いいね!」が3.8万回以上、「シェア」が7,000件以上、「再生回数」が220万回以上と、Facebook上でかなり拡散され、話題となりました。もちろんFacebookだけでなく、TwitterやYouTubeでも話題となり、多くの方がこのシリーズ動画を視聴しました。

引用元:トヨタ自動車株式会社の動画一覧

上記の画像を見ていただくとわかるように、「#金曜日の新垣さん」の動画だけ他の動画よりも再生回数が圧倒的に多いことがわかると思います。他の動画は再生回数が4万回であったり、3万回であったり、中には1万回再生されないものもあります。

しかし、「#金曜日の新垣さん」の動画は100万回以上再生されているのです。なぜこの動画が人気になったかというと、男女問わず人気の新垣結衣さんが可愛らしいのはもちろんですが、プロモーションである気がしないというところでしょう。プロモーション感が強いと、消費者は視聴することを避けてしまいます。
さらに、このシリーズ動画は毎週金曜日に新たな動画を更新していました。そうすることで、視聴者はトヨタ自動車株式会社のSNSアカウントをフォローするのです。フォロワーが増えると、企業の商品やサービスを知らせることができますし、フォロワーが多いことで、企業の信頼度が高まります。

 NTTドコモ

引用元:「3秒クッキング 爆速餃子」 スクリーンショット

動画→「3秒クッキング 爆速餃子」

次はNTTドコモの「3秒クッキング 爆速餃子」というプロモーション動画です。通信速度を向上させた新たな通信サービス、「PREMIUM 4G」をプロモーションするために作られた動画です。
この動画は、世界最大級の広告賞と言われる、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」で「ブランデッドコンテンツ&エンターテイメント部門」や「フィルムクラフト部門」でゴールドを受賞しています。YouTubeの再生回数が980万回以上と、かなり視聴されていることがわかりますよね。こちらの動画もプロモーション感がなく、興味を引く実験動画のような作りになっているので、消費者の興味を引くこととなりました。 

これらのプロモーション動画のように、「可愛い、面白いからシェアしたい」という気持ちを消費者に芽生えさせることで、商品やサービスがSNSやブログ、口コミで広まります。そうすることで、商品やサービスが認知され、消費者の購入行動に繋がるのです。

 

バズる動画を作ってチャンスを生み出そう

「バズる」という状態を作るのは、狙ってできるものではありません。動画に多額の制作費をつぎ込んでも、全く話題にならないことがありますし、動画の制作費がほとんどかかっていなくても、なぜか話題になることがあります。

どんな動画が話題になるかわからないので、どんな企業にもチャンスはあるのです。ぜひ、バイラルマーケティングを取り入れて、商品やサービスをアピールしてみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ