動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

マニュアル映像は社内外問わず有効?メリットと制作のポイントを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が提供している商品やサービス、研修内容をマニュアル映像の形で紹介しているケースが増えてきています。目的は企業によって様々で、サービスのプロモーションや利用しているユーザーのサービス理解度を高めるため、社内の研修をスムーズに行うためなどあります。今回はそもそも企業が抱えている課題はどのようなことで、それに対してマニュアル映像でどのようなことを解決できるか解説していきます。ぜひ参考にしてください。

マニュアル映像とは?

マニュアル映像の特徴

マニュアル映像とは、企業が提供しているサービスの使い方に関して解説されている映像や社内の研修内容を解説する映像などのことを指しており、表現方法はアニメーションのケースや、スライドのケース、実際に利用しているシーンを実写で撮影しているケースなどが存在します。マニュアル映像を視聴してもらうターゲットにとってどの形式が目的を達成するためには必要かの視点で考えることが重要になります。

マニュアル映像のメリットは?

マニュアル自体は以前から存在しましたが、文面のマニュアルではなく映像のマニュアルが増えてきています。もちろん文面を用いたマニュアルでも伝えたい内容を理解できることはできますが、より伝えたい内容の理解度を深める上で映像の方法が役立つことが多いにあります。例えば実際にサービスを使っている様子や使っている中で困る場面を映像で見ることができれば、視聴者もより身近に自分ごと化としてチェックすることができます。

マニュアル映像を用意する理由は?


出典元:ルークス

ユーザーのCS向上をさせるため

サービスの利用を始めたユーザーは使い始め、様々な場面で迷うことがあります。また、慣れてきたユーザーも今より便利な使い方はできないか試行錯誤するケースもあります。サービス提供者にとって、ユーザーのサービスを利用満足度は非常に重要な指標であり、満足度が低い結果になるとユーザーのサービス離脱につながる可能性があります。この満足度を上げるためにも、ユーザーがサービスに関してぶつかる問題を解決させる必要があり、そこを担保するためにマニュアル映像を準備することがあります。

社員やアルバイトのサービス理解度を深めるため

社員やアルバイトの研修に映像を用いるケースも増えてきています。従来は研修といえば、対象者を同じ場所に集め、先輩社員による説明や実際に働きながら随時指導するといったリアルで指導する形が基本でした。

しかし、先輩社員が毎回指導するには一定の時間がかかりますし、聞いている社内のメンバーも人によって理解のばらつきが発生します。
そこで、映像で研修について指導すべき内容をまとめることで、先輩社員も研修するごとに時間を押さえる必要もなくなり、研修内容も統一されることで、指導を受けるメンバーも同じ内容の研修を受けることが可能になります。

また、映像なので理解が追いついていない場合は複数回見ることも可能になります。

カスタマーサポートの工数削減のため

システムやWebサービスを提供している企業にはユーザーからの問い合わせを対応するカスタマーサポート部門が存在していることが多くありますが、お問い合わせ内容は様々であり、基本的な内容を聞いてくるユーザーも多く存在します。

そこで、マニュアル映像で基本的な内容は理解してもらうことで、工数削減し、本当に必要な対応だけに時間を割けることがポイントになります。実際にマニュアル映像を導入してから、お問い合わせが3分の1以上減ったという事例も出ています。

マニュアル映像のポイント

イラストでテキストを可視化する表現方法


出典元:プルークス

システムやWebサービスでそもそも仕組みがわかりにくい場合に、イラストやアニメーションを使うことで全体の流れや特徴、ポイントなどをわかりやすく確認することができます。

イラストやアニメーションを用いることで、硬さもなく、視聴者もより身近に内容をチェックすることが可能です。

実写、撮影を使った表現方法


出典元:プルークス

電化製品や日用品などの商品を提供している場合は、使っている様子などを撮影し、ユーザーに使うイメージを持ってもらうようなマニュアル映像を採用するケースが多いです。

どのようなシチューションでどのような方法で使うのかというイメージを持ってもらえれば、利用促進にもつながりますし、視覚的にわかりやすく理解することができます。

サービス画面をわかりやすく演出


出典元:プルークス

実際のサービス画面を用いて、使うときはどのような操作をすればどのような遷移をするのかなどを確認することができます。ユーザーもこのマニュアル映像を見ながら、困っている箇所の対応方法を確認できるので、最終的には問題が解決され、満足度向上に寄与します。

まとめ

マニュアル映像は社内外問わず非常に有効な手法になります。社内の工数削減のために利用することもできますし、結果的にユーザー満足度を上げる可能性も大いにあります。ぜひマニュアル映像の導入も検討してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ