動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

マニュアル動画は作るべき?メリットや動画制作のポイントを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品を購入したらマニュアルで使い方をチェックしますが、これが動画だとかなり理解度が高まります。そのためビジネスシーンでも、社員教育や顧客へのサポートなど、いろんな場面でマニュアルの動画化が行なわれています。社内で簡単にマニュアル動画を作ることも可能ですので、作り方のコツや役立つツールやサービスも知っておくと便利です。

 

マニュアルを動画化するメリット・デメリット

マニュアルを動画化する企業が増えていますが、それは大きなメリットを動画化で実感できるからです。一方、動画化によるデメリットも少なからずありますが、それなら文書やPDFでカバーできます。文書マニュアルの良さを理解し、一緒に動画マニュアルを活用できるとより伝わりやすくなるでしょう。

動画化のメリット

マニュアルを動画化することによって、サービスや製品を提供する側と利用する側双方に以下のようなメリットがあります。

動作が分かりやすい

製品の説明を文章で説明すると、利用する側は一度頭の中でイメージをしなければなりません。しかし動画で必要な動きを見せれば、すぐにどの方向に動けばいいのか、どの程度の速さで作業をすればいいのか理解できます。映像は文字コンテンツよりも多くの情報量を得ることができるとされているので、動画で詳細を伝えることで受け手も文字コンテンツよりもより深い理解をすることができますし、解釈の余地も減るので、認識の齟齬を防ぐことが可能です。

読む時間や手間を省く

長い文章を読める人はそれが習慣化しているから読めるのですが、マニュアルが長い文章で書かれているだけで読む気が削がれることもあります。しかし、動画であれば文字をわざわ読む過程がなくなるので、そのような懸念はなくなり、また文字を読むのに必要な知識等も必要ないため、子供など幅広い属性に対しても対応することができます。

文字コンテンツよりも短い時間で内容を把握できることから、受け手もストレスなくマニュアルを理解することが可能です。

何度も教える手間が省ける

マニュアルを伝える側は何度も説明をすることになりますが、動画を作っておけばその手間も省けます。特に外部から講師を呼ばなければ説明できないマニュアルの場合は、動画化によって大きなコスト削減ができるのです。動画を作るためのコストよりも定常的にマニュアルを伝えるコストの方が長い目で見ると大きいケースが多いです。マニュアル変更があまり起きないケースは動画マニュアルは非常に有効でしょう。

時間を選ばない

あらかじめ動画化しているため、マニュアルについて質問がある人はいつでも動画を確認できます。研修の場合には繰り返し練習する際に使えるので、スキルの上達にも繋がるのです。

ツールの増加により利用しやすい

以前までは動画を見ることができるツールが限られていましたが、最近では動画のクラウドでの共有も簡単ですし、スマホやタブレットでも確認できるため紙よりも共有が簡単です。

 

そして、動画視聴するためのツールもですが、動画制作するためのツールも多くなってきています。また近年の動画市場の成長により、人々の動画に対する敷居も低くなっています。そのような背景からも動画マニュアルは従来以上に受け入れやすくなっています。

 

動画化のデメリット

動画の作り方、あるいはサービスや製品の特性によってはマニュアルの動画化が不向きな場合もあるので注意が必要です。

必要事項の確認に時間がかかる

文書のように目次になっていないので、どこにどんな情報があるのか動画では分かりにくいです。動画の時間が長いとより不便に感じることもあるでしょう。

対策としては、例えば動画の説明欄の箇所に目次として動画の何分のところに何の説明がされているか記載することで、確認を容易にすることも可能です。

動画制作のスキルが必要

分かりやすい動画には、テロップの挿入や編集などさまざまなスキルが使われています。実は便利なツールもたくさんあるのですが、動画制作に慣れていない人はスキルが必要と感じ、動画化を敬遠してしまいがちです。

対策としては、自身で制作する以外だと外部に依頼する手法もあります。前述の通り、定常的に利用するマニュアルなのであれば、動画制作にかけるコストよりも説明コストの方が高い可能性もあるので、利用するマニュアルに応じて柔軟に判断しましょう。

多くの情報を伝えにくい

文書では製品やサービスに「絶対に必要な知識」と「あとで読んでおいても問題ない知識」の両方をまとめて提示しておくことができます。動画では分かりやすく伝えることが目的なので、多くの情報が入れることが難しいのが現状です。

対策としては動画の編集で上記のような必須情報とできれば知るべき情報を分けて明示する方法やそれらの内容を別で動画制作する方法があるかと思います。

 

マニュアル動画の種類は?

製品マニュアル

製品マニュアルは他にはチュートリアルや取扱説明書などと呼ばれることもありますが、意味としては該当商品の利用方法などの詳細が記載されています。

従来は紙媒体で説明されるケースが多いのですが、より消費者にわかりやすく使い方などを伝えるには動画などの方が優れているケースが多いです。動画であれば、実際に利用されているシーンを視覚的に伝えることができるので、近年製品マニュアルを動画で紹介する企業も増えてきています。

業務マニュアル

業務マニュアルは消費者向けではなく、企業内のマニュアルとして利用するケースがあります。従来だと社内の指導をするときには先輩や上司から後輩や部下へ伝える形が一般的でしたが、動画マニュアルを活用すれば一部自動的に指導することも可能です。

伝える内容があまり変動なく、定常的に発生する内容は動画マニュアルにし、伝える内容が状況によって変動し、動画化することが難しいノウハウの場合は今まで通り直接指導するなどの棲み分けをすると良いでしょう。

研修マニュアル

こちらは業務マニュアルと一部被る内容にもなりますが、基礎的な知識やレクチャーなどを直接ではなく、動画を用いることで指導にかけるコストを削減することが可能です。

動画マニュアルであれば、繰り返しの視聴も可能なため、視聴者の理解を促進することもできるので内容があまり変動ない場合はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

上記のようなマニュアルの種類別の特徴を下記記事でも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

今は動画が主流!?動画にすべきマニュアルの種類と動画化のメリット

https://video-academy.jp/blog/know/knowledge/5850/

 

動画マニュアルが活躍するシーン

マニュアルの動画化はさまざまなビジネスシーンで活用されており、企業の利益向上にも役立っています。

販促

商業施設ではポスターや横断幕がたくさんありますので、そのような静止した広告よりも動画の方が目を引きます。展示会でも空間演出の方法としてマニュアルの動画化が利用されています。

営業

商談の場で製品やサービス開発の担当者をわざわざ連れて行かなくても、営業担当者がマニュアル動画を見せるだけで顧客にインパクトのあるアピールが可能になります。

顧客へのサポート

ホームページによくある質問を掲載していると利用側の理解度も進みますが、動画もあるとより深い理解ができます。

社員教育

動画を視聴できる環境を整えていれば、ベテランしか理解できていなかったことも新人に直感的に伝えやすいです。繰り返し確認できるのでスキルアップにも役立てられています。

採用活動

人材の確保にはさまざまな努力が必要です。動画は目を引く資料なので、これでオフィスや工場内の様子を提示すれば、分かりやすく会社の魅力を伝えられると評判です。

 

動画マニュアルの作成フローと注意点

手順さえ踏まえていれば、マニュアル動画は社内でも内製できます。必ず確認しておきたい注意事項もあるので把握しておきましょう。

動画の作成フローとコツ

1.ターゲットの決定

社員に向けて教育用に作るのか、顧客が製品の使い方を見る際に使うのか、マニュアルを提供するターゲットを明確にします。顧客向けであれば購入に繋げるための工夫もしなければなりません。

2.台本作成

ターゲットがマニュアルを理解できるような要素を含んだ台本を作成していきます。台本を作るときのコツは流れに気をつけること、音楽や場面設定に必要な小物など、必要な素材を確認することです。台本を基本にして動画や音収録をしていくため、絵コンテやナレーションを入れる場面も細かく設定していきましょう。

3.動画撮影

台本に沿って必要な画を撮影していきます。音は後でつけ足すこともできるため、同時に撮らなくても構いません。製品説明の場合は特に一方向からだけ撮影するのではなく、さまざまなアングルで撮影しておくと良いでしょう。

4.音収録

セリフなどがある場合は現場で収録すると手間が省けますが、野外の場合は風の音も影響して声が聞こえにくくなるため、吹替で動画に合わせて音を収録することもあります。

5.装飾

ナレーションやテロップなどをつけていきます。特にナレーションは視聴者が注意して聞く部分なので、アナウンサーなどのプロを雇うことも検討します。テロップでの説明はナレーションがなくても伝わるような簡単な説明のときに使えます。

6.編集

動画をそのまま撮影した順番に繋げていくと不自然になるので、編集で分かりやすく整えます。台本や撮影した人以外の人が編集をすることで、より分かりやすい動画になるでしょう。

 

動画をアップする前の注意点

イラストや動画、建造物には許諾が必要な場合があります。内製する際には以下のことを確認してから動画をアップしなければなりません。

・著作権が誰にあるのかを制作者と確認する

・従業員が出演する場合退職者や在職者に肖像権の許諾を得る

・野外撮影の動画に建造物が移った場合建造物や土地の許可を得る

・他社製品はロゴが映らないようにする

・レンタル素材の許諾が取れているか確認する

社内だけで使うマニュアル動画であっても、以上のことは確認しておくべきです。

 

マニュアルの動画化に役立つツールやサービス

動画を視聴できるツールも増えていますが、マニュアルの動画化に活用できるツールやサービスも増えています。そのため、今まで敬遠していた企業でも、これらのツールを使ってマニュアルの動画化に挑戦できるようになっているのです。

 

スマホのアプリ

ホームビデオやパソコンでしか編集できないアプリを使わなくても、スマホのアプリで簡単に動画が編集できます。

AndroidでもiOSでも使える動画アプリ、Adobe Premiere Clipなら、簡単にシーンの順番を入れ替える機能もついていて初心者でも使いやすいです。

出典元:モバイルでサウンドトラック付きのビデオを作成 | Adobe Creative Cloudモバイルアプリチュートリアル

マニュアル作成ツール

マニュアル動画化を内製するならマニュアル作成ツールが便利で、いろんなサービスが展開されています。

Teachme Bizはマルチデバイスで視聴可能な環境を整えられるマニュアル動画サービスで、マニュアル作成にかかる手順が簡素なのが特徴です。

引用元: Teachme | マニュアル作成をもっと簡単に。指先一本でマニュアル運用

引用元:マニュアル作成ツール Teachme Biz|クラウドで管理・共有もかんたん

 

動画制作会社

出演者や建造物の許諾を得ることは慣れていないと難しいと感じることもあるかもしれません。動画制作会社に頼めば、社内に動画制作のスキルがある人がいなくてもクオリティの高い動画制作が可能です。

動画マーケティング会社であるプルークスであれば、多くの動画制作の実績があります。

実写やアニメーションのどちらも対応し、視聴シーンに合わせて動画内容をカスタマイズ・制作することも可能です。多くの実績があることから、各企業が求めている動画内容に合わせた制作も可能です。

 

もし、今後常に活用する動画マニュアル制作を検討している場合はぜひ確認してみてください。

 

プルークスの動画制作サービス

https://proox.co.jp/service/case/case-detail07/

 

動画マニュアルの事例

<h3>JUKI株式会社</h3>

出典元:プルークス

ミシンなどの販売をしているJUKI株式会社は販売商品の取り扱い説明書を動画マニュアルにて紹介しています。各利用用途に合わせた説明を動画にて実演しているため、商品理解を促進することが可能です。

<h3>sansan株式会社</h3>

出典元:プルークス

名刺管理サービスを提供しているsansanの動画マニュアルになります。実際の画面を用いて、誰にでも活用方法をわかりやすく伝えることで、導入済みの企業のみならず、導入検討をしている見込み企業に対しても導入のきっかけにつながるような紹介動画となっています。

 

マニュアルの動画化は気軽にできる

スマホやマニュアル作成アプリで気軽にできるマニュアルの動画化。メリットも大きいので試さないともったいないです。導入すればスタッフのコストも削減でき、しかも顧客のサービスや製品に対する注目度、さらには満足度までアップできます。今までのマニュアルと併せて検討してみることが大切でしょう。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ