動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

マニュアル動画で作業効率UP!おすすめの動画作成ソフト5選

このエントリーをはてなブックマークに追加
マニュアル動画で作業効率UP!

研修や業務説明で必要なマニュアルは、紙媒体で作成することでコストや人件費がかさみます。ユーザーも、テキストや画像情報のみでは内容の理解を深めることはできません。

そんなペーパーマニュアルに代わって注目されているのが、動画を活用した「マニュアル動画」です。

マニュアル作成に頭を悩ませる方のために、マニュアル動画へ切り替えるメリットや事例動画、作成までの流れをご紹介していきます。また、初心者でも使いやすいおすすめのマニュアル動画作成ソフトを5つピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

マニュアルは「紙」から「動画」へ

従来は紙に印刷またはPDFデータをダウンロードしてマニュアルを使用してきましたが、最近ではその情報を、音声や動画を利用して紹介するマニュアル動画へと変わりつつあります。

マニュアル動画の種類には、教育マニュアル・業務マニュアル・製品マニュアル・サービスマニュアルなどがあります。会社の社員研修や業務内容の周知として作成されるだけでなく、最近は個人が作成した料理紹介、美容やトレーニングの方法などハウツー動画など、幅広く浸透しています。

 

メリット

マニュアル動画を作成して使用するメリットとして、具体的に何があるのか見ていきましょう。

コスト削減

紙媒体でマニュアルを作成する場合、まず紙代・印刷代が必要です。これを配布する人数が多く、研修などは回数に応じて配布が必要となり、コストもかかります。講師を招いての講義も人件費がかかりますが、動画は一度作成すると繰り返し使うことができ、コストを大きく削減できます。

いつでもどこでも確認できる

作成した動画をサーバーに上げておけば、マニュアルが必要なときや、内容を確認したときなど、いつでもチェックできます。また、設定を行えばPCだけでなくスマートフォンなど手持ちのデバイスで視聴でき、場所を選ばずマニュアル確認ができます。

理解しやすい

紙やPDFですと、テキストや静止画の情報のみになるため、自分のペースで確認ができる反面、具体的なイメージが掴みにくいというデメリットがあります。マニュアルを動画にすると、動きや音声を交えた情報が入ってくるため、内容がより具体的に理解できます。

何度も確認ができる

動画は繰り返して視聴できるので、要点を何度も確認できます。しかし、「動画ではいつ必要な部分が出てくるのかわからない」という声もあります。その場合は、時間や内容がわかる目次を記したり、動画の指定した再生時間に直接アクセスできるリンクを貼ったりすると、効率よく確認ができます。

 

サンプル動画をチェック

マニュアル動画には種類がありますが、その中から会社内で用いると便利な社内マニュアル・社員研修マニュアルの動画をご紹介します。

 

社内マニュアル「新入社員が即戦力になる!社内マニュアル動画」

新入社員が即戦力になる!社内マニュアル動画 – YouTube

こちらは社内で使用する共通マニュアルで、再生時間は1分34秒と短いですが、動画で実践して紹介しているのでテキストや画像のみの情報より理解が深まります。また、「ちょっとやり方を忘れてしまった」「もう一度視聴しておさらいしたい」というときでも、繰り返し見て習熟を深められます。

 

社員研修ビデオ「新入社員の育て方・伸ばし方」

社員研修ビデオ「新入社員の育て方・伸ばし方」 – YouTube

新人指導を担当する社員を対象に作成された動画コンテンツです。新入社員にありがちな例をピックアップし、後に新入社員の育成やポイントについて紹介していきます。指導担当が変わる際にも、動画を確認することで引き継ぎの手間を省けます。

 

マニュアル動画作成の流れとポイント

マニュアル動画を実際に作成していくなら、事前にチェックしておきたい点や作成フローについてご説明します。

 

資料や情報の準備

マニュアル作成に必要な資料をチェックし、必要な情報を収集します。例えば業務マニュアルを作成する場合、業務内容を分析するために書き出していきます。始めは大きいカテゴリーに分け、そこから更に細分化し、全内容の把握と洗い出します。それをもとに、動画に含める内容と不要な内容に仕分け、情報を整理整頓しましょう。

 

構成・台本

動画の構成を考える上で、視聴する対象者・目的・いつ使用するのかを明確に設定しておきます。それをもとに、ターゲットの視点や理解・応用力を考慮したコンテンツの構成を練ります。

全体的な構成ができたら、実際に動画の撮影を行うための台本を準備しましょう。「台本なんてわざわざ作らなくてもいいのでは?」と思う方もいるかと思いますが、いざ撮影を始めたときに台本がないと思うように進行できず、クオリティにも影響を及ぼします。テンポよくスムーズに撮影を進行しておくためにも準備し、作成に関わる人で共有することも大切です。

台本を作成するときに考慮するポイント

・何を撮るのか、どの順番で撮るのかを決める

・インタビューやナレーションの文言や入れ方(シンプルかつ簡潔に表現する)

・カットや動画の時間

・必要な道具や素材の把握

 

撮影

動画の撮影に入る前に必要な機材、照明やマイクなどをセッティングしましょう。実際の撮影は台本をもとに進めていきますが、カメラアングルには変化をつけ、何パターンか準備しておくことをおすすめします。編集の際にカット数が多いと、より最適なものを選択できます。また、カメラチェックではOKでも、いざ編集してみるとマッチしないケースも出てくるため、その点も想定しながら撮影を進めましょう。

動画はテロップのみでも構いませんが、ナレーションを入れることで、視聴者はより詳しく理解できます。

撮影時のポイント

撮影を行うとき、カメラがブレるとクオリティが低くなります。それを防ぐためにも、必ず三脚を使用し、照明やレフ版は準備しておきましょう。

 

編集

撮影した映像をパソコンに取り込み、映像をチェックして取捨択一しながら組み立てていきます。この作業は、複数名でチェックしながら進めることで、主観的な編集になるのを防げます。

 

おすすめの動画作成ソフト5選

マニュアル動画を編集・作成は、専用のマニュアル動画作成ソフトを利用すると便利です。ただ、動画の作成が初めての方は、どのようなソフトがあるのか、どれを選べばいいのかわらない方もいるでしょう。そこで、操作がしやすく、クオリティの高い動画が作成できるおすすめのソフト5つをご紹介します。

 

iTutor(アイチューター)

マニュアルの作成に業務時間を割いてしまった、という方もいるかもしれませんが、この「iTutor(アイチューター)」なら、取り込み・編集・出力を簡単に行うことができ、作成時間を大幅にカットできます。

ワードやエクセルなどをマニュアルの要素として取り入れたい場合、操作をそのまま動画へ出力できるので、一度作成しておくと、資料の作成方法など説明する手間を省けます。

iTutor(アイチューター)の詳細。口コミ・導入事例・サービス資料等 | 【ボクシル】法人向けSaaSの比較・検索・資料請求サイト

 

Dojo

自動作成機能がついた「Dojo」は操作が簡単で、初めて作成する方にもおすすめです。テンプレートが豊富なのでクオリティの高く、統一感のある視聴しやすい動画が誰でも作れます。また、サポートも充実しており、導入後に不明な点が出てきた場合でも対応してくれるため、安心して利用ができます。

Dojo(ドージョー)の詳細。口コミ・導入事例・サービス資料等 | 【ボクシル】法人向けSaaSの比較・検索・資料請求サイト

 

Teachme Biz(ティーチミービズ)

動画や音声、写真などを活用する「Teachme Biz(ティーチミービズ)」はパソコンだけでなく、スマートフォンで撮影した動画や写真を、そのままスマホアプリを利用して編集できます。作成する側の手間を大幅に削減し、ターゲットが視覚的に内容を理解しやすいコンテンツが作れます。ソフトはインストール型とクラウド型が選べるのもポイントです。

Teachme Biz (ティーチミー ビズ)の詳細。口コミ・導入事例・サービス資料等 | 【ボクシル】法人向けSaaSの比較・検索・資料請求サイト

 

TEんDO

クラウド型で利用できる動画作成ソフト「TEんDO」は、操作が簡単ながら、多彩な編集機能でマニュアルを作成できます。豊富なテンプレートを利用してオリジナリティのあるコンテンツが作成でき、完成した動画は、ワードやエクセルにも出力できます。

【マニュアル作成ソフト】TEんDo│TEんTOシリーズ

 

STORM V

プレゼン型のコンテンツを作成するなら、「STORM V」がおすすめです。動画やアニメーションの埋め込みができ、パワーポイントのプレゼンコンテンツを作成できます。音声を自動生成できる機能がついていますので、収録しなくてもナレーションを追加できます。

eラーニング・e-learning教材作成ソフト~合成音声付き | STORM

 

マニュアル動画で業務を効率化しよう

社員間で共有している業務マニュアルや、研修で利用するマニュアルを動画にするメリットについて説明してきましたが、初めて作成する場合はノウハウがわからず、作成まで一歩踏み出しづらい方もいるかと思います。

その場合には、おすすめしたマニュアル動画作成ソフトの概要を、簡単にチェックしておくことで作成の手順がイメージできます。マニュアル動画なら、作成者や研修を行う担当者の業務負担を軽減し、ユーザーにとっても理解しやすいコンテンツができるため、ぜひご活用ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ