動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

マニュアル動画を作成するメリットは?実際の事例5つも紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、企業が提供するサービスのマニュアルが従来の書面から徐々に動画を活用するケースが増えてきています。一方でマニュアル動画を作るメリットがわからない担当者の方も多くいるかもしれません。今回はマニュアル動画を制作するメリットや実際の事例を紹介していきます。ぜひマニュアル動画制作を検討している方は参考にしてみてください。

 

マニュアル動画のメリットは?

ユーザーが理解しやすい

マニュアル動画が書面ではなく、動画の方が良い点として理解のしやすさが挙げられます。書面ですと、基本的には文章や画像だけで理解させる必要があります。しかし、動画であれば実際に該当サービスを利用している様子と合わせて紹介するであったり、わかりにくい部分はアニメーションなどでわかりやすく演出するなど工夫することが可能です。サービスの特徴に合わせてわかりやすいマニュアルにカスタマイズできる点で動画は優れており、ユーザーの理解を促進できる点が魅力です。

情報量を多く提供できる

マニュアルのようにユーザーに多くの情報を知ってもらう必要があるときに動画は非常に効果的です。動画は視覚と聴覚に対して情報を提供することができ、視聴者側は受動的に情報のインプットができるため、多くの情報量を得ることができます。

実際に動画の情報量はテキストや画像だけの時と比較すると5000倍の違いがあるとも言われており、このような点でもマニュアル動画はオススメです。

いつでもどこでも視聴できる

マニュアル動画の3つ目のメリットとしては、いつでもどこでも確認することができる点です。例えば講義形式のマニュアルであっても、わざわざ会場に足を運んだり、実施する日程に合わせたりする必要はなく、受講者が視聴可能なタイミングでマニュアルを確認することができます。

視聴者側としては必要な時にマニュアルを学べる点でメリットになりますし、マニュアル提供側にとっても一度動画を制作すれば使い回しで大丈夫であり、コスト削減の観点でメリットになります。

 

マニュアル動画の事例

モチベーションクラウド


出典元:プルークス_リンクアンドモチベーション様

こちらの動画はリンクアンドモチベーション社が提供している「モチベーションクラウド」のマニュアル動画です。実際の画面に合わせて字幕とナレーションと一緒にサービスの使い方を紹介している内容になっています。

動画内の構成では、「現状把握」、「目標設定」、「実行促進」、「進捗確認」の4つの要素ごとに実際に利用する画面と合わせてサービスの活用方法を紹介しているため、企業が目的に合わせて正しいサービス活用が促進させるように仕上がっています。

シンプルなお葬式


出典元:プルークス_よりそう(旧:みんれび)様

こちらの動画はよりそう(旧:みんれび)が提供するサービス「シンプルなお葬式」のビジネスモデルやサービスの流れがユーザーに伝わるために制作されたマニュアル動画です。動画内容は実際にサービスが利用されるシーンを実写にすることで、ユーザーが自身が利用する場合のシチュエーションを想像しながらイメージできる構成となっています。

本動画の視聴回数はリニューアル前の2倍近く再生され、視聴時間も平均2分を超える効果を発揮しました。

paypay

こちらはPayPay社が提供している「PayPay」のマニュアル動画です。動画では、店舗側と利用ユーザー側のそれぞれがpaypayを利用するるシーンを実際の画面と合わせて紹介されており、両者にとってのマニュアル動画となっています。

実写での演出なので、イメージしやすい構成となっており、尺も短いため、気軽に視聴できる動画です。本動画ではレジ払いの時のマニュアル動画ですが、他にもテーブル決済の時のマニュアル動画なども用意されています。

クラウドワークス

こちらの動画はクラウドワークス社が提供する「クラウドワークス」のマニュアル動画です。インフォグラフィックで制作されており、複雑なサービスであるため、重要なポイントを絞った上で使い方が紹介されています。

冒頭ではそもそもサービスの利用の流れに沿っての説明を行い、途中からはよくある質問をベースにしたサービス紹介がされたマニュアル動画になっています。

ケータイ補償サービス

こちらはdocomoが提供している「ケータイ補償サービス」のマニュアル動画です。アニメーションでの演出になっており、少しわかりにくい印象のある補償に関する説明のハードルを下げる効果を発揮しています。

赤系の色で統一し、全体的なシンプルな構成になっているため、視聴者に余計な情報を与えず、伝えるべき情報をストレートに理解できるようなマニュアル動画です。

 

まとめ

今回はマニュアル動画のメリットと実際の企業事例を紹介しました。マニュアル動画はユーザーに正しくサービスを理解させるためにも有効な手段になります。マニュアル動画の制作を検討しているが、作り方がわからない方はぜひ実績のあるプルークスにお問い合わせください。また、弊社のマニュアル映像制作実績は以下のバナーから一覧で見ることができますのでご参照ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ