動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

会社紹介は動画がおすすめ!制作に使える構成やポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社のコンセプトや仕事内容、そして特徴や雰囲気を効果的に伝えることで、ターゲットにより印象深く情報を届けることができます。そこでおすすめしたいのが、最近主流となりつつある動画を活用した会社紹介です。動画で紹介するメリットや、実際に制作するときの構成を、例文を用いてお伝えしていきます。

 

会社紹介は動画の活用へとスライド

以前まではパンフレットなどの紙媒体を利用して、会社概要や特徴などを伝える手段が主流でした。しかし、今では動画を制作して紹介するケースが増えてきています。企業や就職を希望する人を対象にした会社紹介ですが、動画で紹介することでどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

動画を使うメリット

イメージがしやすく伝わりやすい

会社概要や特徴、仕事内容などを紹介するためには、テキストで伝えるよりも、音や映像を使った動画の方がよりイメージがしやすくなります。また、コンテンツ内で普段は見ることのできない社内や工場内部を映像化することで、バーチャル的に見学することができますので、より雰囲気を掴むことができます。

対企業への認知度を高める

個人に対してだけでなく、企業に対しても動画を通して活動やサービス内容をPRすることができるので、会社の認知度を高めることにも効果的です。

商品やサービスなどを詳しく伝えられる

会社が提供している商品やサービスをCMでアピールする場合には、どうしても時間制限があります。しかし、動画では2分から5分ほどの時間を使うことができますので、より具体的な商品やサービスの内容を伝えることも可能です。

活用のシーン

会社の商品やサービスを利用したい人、取引の対象となる企業がメインのターゲットになるため、コーポレートサイトやサービスサイト内での動画アップや、展示会などで活用されます。

 

動画を制作するときの構成を考えよう

実際に動画を制作していく場合には、まず動画の大筋や構成を立てることが大切です。そこで、制作の際に考慮しておくことや構成、そして3つのタイプについてご紹介します。

制作のポイント

目的・ターゲットを明確にする

なぜ動画を制作するのか、まずはその目的を明確にしましょう。例えば、「提供しているサービスの内容を詳しく知ってもらいたい」や「会社のコンセプトや特徴を伝えたい」という理由から、「まず我が社のことを認知してもらいたい!」という理由まで、動画で伝えたい情報や意図は様々です。それによって、どのようなタイプの動画が適しているのかも異なります。まずはスタートとなる動画制作の目的をしっかりと把握しましょう。

ターゲット

目的が明確になることで、「この動画を誰に向けて発信するのか」というターゲットを絞ることができます。例えば、サービスを利用してもらいたいユーザーをターゲットとするなら、年齢や性別、職業や役職なども定めていきます。ターゲットの詳細であるペルソナを絞っていくことで、より対象者へと届きやすいコンテンツを制作できます。

会社のブランドイメージ

会社によってそれぞれのブランドイメージがありますが、そのイメージにマッチした動画を作成することも重要です。例えば、ラグジュアリーなイメージを掲げているホテルの紹介なら、高級感や豪華なイメージが伝わるような動画を制作します。それに対し、量販店など生活の身近なシーンで商品やサービスが利用されているなら、ユーモアなどを含めたコンテンツを作ることで、より親近感も湧いてきます。

ストーリー性を持たせる

最近は動画を視聴する機会が増えたため、動画の内容を美化している、または現実として身近に感じない場合、逆に会社のイメージを下げてしまうことに繋がります。また、内容が真実であっても、それをただ紹介しただけでは動画を見ている人に伝わりません。「会社のリアル感」がしっかりターゲットにも伝わるよう、会社の理念や世界観を動画の要素に含めることが求められます。

要素は詰め込み過ぎない

アピールしたいものの特徴や魅力などをあげていくと、その量が増えてしまい、全てを伝えようとすると情報過多になってしまいます。そうすると、何が伝えたいことなのかがわかりにくくなってしまい、結局内容が印象に残らず、興味を持ってもらえない可能性も出てきます。目的やターゲットが定まったら、その軸がブレないように、不要な要素は削ぎ落としていきましょう。

構成を考える

動画の構成を考えるときには、まず大まかな流れを考えて構成するといいでしょう。 「この動画の内容は何を伝えたいものなのか」がわかるテーマを提示します。次はそのテーマの詳細や具体例を述べます。そして最後には結びとして、全体を要約した内容を伝えます。「テーマ、本文、まとめ」の3つの要素で構成したストーリーの例を見ていきましょう。

1.テーマ:「夏でもサラッと涼しく着られるブラウスが新登場!」 →会社で新たに発売される商品の紹介
2.本文:「手触りが良く清涼感があり、シワにならない○○素材を使用しているからアイロンなしでもOK」 →具体的な商品説明
3.まとめ:「このブラウスなら、夏の暑い日でもノンアイロンで手軽に着ることができ、快適に過ごせる」 →全体の要約

上記は新商品の紹介を目的とした内容ですが、この基本的な流れを応用することで、会社紹介、キャンペーン告知など「ユーザーへと情報が伝わりやすい」動画構成にすることができます。

動画の3つの形式

動画で何をアピールしたいのか?という目的によって、最適な表現や形式も異なります。そこで、ドキュメンタリー形式・インタビュー形式・コメディー形式の3パターンの特徴についてご紹介します。

1.ドキュメンタリー形式

ドキュメンタリー形式で動画を作成する場合には、1つの業務や部署、特定の人物にフォーカスを当てて紹介してくスタイルが多いでしょう。的を絞ることで、動画を視聴したターゲットの心に共感を与えることができます。例えば、新入社員にフォーカスすると、採用動画として仕事の流れを紹介できると共に、会社内の雰囲気などを伝えることができます。

2.インタビュー形式

実際に会社で働いている社員を登場させ、仕事内容や仕事を通じて感じることなどをインタビュー形式で紹介していきます。部署がいくつかある場合には、それぞれの部署の特徴から実際に現場で働いて感じたことなど、具体的な事例を含めながら生の声を伝えることで、よりリアルに会社の雰囲気や特徴を伝えることができます。特に会社概要や特徴を伝えたい場合には、インタビュー形式が効果的です。

3.コメディー形式

会社のことを知らない人でも、興味を引く内容の動画だと印象に残り、新しいユーザーを生み出すことができます。そのような動画を生み出すためには、テクニックやセンスなどが求められますが、インパクトを与えることができれば、ユーザーによって会社の認知度が広まっていくことも期待できます。

 

制作する目的に応じてポイントを押さえる

会社紹介の動画タイプの中には、「会社のコンセプトや特徴を紹介するもの」「商品を紹介するもの」「サービスを紹介するもの」の3つがあります。動画を制作する場合に、それぞれのタイプ別で検討しておきたいことをお伝えしていきます。

コンセプトや特徴紹介

会社の概要となる、コンセプトや特徴を紹介する動画を作成する場合、いつ、どこで、何を紹介するのかを明確にして固めておくことがポイントです。それに加えてターゲットや、結果として何を得たいのかを検討します。 「いつ、どこで」を検討することでユーザーが視聴する環境を考え、さらにそこから動画の再生時間の目安を割り出していきます。

サービス紹介

提供しているサービス自体は目に見えるものではありませんが、それを動画によって可視化することができます。内容も「サービスを知ってもらう」ことと「サービスの魅力を伝える」ことに分けると、効果が得やすくなります。例としては、始めに2分程度のサービスの魅力を伝える動画を流し、別タイトルでサービス内容やベネフィットについて紹介するパターンもあります。

商品紹介

商品を紹介するなら、まずは競合商品をチェックし、自社商品との差を分析してより良いアピール方法を検討していきます。それをもとにターゲットを定め、商品の魅力や必要性などを届けるため「なぜこれを推すのか」という理由やベネフィットを含めます。

 

動画の会社紹介で上手にPRしよう

主流となりつつある動画での会社紹介ですが、作成する際のポイントや構成についてお伝えしてきました。 制作は「メインとして伝えたい情報は何なのか?」「誰に向けて届けるのか?」という目的やターゲットを明確にすることからスタートします。
そこへ会社のブランディングを含め、ストーリー性を持たせることで視聴するターゲットを惹き込むことができます。
ぜひ、会社のPR効果を高めるためにも動画を制作してはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ