動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

展示会動画を流すメリットとは?最適な長さとタイプ別動画の活用事例



このエントリーをはてなブックマークに追加

展示会動画の長さは短い方が良いのか、それとも長い方が良いのかがわからない方がいると思います。展示会動画の長さが短ければ、来場者は集中力を欠かずに最後まで動画を見てくれることでしょう。しかし、商品やサービス、会社を説明する動画が短すぎる場合は、来場者にしっかりと情報が伝わっているのかがわからないですよね。つまり、展示会動画の長さは必ずしも短い方が良いということや、長い方が良いということがないのです。
こちらの記事では、展示会動画の長さやタイプについて、詳しくまとめました。初めて展示会で動画制作を行うという方におすすめですよ。

 

展示会で動画を流すメリットは?

展示会で動画を流すメリットは全部で3つあります。

1.文章や画像では伝わらないものが伝わる

人の目は、文章よりも画像に、画像よりも動画に惹きつけられます。ブースの入り口で動画が流れていたら、目に入りやすくブース内に呼び込むきっかけとなります。
また、動画に興味を示している来場者は、高確率で商品やサービスに興味を持っているので、声をかけてから商談までをスムーズに進めることができるのです。

2.商品やサービスを理解しやすい

動画であれば、商品やサービスをわかりやすく来場者に伝えることができます。例えば、無形商材やノウハウ系の動画は、口頭よりも動画の方がわかりやすく説明することができます。
また、商品が大型の場合や、ブース内で商品の効果を紹介することが難しい場合でも、動画であれば商品やサービスを紹介することができます。
商品やサービスだけでなく、就活生向けの合同説明会で会社を紹介したいときにも展示会動画は有効です。就活生にとって興味のある会社内の雰囲気は、動画でなければなかなか伝わりません。
動画を利用することで、会社の特徴や社員の雰囲気などを就活生にしっかりと伝えることができます。

3.汎用性が高い

動画はとても汎用性が高く、さまざまな用途に使うことができます。
これまで説明した2つのメリットのように、ブースに来場者を呼び込み、商品やサービス、会社を説明する役割がありますが、それをどのようなスタイルで伝えても良いでしょう。例えば、アニメキャラに商品を説明させたり、ドラマのようなスタイルでサービスを説明したり、真面目な様子で会社を説明したりと、テレビCMのような自由さが展示会動画にはあります。

 

展示会動画の長さは何分が最適?

スマートフォンが普及してから人間の集中力や学力は低下したといわれています。テレビCMは昔、30秒や60秒程度のCMを流していました。ただ、今では15秒のCMがほとんどです。これは、視聴者の集中力が低下したことが原因で、長い広告は見てもらえません。
例えば、CMが流れているときは、スマートフォンで何か別の作業をしたり、テレビ番組をハードディスクで録画していた場合は早送りしたりします。だからといって、広告動画は短ければ良いというものではありません。
最近では、Youtubeにある、たった5秒の広告でもイライラしてしまう方がいるのです。展示会では、来場者の滞在時間が限られています。なるべく多くのブースを回りたいので、長くて興味を引くことができない動画がダラダラと流れていても来場者の足を止めることはできません。
そのため、来場者が一瞬でも立ち止まってもらえるようなインパクトのある展示会動画を作る必要があります。来場者の足を止めることが目的ならば、15秒~30秒程度で興味を引くことができる動画をループで流すべきです。

 

展示会動画のタイプ

展示会動画には大きく分けて4つのタイプがあります。

ティザー動画

引用元: OHaNAS ティザー篇
ティザー動画とは、映画館で上映前に流れる予告のような動画です。細かい内容はあえて伝えず、動画を見た人に興味を持たせる効果があるのがティザー動画の特徴です。
魅力的なティザー動画をブース前で流していたら、来場者は興味を示してブース内に入って来たり担当者に自ら声をかけてきたりすることもあるでしょう。ティザー動画の長さは30秒以内で作成することをおすすめします。
動画が長くてはティザー動画の効果は発揮されません。できるだけ短く作成し、詳細はブース内で説明するのがポイントです。

商品、サービスの紹介動画

引用元: 刺し跡が消える!?マジカルピンフック 展示会用動画

 

引用元: スライド手帳 展示会用動画
先ほども少し触れましたが、商品やサービスの特徴を紹介する動画では、展示会場では見せることのできない耐久性の高さを示す実験を来場者に見せることができます。また、ブースの前で商品やサービスを紹介する動画を流して、ブース内で体験してもらうきっかけを作ることができたり、出展者側が口頭で商品やサービスの説明をする手間を省いたりすることができます。
動画の長さはなるべく短めで作成するようにしましょう。ただ、耐久性の実験動画を見せて、商品の信頼性を高めたい場合などは動画の長さを短くする必要はありません。

会社説明動画

引用元:販促花子展示会用ムービー

引用元:株式会社マグナ会社案内PV(展示会用)

まだまだ知名度のない会社や、認知度や信頼性をより一層高めたい会社は会社動画を作成しましょう。
事業内容を来場者に伝え、会社を知ってもらうことは大切です。会社説明動画はしばしば会社のブランディングに活用されます。その理由として、ブランディングが成功できたら、集客や販促、パブリック・リレーションズといったさまざまな場面で有利に活動することができるからです。会社説明動画の場合、動画の長さが短すぎては会社のことを来場者に理解してもらえません。2分以上の動画を作成することを心がけましょう。

口コミ動画

引用元:脱毛サロン 「リッツ」 口コミ動画

引用元:お客様の声 【あいホーム】

口コミ動画は、実際に商品やサービスを利用したお客様の声を集めた動画のことです。なぜその商品やサービスを利用しようと思ったのか、利用してみての感想などをお客様に語っていただきます。出展者側が自ら説明している商品やサービスの紹介動画は、信ぴょう性に欠けてしまうことがあります。
しかし、口コミ動画であれば、第三者が語っているという点で信ぴょう性が高い情報であるという印象を来場者に与えることができます。口コミ動画の長さも、特に短くする必要はありません。来場者は商品やサービスを利用し始めたきっかけから利用中の感想、利用後の感想など、さまざまな情報を得たいと思っているからです。

 

展示会動画の長さは、目的に合わせて変えよう

展示会動画の長さは短ければ良いというわけではありません。目的に合わせて動画の長さを変える必要があります。ブース前で動画を流し、来場者の足を一瞬でも止めることが目的ならば、ティザー動画や15秒から30秒程度の商品・サービスの紹介動画を流すのがおすすめです。
ブースの前で動画を流し続けることは、潜在的に自社の商品やサービスに興味を持っている方に対するアプローチとして最適な方法です。お客様が自ら興味を示してくれているということは、積極的に話を聞いてくださいますし、展示会後にもアポイントを取りやすく、良い取引を行うことができる可能性を秘めています。

展示会動画をご検討の方はぜひプルークスにご相談ください。豊富な制作実績と経験でご案内いたします。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ