動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

内見をVRで行う?!成約率向上・空室率低下・業務効率化への期待!

このエントリーをはてなブックマークに追加

VRとは?MR・ARと合わせて整理

知っている方にとっては手前味噌ではありますが、VRとは何か、そして似た言葉であるMR・ARについて、以前の動画アカデミーで公開した記事を引用した上で解説します。

※引用元記事:MRとは?AR・VRとの違い、今後の可能性について解説!

 

VRとは

VRとはVertial Realityの略語であり、日本語では「仮想現実」と訳されることが多いです。特定のデバイスを通して「仮想の」世界に入り込み、現代では仮想の世界でコンテンツを楽しむことがメインとなっています。逆に言えば、現実世界との繋がりはありません。

 

ARとは

ARとはAugmented Realityの略語であり、日本語では、「拡張現実」と訳されることが多いです。卑近な例であると、2016年に世界中で大流行したポケモンGOはまさにこのARの技術が使われており、AR技術とは「人間の目でリアルに見えているものに、デジタルな情報を加味する技術」です。

 

MR とは

そして、MRとはMixed Realityの略語であり、日本語では「複合現実」と訳されることが多いです。MRは「仮想現実」と「現実世界」が合わさったものであり、現実世界に仮想世界の情報、主にCGなどを取り込んで「まさにそこにある」かのように見せることができる技術です。

 

VRの活用が進んでいる業界

VRと言えば、最も名の知れているサービスとしては、Oculus Goではないでしょうか。Oculus Goはヘッドセット型のデバイスで、ヘッドセットをかけることでVR体験を楽しめる。このOculus Goでは様々なコンテンツを楽しめることができ、中でもNetflixをまるで劇場にいるかのようにして、楽しめることができるのは非常に魅力的です。

このようにVRというとエンタメ・コンテンツ領域にばかり注目が集まりがちではありますが、その他の業界でも事例が出てきています。

 

教育業界:Google Expeditions

まずは、教育業界の事例としてGoogle Expeditionsがあります。

※動画挿入※


Google Expeditions: over a million students, on trips to virtually anywhere

Google Expeditionsでは、バーチャル社会科見学ということで、とても子ども1人では行けないように場所へとバーチャル上で社会科見学をすることができる、というVRサービスになります。

 

ブライダル業界:楽天バーチャルウェディング

次に、ブライダル業界として楽天が開発した楽天バーチャルウェディングがあります。


バーチャルウェディング/ Virtual wedding

結婚式は人生における一大イベントであり、是が非にも良いものをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。一方で、お金に限らず、コストが非常にかかることも事実。そんな課題を楽天のバーチャルウェディングで解決することができ、実際に式場に行かずとも、式場の雰囲気を確かめることができます。

 

不動産業界におけるVRの威力

上記では、エンタメ・コンテンツ業界、教育業界・ブライダル業界に関するVRの活用事例を解説しましたが、その他にも医療業界や建築業界、観光業界などでもすでに活用事例が生まれています。そんな日々事例が増えていくほどの著しい進歩を遂げているVRにおいて、「しっかりと成果が出ている業界」として不動産業界が挙げられます。最後に、不動産業界におけるVR事例を見ていきたいと思います。

 

なぜ不動産業界でVR活用なのか

まず、不動産業界の中でも「内見」というテーマでVR活用が進んでいます。

引越しを経験した方は体験されているかもしれませんが、これから自分が購入または賃貸しようとしている物件を「実際に見ない」というのは非常に不安を感じるものです。したがって、多くの人は内見をいくつかの物件で行い、丸1日潰れてしまうこともザラです。

これは引越しをする人目線であり、一方の不動産会社としても、実際に内見をするために

  • 管理会社からの鍵受け取り
  • 車やタクシーで移動するためのコストがかかる
  • 社員が1日張り付きになってしまい、他のことができない

と、非常にコストがかかります。そこで、VR×内見というテクノロジーの導入がなされました。

 

VRの導入でどういった成果が出るのか

内見へのVRというテクノロジーの導入より主に以下のような効果が出ると考えられています。

  • 成約率の向上
  • 空室率の低下
  • 業務効率化

 

成約率の向上

まず、成約率の向上に関して、今まで内見は現地に行かなければ行けなかったため、1日に行ける内見の件数は限られていました。しかし、内見をVRにすることによって、1日にできる内見の件数が大幅に増えます。

したがって、不動産会社に来てくれたお客様に対して、その場にいながらVRで内見を体感してもらうことができ、多くの物件の選択肢を提供することで成約率が向上すると考えられます。

 

空室率の低下

次に、空室率の低下に関して、今まであると、誰かが入居している物件には内見することが難しい状況でした。しかし、VRであると事前に撮影さえしておけば、いつでもお客様に物件の中を体験してもらうことができます。

したがって、入居者がいる段階から次の入居者が決まる可能性が高く、物件オーナーとしても切れ目なく入居者が決まり、空室率の低下という効果を期待することができます。

 

業務効率化

最後に、業務効率化という点に関して、今まであると内見をするために、不動産会社の社員が「管理会社から鍵を受け取る」「物件までタクシー・運転で移動する」など非常にコストがかかっていました。

しかし、VRによる内見により内見にかかる社員のコストも大幅に下げることができ、お客様として良い物件があれば、そのまま契約に向けて迅速に動き出すことも可能になります。

 

今まで非常にコストが大きかった不動産業界における内見。このようなVRという新しいテクノロジーによりコストを大幅に下げ、大幅な成果が出ています。不動産業界に限らず、今後もVRによる「コスト低下」を通した大きな成果が期待できます。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ