動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画でコンバージョンが上がるって本当? その理由やメリットをご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加

Webを使ったマーケティングを成功させるためには、いかにコンバージョンを増やしていくのかが重要となります。近年、商品やサービスの販売を目的としたWebサイトやWeb広告などの多くがコンバージョンの増加を目的としています。

モバイル端末などが普及した今、コンバージョンの増加を目的に動画を活用することが注目されています。そこで今回は、動画の活用がコンバージョン増加につながる理由や、マーケティングに動画コンテンツを導入することのメリットをご紹介します。

 

コンバージョンには2つの種類がある

コンバージョンには2つの種類がある

Webコンテンツの多くにはさまざまな目標があり、「コンバージョン」とはWeb上のコンテンツによってユーザーがその目標のアクションを起こした状態のことを指します。

例えば、商品やサービスの販売を目標としたコンテンツであれば、ユーザーが購入に至ればコンバージョンが発生したことになります。

コンバージョンの意味自体はシンプルですが、細かくわけると2つの種類があります。それが「クリックスルーコンバージョン」と「ビュースルーコンバージョン」です。

クリックスルーコンバージョンとは?

Webマーケティングにおけるコンバージョンのうち、数字として見えやすいのが「クリックスルーコンバージョン」です。

クリックスルーコンバージョンとは、ユーザーがコンテンツ内に設置されたリンクなどをクリックし、一定期間内に目標とするアクションを起こすことを指します。

直接結果につながっていますので、データとしてわかりやすいという特徴があります。コンバージョンと言うと、まずこちらを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ビュースルーコンバージョン

続いてビュースルーコンバージョンは、コンテンツを観た人がその場で直接アクションを起こしたわけではないものの、それがきっかけとなって一定期間内にアクションを起こすケースです。

ビュースルーコンバージョンは上記のクリックスルーコンバージョンとは違い、数字として見えるわけではないため見逃してしまいがちです。

しかし、動画などのコンテンツがきっかけで商品やサービスの存在を知り、Web検索などで詳細や口コミなどを調べた上で購入に至るというケースも少なくありません。そのため、マーケティングにおいて、ビュースルーコンバージョンも非常に重要な要素と言えます。

 

動画広告のメリットとは? なぜ動画がコンバージョン増加につながる?

動画広告のメリットとは? なぜ動画がコンバージョン増加につながる?

上記の通り、コンバージョンには2つの種類がありますが、動画を活用することでその両方を伸ばすことができます。ここでは動画広告のメリットやコンバージョン増加につながる理由についてご紹介します。

ユーザーの関心を集めることができる

テキストのみのコンテンツでは、言葉のみでしか商品やサービスをアピールすることはできません。対して、動画であれば聴覚と視覚を使ったアプローチが可能です。

心理学的にも人間は常に動きと音に注意を払って生活していることから、その両方を利用した動画はユーザーの関心を集める上で適したツールであると言えます。

わずかな時間で多くの情報を提供できる

個人差はありますが、標準的な人は聞いたことの10%程度しか記憶していないのに対して、見たものについては50%を記憶していると言われています。つまり、広告に動画を活用することによってユーザーの記憶に残りやすくなります。

動画であれば視覚と聴覚の両方から、わずかな時間でも多くの情報を提供できます。動画の内容にもよりますが、ほんの数秒程度で商品やサービスの概要から魅力などまで伝えることができるのです。

動画がコンバージョン増加につながる理由とは?

上記の通り、マーケティングに動画を導入することにはいくつものメリットがあります。ここでは、具体的に動画によるマーケティングがコンバージョン増加につながる理由をご紹介します。

動画にはユーザーの関心を集める効果があることに加えて、コンテンツへの滞在時間を延長させる効果もあります。多くのユーザーが、テキストだけのページよりも動画を取り入れたページの方に2分程度長く滞在していると言われるほどです。滞在時間が長くなれば、その分だけコンバージョンは上がります。

続いて、拡散されやすいという点も動画がコンバージョン増加につながる理由のひとつです。日本国内でも多くのユーザーを抱えるTwitterでは、テキストのみの投稿よりも短い動画を添付した投稿の方が多くリツイート(拡散)される傾向にあります。

拡散されれば当然それだけ多くのユーザーにコンテンツを届けることができますので、コンバージョン増加につながります。

 

YouTubeの動画広告の活用

YouTubeの動画広告の活用

今日では多くの動画プラットフォームがありますが、その中でも特に多くのユーザーを抱えているのがYouTubeです。今や大きな影響力を持つ巨大メディアのひとつとなっているため、マーケティングの世界でも決して無視できない存在です。ここでは、YouTubeにおける動画広告の活用についてご紹介します。

YouTubeの広告の種類

YouTubeにはいくつかの広告のフォーマットがありますが、代表的なのが「TrueView広告」と「バンパー広告」の2つです。

通常、YouTubeでは動画の再生前や再生中などに広告が流されます。このうち、5秒でスキップすることができるものが「TrueView広告」で、スキップできない6秒間広告が「バンパー広告」にあたります。

関連記事:YouTube広告商品の「バンパー広告」とは?効果を最大化するコツをご紹介!

スキップ可能なTrueView広告の場合、表示されるだけでは費用は発生しません。30秒間再生されてはじめて費用が発生するシステムとなっています。動画広告を30秒もスキップしないということは、視聴しているユーザーは広告の内容に関心を抱いている可能性が高いです。

つまり、TrueView広告はコンバージョン増加につながる可能性の高いユーザーが発生した場合のみ、費用が発生します。30秒の視聴で2~10円となっており、他のWeb広告媒体と比較してもコストパフォーマンスが高いという点も特徴のひとつです。

対してバンパー広告は最初の6秒間だけではありますが、ユーザーの意識を集中させることができます。そのため、より多くのユーザーにアプローチできるという点がメリットです。

 

動画広告の活用事例をご紹介

ここでは、具体的に動画広告の活用事例をご紹介します。動画広告の導入を検討している方は参考にしてみてください。

ユーザーの声を取り入れた動画広告

アンファー様スカルプDボーテ紹介映像
この動画は、化粧品やサプリメント、健康食品などで知られるアンファー株式会社のシャンプーの動画広告です。メインターゲットである髪に関する悩みを抱えた40~50代の女性が座談会形式で悩みを打ち明け合うといった内容となっています。

同じ悩みを抱いている方が共感しやすい内容となっており、30秒の短い尺の動画ながら商品を最大限にアピールすることに成功しました。

リニューアルを強く印象付ける動画広告

ロコンド様【TVCM】ロココレ訴求映像
こちらは、自宅で試着し、気に入らなければ気軽に返品交換が可能なサービスを提供するECサイトのロココレによる動画広告です。

キャッチーなメロディにサービス名をのせて、リズムに合わせて映像を切り替えることによって「リニューアル」したことを強く印象付けています。

ターゲット層を意識したキャッチーかつポップな動画広告

マネーフォワード様マネーフォワードクラウド紹介
この動画は、バックオフィス業務の自動化を目的としたサービスであるマネーフォワードクラウドパッケージの動画広告です。

メインターゲットである20~30代の経営者を意識したポップなイラストとアニメーションを取り入れ、テンポよく仕上げることで業務改善効果をうまく可視化することに成功しました。

 

まとめ

Webマーケティングにおいて、いかにコンバージョンを増やすのかという点は大きな課題のひとつです。今日ではコンバージョンを増やすための手法として、動画広告が高い注目を集めています。
とはいえ、戦略的に動画を活用するのはハードルも高く、導入をためらっている企業も多いようです。

プルークスではさまざまな目的に合わせた動画の制作のみでなく、戦略的な運用についてもサポートします。動画を活用してコンバージョンを増やしたいと考えているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

関連記事

以下の記事もあわせてご覧ください。
→YouTube動画広告についてさらに詳しく知りたい方はこちらをクリック
YouTube動画広告の基礎知識

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ