動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

タレント起用のTVCM費用は数千万円も必要?!TVCMに必要な費用と上限の決め方

このエントリーをはてなブックマークに追加

TVCMの費用構造とは

まず、TVCMを放映するにあたり費用構造としては大きく以下の2つに分化ができます。

  • 放映費用
  • 制作費用

前者の放映費用はTVのCMに流す広告費用のことです。そして、後者の制作費用はTVに放映するCMの制作に関わる費用です。

本記事ではこれら放映費用と制作費用について掘り下げ、コストをかけようと思えば無限にかけることができるため、そのコストの上限を定める考え方まで解説していきます。

 

TVCMの放映費用

まず、放映費用です。放映費用は上記の通り、TVのCMに流す広告費用のことです。TV局ごとの放映費用とTVCMの種類について解説します。

 

放映費用は視聴率と相関する

TVCMの放映費用は視聴率によって変動します。したがって、関東キー局は放映費用が高く、地方TV局になるとぐっとその放映費用が低下します。

TV局 | CM料金目安(税別)(15秒1本あたり)
日本テレビ | 750,000円 ~ 1,000,000円
TBSテレビ | 750,000円 ~ 1,000,000円
フジテレビ | 750,000円 ~ 1,000,000円
テレビ朝日 | 750,000円 ~ 1,000,000円
テレビ東京 | 250,000円 ~ 500,000円

※出典:広告代理店|メディア価格がわかる『広告ダイレクト』| » テレビCM

 

仮に放映費用の予算が1億円で、15秒CM1本あたり100万円である場合は、TVCMは100回放映することができ、総時間数にして1,500秒(25分)となります。したがって、「1分あたり約400万円」「1秒あたり約6万6,666円」と思わずひっくり返ってしまうような非常な高価な媒体です。

 

TVCMの種類は2つある

また、TVCMの種類には、以下の2つの種類があります。

  • タイムCM
  • スポットCM

前者のタイムCMは番組スポンサーとなり、番組内でTVCMを放映することができるようになります。そして、後者のスポットCMは空いている枠へと適宜TVCMを放映することができます。

前者のタイムCMであれば以下のようなメリットが考えられます。

  • 視聴率の高いゴールデンタイムの人気番組にTVCMを放映することができる
  • 時間帯や番組内容などでファミリー層/若者/ビジネスマン等の大まかなターゲティングができる。

 

TVCMの制作費用

次にTVCMの制作費用です。制作費用は大きく以下に分化をすることができます。

  • 企画費用
  • 動画撮影/編集費用
  • タレント費用

 

企画費用

企画費用とは、放映するCMの内容を企画する費用のことです。

一般的にTVCMは電通や博報堂などの広告代理店を経由させることが多く、それら広告代理店の中で「CMプランナー」や「コピーライター」「クリエイティブディレクター」等と言った、TVCMに関するプロフェッショナルな人材が在籍しています。

TVCMはCMの出来栄えがそのまま成果に直結してしまいます。そのため、上記のようなプロフェッショナルが「どのようにしたら見てくれるのか」「どのようにしたら行動を起こしてくれるのか」という難題に対して趣向を凝らして解決をします。

もちろん費用感はピンキリではありますが、数百万円の費用感であると捉えた方が良いです。

 

動画撮影/編集費用

動画撮影/編集費用とは、CMとして放映する動画の撮影や撮影した動画の編集費用です。

撮影にあたり、衣装や美術などの準備が場合によっては必要です。そして、それら以外にもカメラマンやスタジオ、動画編集者などの人件費もかかってきます。

したがって、こちらも費用感はピンキリであるものの、こちらも1本の動画あたり数百万はかかるのではないでしょうか。

 

タレント費用

最後に、タレント費用です。タレント費用は、その名の通り、タレントに支払い費用であり、広告代理店を通してタレント事務所にタレントの出演依頼をすることが一般的です。

タレントの費用は水物であり、その時々の知名度や人気度によって変動されます。

安価なタレントであれば数百万円で出演依頼をすることができるケースがありますが、人気タレントであると数千万円、国民的タレントであると数億円の費用感となります。

 

コストの上限は効果次第

上記の通り、可能な限り多く露出したいのであれば放映費用を積む、可能な限り高いクオリティのCMを求めるのであれば制作費用を積む、など費用感に関して際限がありません。例えば、タレントを起用してTVCMを制作する場合、制作費用は軽く数千万になってしまいます。

そこで、必要となってくるのは費用対効果の考え方です。

費用対効果の費用は「利用客/ユーザー1人あたりの獲得コスト」であり、IT業界であるとCPAという考え方になります。そして効果は「利用客/ユーザー1人あたりが生み出す収益」であり、IT業界であるとLTVという考え方になります。

したがって、LTV>CPAという構図が成り立ってさえいれば、(現実的なキャッシュフローの問題がありつつも)費用はいくら投下しても問題はありません。一方、不等号の向きが逆である場合、放映すればするほど赤字を掘るので、注意が必要です。

そこで、TVCMを放映する際にコストの上限を考える際には、以下のことが必要です。

  • 自社のサービス/商品のCPAを調査する
  • 自社のサービス/商品のLTVを調査する
  • TVCMによるCPAを調査する
  • 自社のサービス/商品のLTVとTVCMによるCPAを比較し、許容可能であるかを判断する

最後の「TVCMによるCPAを調査する」に関しては、「やったことがないから分からない」と諦めてしまうのではなく、粒度が粗くとも仮説としてしっかりと立てましょう。

そして、TVCMの場合はWeb広告と異なり、明確な計測ができるわけではありません。その場合、TVCM放映前後の比較を行い、「どのくらい増えたのか」を差分から考えるようにしましょう。

 

以上、TVCMの費用感について解説を行いました。そもそもとして、TVCMはどの企業にも最適なソリューションではなく、場合によっては効率が悪い手法でもありますので、自社のフェーズに合わせて実施の判断をしてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ