動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

インフルエンサーマーケティング×動画!効果を最大化するためのポイントは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTuberを始めとするインフルエンサーがマーケティングの世界でもその重要度が高まってきています。今回は「そもそもインフルエンサーマーケティングとは何か」「効果を最大化するためには」、そういった疑問を解説していきます。

インフルエンサーマーケティングとは

今ではすっかりマーケティングの手法として市民権を得たインフルエンサーマーケティング。「動画×インフルエンサーマーケティング」を考えるにあたり、まずは「インフルエンサーマーケティングとは何か」を解説していきたいと思います。

なぜインフルエンサーがマーケティングに活用されるのか

「インフルエンサー」とは「影響力のある個人または団体」のことを指しますが、このインフルエンサーをマーケティングに活用すること自体は決して新しい手法ではありません。例えば、TV。TV局はその多くをTVCM等の広告収入に依存するビジネスモデルとなっており、TVCMをより多くの人に視てもらうためには、番組の視聴率が重要な要素となります。

そのため、「いかに多くの人に番組を視てもらうか」を考えた際に、どこの誰かも分からない素人の方が出演するよりも、人気度・知名度が高い芸能人に出演してもらった方が、(もちろん企画次第ではあるものの)視聴率を得ることができるのは、直感的にも納得していただけるのではないでしょうか。

それでは、「なぜ、人気度・知名度が高い芸能人に出演してもらった方が、視聴率を得ることができるのか」ということを考えると、「視聴する側の心理的ハードルをぐっと押し下げることができる」ためではないでしょうか。人気度・知名度が高いと「みんな知っている」「自分もこの人が好き」等、ある種の「メジャー感」から、安心して視聴することができます。したがって、インフルエンサーマーケティングとは、「インフルエンサーを活用することにより、情報を受け取る側の心理的ハードルを押し下げ、情報の伝達効率を上げることができる手法」と言うことができます。

マイクロインフルエンサーの登場

そして、このインフルエンサーは従来「TVの世界だけのものである」と考えられており、企業が実践しようにも、莫大な資金がない限りは実践できないスペシャルな手法でした。しかし、近年のインターネットの発達に伴う、個人の情報発信能力の向上により「一般人がインフルエンサーになる」というケースが増えてきています。その際たる例が、YouTuberです。

「TVに出演する芸能人ほど有名ではないけど、界隈では根強い人気がある」という良い塩梅の影響力を持つ個人・団体こそがマイクロインフルエンサーであり、マイクロインフルエンサーの登場によって、様々な企業がインフルエンサーマーケティングの実践を行うことができるようになりました。

 

動画×インフルエンサーマーケティングの強みとポイント

そして、このインフルエンサーマーケティングは非常に動画と親和性が良く、近年では実践のプラットフォームとしてYouTubeやInstagramが主戦場です。また、インフルエンサーマーケティングにより各社は「インフルエンサーに自社の商品やサービスを宣伝してもらう」という手法を主に採用しています。「なぜ自社の商品やサービスを宣伝する際にインフルエンサーが用いられるのか」、「どのように効果を最大化すべきか」について解説をしていきます。

自社の商品やサービスを宣伝する際にインフルエンサーが用いられるのか

広告業界にとっては非常に興味深い情報が調査会社マイボイスコムの調査により明らかになっています。「スマートフォン広告が表示された際に行ったこと」のランキングとして1位に「広告を閉じた」、2位に「広告の画像・動画やリンクを間違えてクリックした」など、多くのユーザーが「広告を意識的に見てくれない」ことが分かりました。

また、若年層では

若年層では「広告の画像・動画やリンクを、間違えてクリックした」が高く、20・30代では4~5割です。

と、いった調査結果も分かっています。

したがって、「広告を意識的に見てくれない」人たちに「どのように自社の商品やサービスの情報を届けるか」という課題に対してインフルエンサーが非常に有効です。

改めてインフルエンサーがマーケティングの強みは「視聴する側の心理的ハードルをぐっと押し下げることができる」ことであり、広告を視聴する側としても「誰々が言っているなら見てみよう」「誰々が言っているから安心だ」など、「何を言っているか」よりも「誰が言っているか」に力点が置かれており、可能な限り広告色を薄め、より自然に情報を伝えることができます。

そのため、視聴する側の広告に対する情報の受容力を上げるための手段として非常に優れています。

動画×インフルエンサーマーケティングの効果を最大化する

以上で、「広告を意識的に見てくれない」人たちに対して、広告色を薄め、より自然に情報を伝えることができるインフルエンサーマーケティングが非常に有用であることを解説してきました。最後に、実践するにあたり、その効果を最大化するポイントをまとめます。

 

そのインフルエンサーが自社の商品・サービスを語る妥当性があるか

語弊を恐れずに言うのであれば、視聴する側はインフルエンサーによる動画広告を「自社の商品・サービスが気になるから視ている」のではなく、「インフルエンサー自体が好き・気になるから視ている」という点を誤解しないことが肝要です。そういった意味で、自社の商品・サービスを「誰に語ってもらうのか」は注意すべきポイントでしょう。

例えば、極端な例であると、子ども向け商品のアピールをしたいにも関わらず、子どもがいないインフルエンサーにその商品のアピールをお願いしても、視聴する側は「なんでこの人が、こんなことを言っているのだろう」と違和感を生じさせてしまい、逆効果になりかねません。

インフルエンサー本来の良さを大事にする

自社の商品・サービスのアピールをお願いしようとする際に気をつけたいのが「インフルエンサー本来の良さを損なってしまうこと」です。

先ほどと同じ理屈で、視聴する側は「インフルエンサー自体が好き・気になるから視ている」ため、自社の商品・サービスに最適化され過ぎたアピールとなってしまうと、広告色がかえって強まってしまいます。

そのため、良い意味でディテールの部分はインフルエンサー本来の良さを発揮してもらうために「お任せする」とコントロールし過ぎないことがポイントです。

芸能人ほどキャスティングにお金はかからず、ある程度のマスにリーチできるインフルエンサーマーケティングは、「広告が見られなくなる時代」に主要なマーケティング方法です。ぜひポイントを踏まえてユーザーに響くマーケティングの実践をしてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ