動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

アプリ紹介動画でインストール数を増やす!その考え方と制作ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリのプロモーションを行う際に、アプリの紹介動画を活用する事例が一段と増えています。実際にアプリ紹介動画を検討する際に、どういったことを考えるべきか、重要な制作ポイントは何かを解説していきます。

 

アプリのプロモーションに有効な紹介動画

アプリインストールを増加させるために、SEOやリスティング広告、SNS広告など、現在では様々な手法があります。今回はその中でも「アプリ紹介動画」にフォーカスをして、解説をしていきます。

仮にアプリインストールを目的とする際には、対象ユーザー層は以下のように分類可能です。

  • 非認知:あなたのアプリを認知していない
  • 認知:あなたのアプリを認知している
  • 興味・関心:あなたのアプリを認知し、興味・関心を持っている
  • 検討:どのアプリをインストールしようか検討している
  • 購買:あなたのアプリをインストールする

そして、当然のことながらそれぞれのユーザー層毎にプロモーションすべきアプリ紹介動画の内容は異なってきます。

 

非認知ユーザーを認知ユーザーに引き上げる

非認知ユーザーを認知ユーザーに引き上げる際の目的は「あなたのアプリを認知してもらうこと」です。

このユーザー層の課題としては「そもそも知られていないこと」です。

したがって、アプリの機能やその使い方を細々と説明をするよりは、インパクト重視で、「まずは覚えてもらうこと」に重きを置いた方が良いでしょう。

 

認知ユーザーを興味・関心ユーザーに引き上げる

認知ユーザーを興味・関心ユーザーに引き上げる際の目的は「あなたのアプリを認知し、興味・関心を持ってもらうこと」です。

このユーザー層の課題としては「アプリの名前を知ってはいるのだが、実際にどんなメリット(効用)があるのかは知らない」という点です。

したがって、「このアプリを使うことであなたにどんなメリットがあるのか」を訴求するような動画の内容とするのが良いでしょう。

 

興味・関心ユーザーを検討ユーザーに引き上げる

興味・関心ユーザーを検討ユーザーに引き上げる際の目的は「あなたのアプリが競合アプリと比較し、良いと思ってもらうこと」です。

このユーザー層の課題としては「複数ある検討候補の中でどれを選べばいいのか迷っていること」という点です。

したがって、「競合アプリと差別化しているポイントはどういった点なのか」「アプリを使うことでどのような世界観が広がるのか」と、ユーザーが具体的にアプリを使用するイメージを持たせることができる動画内容とするのが良いでしょう。

 

アプリ紹介動画の制作ポイント

上記のように、どのユーザー層にあたるかで動画内容はガラッと変わりますので、まずはどのユーザー層にプロモーションを行うのかを明確にしましょう。

そして、「早速作成する!」のではなく、その作成したアプリ紹介動画を「どこで使うのか」をまずは考えていきましょう。

 

アプリ紹介動画を「どこで使うのか」

アプリ紹介動画を用いてプロモーションを行う際に「どこで使うのか」を考えていきます。

「どこで」を大別すると2つに分けることができ、広告であるか否かです。

広告である場合、そのクリエイティブとして使用するかと思いますが、出稿メディアとしてはYouTube、Twitter、Facebook、Instagramなど様々です。各メディアで属性が異なりますので、ぜひ媒体資料を確認し、最もマッチするものを選定してください。

次に、非広告である場合

  • 自社サイトに設置する
  • Appstore・GooglePaly等のアプリストアに設置する

等の方法が考えられます。

自社サイトやアプリストア等を見るユーザーは「ある程度あなたのアプリに興味を持ってくれているユーザー」であるため、プロモーション対象としては「興味・関心」以上のユーザー層を想定するのが良いでしょう。

 

アプリ紹介動画の制作ポイント

「ユーザー層」「どこで使うのか」を考えたら、最後に効果をしっかりと発揮してもらうために、クリエイティブの詰めを行います。

 

実際のアプリ操作シーンを明示する

商品を購入する際に、商品を全く見ずに購入する人は多くないのと同じように、「そのアプリがどういった操作感なのか」がユーザーとしては気になります。そこで、実際のアプリの画面を操作して見せて、「ユーザーが操作感を追体験できる」ような内容にすることが望ましいです。

 

字幕やナレーションを盛り込む

時と場合にもよりますが、SNS動画広告であると、クリック・タップしない限り音が流れないことが多いです。そういった場合には、音が無くともユーザーが理解できるように、字幕をしっかりと入れるようにしましょう。

 

インストール促進を忘れずに

そして、意外と忘れがちなのが「インストール促進」です。目的はあくまでアプリをインストールしてもらうことであるため、動画の末尾にユーザーの背中をひと押しするような一言でインストール促進を行いましょう。

以上、アプリ紹介動画に関する解説を行いました。テキストのみの情報と比較し、動画であれば操作感や雰囲気などのイメージをユーザーに湧かせることができます。事例もありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

アプリ紹介

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ