動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

Googleで動画検索する方法、Googleに引っかかる方法とは



このエントリーをはてなブックマークに追加
oogleで動画検索する方法、Googleに引っかかる方法とは

昨今、動画を取り巻く環境が整備されるにつれ、各企業でも自社内で動画コンテンツの制作を検討するケースが増えています。YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトを利用すれば誰でも手軽に動画を視聴できるため、参考になりそうな動画を検索する機会があるのではないでしょうか。

しかし、Googleなどで検索した際になかなか目当ての動画にたどり着くのに時間がかかってしまうという方もいるでしょう。
そこで今回は、Google検索で効率よく動画を検索する方法をご紹介します。

 

動画検索エンジンとは?

「動画検索エンジン」は、インターネット上で公開されている動画を検索できるシステムです。通勤中の電車や休憩時間はもちろん、仕事でもスマートフォンでGoogleやYouTube、ニコニコ動画などで飼料用の動画をパソコンやスマートフォンなどで検索することがあるでしょう。その際に、検索のヒントとなるテクニックが以下の5つです。

 

Googleでの動画検索テクニック5選

Googleでの動画検索テクニック5選

Google動画を検索する場合は、パソコンからアクセスするなら「動画」を選択しキーワードを入力すれば簡単に動画を見つけることができます。今回は、商品のプロモーション動画を例にあげてご紹介しましょう。

検索したいキーワードを入力する

検索したいキーワードを入力する

たとえば、単品物販に該当するような化粧品の新商品プロモーション動画を検索するとしましょう。動画検索画面で「化粧品」などのキーワードを入力して検索すると、化粧品に関連する動画が一覧で表示されます。

複合キーワードで動画を検索

複合キーワードで動画を検索

「化粧品」と入力すると、その後ろに「CM」「紹介」「断捨離」「成分」といった複合キーワードが候補として表示されます。複合キーワードとは、検索エンジンを利用する際、メインとなるキーワードにプラスして2~3つ以上の単語を繋げたキーワードのことです。Web業界ではロングテールキーワードとも呼ばれます。インターネットを利用しているユーザーの多くが、2語以上の複合キーワードで検索をする傾向があるようです。そのため、動画をマーケティングツールとして活用するのであれば、メインとその他の複合キーワードを盛り込んだコンテンツを作ることでより多くの人の目に止まりやすくなります。

検索結果の再生時間を指定

検索結果の再生時間を指定

再生時間を指定して動画検索をする場合は、画面右上の「ツール>再生時間指定なし」をプルダウンメニューから選択します。4分未満、4〜20分、20分以上の3つから選択できるため、再生時間の長さから検索すれば短時間で目的の動画を見つけることも可能です。

検索結果の動画の画質を指定すれば高画質で視聴可能

検索結果の動画の画質を指定すれば高画質で視聴可能 

高画質の動画を視聴したい場合は、「ツール>すべての画質」から高画質を選択しましょう。720pや1080pといったフルハイビジョン対応の鮮明度の高い動画を検索できるため、快適に視聴を楽しむことができます。

動画の字幕付きを指定することもできる

動画の字幕付きを指定することもできる

Googleでは、字幕付きの動画を指定して検索することができます。海外のプロモーション動画を検索している時などに活用すると、候補を絞り込みやすくなります。

 

動画サイトを指定して検索すればさらに便利に

動画サイトを指定して検索すればさらに便利に

字幕付きのタブのすぐ隣にある「すべてのサイト」のプルダウンすれば、「YouTube」「livedoor」「ameblo」という具合に、サイトを指定して動画を検索することが可能です。レシピやアニメ、ゲーム配信など観たい動画によって使い分けることで、検索にかかる時間を大幅に短縮することができます。

 

動画コンテンツはSEO対策に有効?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称で検索エンジンの最適化を意味します。近年は、動画をWeb集客や自社サービスのプロモーションとして積極的に導入する企業が急増しています。

しかし、動画コンテンツのみに力を入れただけでは、SEO対策の効果はあまり期待できないかもしれません。Google関係者が「動画コンテンツを掲載してもそれだけでは検索順位は絶対に上がらない」と発言しており、動画コンテンツによるSEO対策効果を上げるなら検索ニーズに即した記事を充実させることが重要です。

記事コンテンツを軸とし、競合との差分として動画要素を盛り込むことで検索上位も上がりクリック数もアップすると考えられます。動画SEOの基本的な仕組みを知りたい方はこちらの記事もご参考ください

 

まとめ

まとめ

今回は、Googleを利用して観たい動画をスムーズに検索する方法と、動画コンテンツを上位表示させるコツについてご紹介しました。「youku」や「PANDORA.TV」「FC2動画」「Yahoo」「Fooooo」「Ritlweb」といった動画検索サイトを横断的に利用するのも、動画検索時間を短縮するひとつの手です。

動画コンテンツを自社PRとして活用する場合は、良質なコンテンツを作ることは勿論ですが、動画を記事コンテンツにうまく取り入れて検索上位を目指しSEO対策を強化しましょう。動画SEOのノウハウについてさらに知りたい方は、こちらの資料をご参考ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ