動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【最新】YouTube動画広告人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
動画広告人気ランキングYouTube編

拡大し続ける動画広告市場ですが、実際に導入を検討し始めると「どのような動画がユーザーに求められているのか?」という疑問が浮かぶのではないでしょうか。 今回は、2019年6月段階でのYouTube動画広告の再生回数ランキングをご紹介します。

上位動画広告の特徴についてもまとめますので、ご検討の際は参考にしてみてください。 2017年上半期下半期のYouTube広告の動向もあわせてご覧いただくと、近年の動画広告のトレンドがお分かりいただけます。

 

YouTube動画広告ランキング

YouTube動画広告の再生回数によって決定されるランキングの最新版を、1位から順番にご紹介します。

1位 「休日作業篇」アコム

アコム公式チャンネル

消費者金融「アコム」のCMです。こちらの動画はウェブ限定のCMで、渡部篤郎と佐藤美希が起用されています。コミカルなストーリー展開から、アコムの特徴である「24時間・土日のカードお申し込みが可能」という情報も盛り込まれています。

ただサービス内容を説明するのではなく、俳優の演技やストーリーに合わせて説明することで、ユーザーの興味関心を惹きつつ伝えるべき情報を印象づけるよう工夫がされています。

2位 「ソファ篇」キリン 生茶

キリンビバレッジ

キリンのペットボトル飲料、「生茶」のCMです。俳優の高橋一生が日常の中で生茶を楽しむ映像です。ソファを外に出してお茶を飲むという、既存の商品でありながらユーザーに「真似してみたい」と思わせるような爽やかな動画広告です。

3位 「生茶氷篇」キリン 生茶

キリンビバレッジ

2位のキリン 生茶のCMと同じく、俳優の高橋一生がハンモックで「生茶氷」を楽しむ映像は、言葉や文字での商品説明を最小限に抑えつつ、俳優の動作や表情によって冷たさや美味しさが伝わるように工夫されています。

こちらもユーザーに「真似してみたい」と思わせるような演出が考えられています。シリーズ化することで出演俳優にキャラクター性を持たせ、ユーザーに強く印象づけるという効果も感じられます。

4位 「天体観測篇」アクサダイレクト

AXA〈アクサ〉公式チャンネル

自動車保険を取り扱う「アクサダイレクト」のCMです。ブランドアンバサダーともなっている岡田将生と子役の谷垣有唯が起用されており、「ドライブ先で車を傷つけてしまっても安心して天体観測を続けることができる」というストーリー展開が特徴的です。実際のサービス使用シーンを想起させる動画広告です。

5位 「新価格で、新登場篇」Google Pixel 3a

Google Japan

Googleから発売された「Google Pixel(グーグルピクセル)3a」というスマートフォンのCMです。女優の小松奈々が実際に端末を手にし、ハワイを旅しながら写真を撮影していくというストーリーです。

静止画での宣伝に比べ、感覚的な写真撮影が可能なことや実際のサイズ感が伝わりやすいという動画広告のメリットが引き出されたCMだと言えます。

6位 「鍛えて、鍛えて篇」ロマンシング サガ リ・ユニバース

スクウェア・エニックス

シリーズ初の基本プレイ無料サービスが導入されたスマホ向けRPG「ロマンシング サガ リ・ユニバース」のテレビCMです。筋肉が印象的な武田真治を起用しており、「筋肉を鍛える」とゲーム内の「キャラクターを鍛える」が掛けられたユニークな動画です。

俳優のカットだけでなくゲーム画面の表示をすることにより、ユーザーがゲーム内容のイメージをしやすい動画広告となっています。

7位 「裸眼みたいな私 英会話篇」アキュビュー®

VisionCare Japan

アキュビュー®の使い捨てコンタクトレンズを宣伝するCMです。女優の戸田恵梨香を中心としたストーリー展開が印象的です。「コンタクトが乾いて英会話に集中できない」というストーリーから、商品紹介までがまとめられている動画です。

8位 「裸眼みたいな私 食事会篇」アキュビュー®

VisionCare Japan

7位と同じく、アキュビュー®の使い捨てコンタクトレンズを宣伝したCMです。こちらは「コンタクトレンズが乾いて食事会に集中できない」というユーザーの日常の悩みから、改善に役立つ商品の紹介までが15秒にまとめられています。

同じ商品の動画広告に同じ女優を起用して、シリーズ化した動画広告も主流となりつつあります。

9位 「先輩たるもの篇」ジョージア ジャパンクラフトマン微糖

コカ・コーラ

ジョージアから販売されている「ジャパンクラフトマン」の微糖を宣伝したテレビCMです。女優の広瀬アリスを起用しており、「新作の発売」を伝えつつユーザーに寄り添ったストーリー展開が特徴的です。30秒の中にストーリー性と新製品の美味しさの情報までが凝縮された広告です。

10位 「究極の形篇」リネージュM

リネージュM 公式チャンネル

「MMORPG」というコンピューターRPGを基盤としたオンラインゲーム、「リネージュM」のリリースを宣伝したテレビCMの動画です。出演陣は俳優の東山紀之と7MEN侍というジャニーズJr.のアイドルユニットです。

開始1秒から俳優の顔を映し、壮大なBGMと風景でゲームの世界観を表現しています。わずか15秒ながらゲーム画面のカットも含まれており印象的な広告となっています。

 

まとめ

まとめ

上位にランクインしたCMのほとんどがストーリー性を持ち合わせており、同じ商品の宣伝では同じ俳優を起用することで動画広告と商品とのイメージを根付かせるよう考えられているようです。

 

プルークスでは、綿密なヒアリングを元にシナリオ案作成やキャスティング、アフターフォローサービスまでを行っています。商品やサービスに合わせた動画広告のビジョンが明確にある方も、是非一度ご相談ください。

YouTubeの動画広告についての記事も公開しておりますので、ぜひこちらからダウンロードしてご参照ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ