動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画マーケティングとは?企業が取り組むべきメリットと制作のポイント【※導入事例インタビュー付き】

このエントリーをはてなブックマークに追加
動画マーケティングで取り組むべきメリットと制作のポイント

近年、動画市場の拡大とともに注目されている「動画マーケティング」ですが、くわしい内容や効果的な取り入れ方についてはご存じない方も多いのではないでしょうか。今回は、「動画マーケティングとはどのようなものか?」という内容にくわえ、最新トレンドや導入のメリット、動画制作時のポイントや導入例をご紹介します。

これから動画マーケティングを始めようと検討している方はこちらの記事から基礎知識、導入の際の注意点もおさえましょう。

 

動画マーケティングとは

動画コンテンツの利用によりサービスや商品、企業の利益を上げるシステムをつくることを「動画マーケティング」と呼びます。モバイルデバイスやWi-Fiなどのインターネット環境が整備されたことから、近年ではテレビからインターネットへとユーザーの関心も推移しています。

ユーザーの母数も多いため動画マーケティングの利用は企業のブランディング化のみならず、売上向上や採用に関する問題点を明確化・改善へと導く効果があります。

 

2019年の最新トレンド

動画マーケティングを効果的に取り入れるために、これまでのトレンドの推移や最新のトレンドをおさえておきましょう。そもそも動画マーケティングはYouTubeのユーザーの増加から注目されるようになりました。

その後Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSが発展したことにより動画市場はさらに拡大し、アプリ内での動画編集が可能になったことから動画制作のハードルも下がりつつあります。

では、最新の動画マーケティングのトレンドはどのようになっているのでしょうか?最新情報をおさえてから導入を検討しましょう。

動画制作がより一般化された

YouTubeでの動画配信により収入を得るYoutuberの増加や、アプリ内で動画の撮影から編集までできるInstagramやTik TokのようなSNSの流行により、動画制作の一般化はさらに進んでいます。

また、専門知識を持ち合わせていなくてもある程度の動画編集を行うことができる無料編集ソフトなども普及し、企業で導入する際に予算がネックとなり頭を悩ませていたマーケティング担当者にとっても取り入れやすい環境が整い始めています。

予算の関係で動画マーケティングを行っていなかった企業も動画広告市場に参入を開始しているため、質の良いコンテンツを頻繁に配信する必要性も出てくるでしょう。

再生時間が長いコンテンツの台頭

短い時間の中に厳選した情報を収める「6秒動画」は2017年にサービス終了となったVineに始まり、今でもYouTubeなどの動画広告の一翼を担っています。ユーザーにとっても手軽なため配信している企業も少なくありませんが、最近では30分を超える程の長い動画も配信されています。

短いコンテンツに比べ、動画にストーリー性をもたせることやサービス・商品のより詳細な説明が可能になるためユーザーの関心を寄せ、企業のブランディング化やユーザー間での拡散へも繋がります。

 

動画マーケティングが重要な理由

サイバーエージェントの調査結果によると、動画広告の市場規模は年々拡大を続けており、この先も数年かけて拡大を続ける見込みです。

動画マーケティングが重要な理由

サイバーエージェント 2018年国内動画広告の市場調査動画マーケティングの拡大にはスマートフォンの普及が大きく関わっています。ユーザーが日常的にインターネット上で動画を視聴するようになったことに加えて、その後SNSなどを利用して簡単に動画を拡散することができるようになりました。

そのため、企業が動画マーケティングに力をいれることで、収益向上や事業改善に直接的な影響を及ぼしやすい環境が広がりつつあります。

ここでは、具体的に動画マーケティングを導入することのメリットや成功事例をご紹介します。

メリットや取り組むべき理由

動画はテキストや静止画に比べ、数秒の間に多くの情報量を収めることができます。もちろん具体的に商品の紹介をすることも可能ですし、印象的なストーリーや影響力の大きい人物を起用して抽象的に企業やサービスの情報を伝えることも可能です。

商品からではなく動画イメージから先行してユーザーの関心を得ることができる動画マーケティングは、多角的なアピールが可能なことから、企業の新しいマーケティング方法としてメリットが大きいと言えます。

近年の成功事例

freee様 freee プロフェッショナルサービス紹介映像

例えば、上の動画は弊社が作成したfreeeという経営管理ツールのプロフェッショナルサービス紹介CMです。印象的な登場人物の設定やストーリー性からユーザーの興味関心を惹くような動画作成をしました。

実写での動画だけではなく、イラストを使用してシステムの内容を簡潔に紹介することで、何のCMかを視聴者に分かりやすく伝える工夫も施しました。

 

まとめ

まとめ

動画制作のポイントは、動画を長くすれば良いと考えるのではなく”適切な長さにまとめる”ことです。尺の長い動画も主流になりつつありますが、余計な情報を伝えていないかなどを精査する必要もあります。さらに詳しく動画制作のポイントについて知りたい方やすでに動画マーケティングを始めている方はこちらの記事もご覧ください。

また、普及し続けているスマートフォンで見られることを考えたスマホ動画と、一般にパソコン上で見られるビジネス動画との差や導入する際のポイントについてはこちらで詳しく説明しています。

プルークスでは濃密なコミュニケーションやディスカッションを重ねた上での動画制作を承っているため、企業の意向から逸れることのない動画マーケティングの導入が可能です。「実際に導入者たちの声を聞きたい方はこちら 
▶「導入事例インタビューのDL資料」 拡大する動画市場にあわせて、動画マーケティングの導入を検討しましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ