動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

プロが教える動画の見せ方とは?見られる動画作りの鍵をご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、YouTubeなどの動画投稿型のSNSが広く普及したことによって、時や場所を選ばずに誰でも自分の伝えたいことや考えを動画にして広めることができるようになりました。ただし、すべての動画が多くの人に見られるわけではありません。企業のプロモーション活動の一環として動画を活用する際は、ニーズを把握して視聴者を惹きつけることが必要です。

今回はより視聴者の目を引く動画作りのポイントをご紹介しますので、動画制作の際には是非参考にしてみてください。

 

面白くないと言われる動画の特徴

企業のプロモーションやブランディングのために動画制作をする際、気を付けなければならないのが「宣伝色」を出しすぎることです。

企業の魅力を伝えるためにセールスポイントを多く盛り込むことも重要ですが、多くの視聴者はストーリー性や意外性のない動画を「面白くない」と感じてしまいます。

セルフパロディを取り入れるなど、企業イメージにとらわれない演出やストーリーを考えましょう。

 

動画の視点やテーマが動画を面白くする

動画の視点やテーマが動画を面白くする

視聴者の興味を惹くためには、動画の視点やテーマを確立した上でユーザーに内容を理解してもらう必要があります。そのためにはテーマを的確に伝えられるような構成を考えなければなりません。ここでは、どのように構成を考えれば面白い見せ方ができるのかについて具体的にご紹介します。

テーマや視点の重要性

例えば、TV番組の多くはひとつのテーマに沿って構成が考えられています。バラエティ番組であれば人物を紹介したいのか、土地の情報を紹介したいのかなどの方向性が確立されていることがほとんどです。

企業での動画制作の際にも同じように、テーマや視点を確立して構成を練る必要があります。「このサービスを紹介したい」という目的を決定したあとは、社員の紹介や企業理念をむやみに盛り込むのではなく、サービスの魅力を惹きだすための構成を考える事が大切です。

見られる動画作りには構成が重要

多くの人に見られる動画を制作するためには、しっかりとした構成力が必要です。まずは動画を制作する目的やターゲットを決定し、前述したようにテーマや視点も確立しましょう。これらがしっかり確立したあとに、動画のストーリーやデザインについて考えていきます。内容を考える際には当初決めた目的やテーマからぶれないように、常に全体を見通す必要があります。

ストーリー性やオリジナル性にこだわることとあわせて、テーマや視点を前提とした構成作りをすることが結果的に視聴者の興味を惹くようになります。

 

拡散される動画を撮るためのポイント

制作した動画が、すべて多くの人に視聴されるわけではありません。多くの人に見られる動画を制作するには、最初に注意すべき基本的な事柄がいくつかあります。こういった点を考慮するだけでも、視聴者が面白いと感じる要素や好意的に感じる部分は増えていきます。

画面に映る人数

大抵の動画は1人か、多くても4人位までの人物が映像に出演しています。
これは画面の登場人物が多くなりすぎると、視聴者はどこに注目していいのか分からなくなるためです。

例えば、採用動画などで社員インタビューを行う際は一斉に何名もの社員を集めるのではなく、一人ひとりに焦点を充てた見せ方をすることで情報を整理しやすい動画となります。それぞれの業務内容も系統立てて把握できるため、ブランディングや自社内での業務効率化も期待できます。

見た目や喋り方

動画に人が映る際は画面に顔がはっきりと映るような工夫をしており、表情などが読み取りやすく、リアクションも表情豊かです。視聴者に動画の意図が正しく伝わるように、身振り手振りを加えつつはっきりと話すことも重要なポイントとしておさえましょう。また、服装や髪型に清潔感があり、どこか親近感の湧くような工夫もされています。

自社の社員を起用して動画を作る場合、普段よりも見た目や喋り方を考慮することでより魅力のある映像が制作できます。

 

動画に見応えを加えるためには

動画に見応えを加えるためには

上記で説明したような事柄を押さえた後には、動画の見せ方の幅を広げる方法として、ある程度の編集技術も必要になります。

動画のカット数を意識する

動画の内容をより充実したものにするためには、カット数を意識しましょう。一般的に多くの人に見られている動画はカット数が多いことがほとんどです。

弊社が作成した下記の動画では、見せ場を大きく映すことで動画にメリハリをつけ、視聴者に伝えたい視点やテーマが分かりやすくなるように工夫しました。

freee様 freee プロフェッショナルサービス紹介映像

自社でカット数の多い動画を制作するには、ある程度の技術が確立されている必要があります。

技術力に限界を感じた際は、動画作成のプロフェッショナルに依頼をすることをおすすめします。

 

まとめ

まとめ

今回は、多くの人に見られる動画を制作する際のポイントをご紹介しました。企業の広報担当者がプロモーションに長けていても、自社内での動画制作は難しいこともあるでしょう。

テーマに沿った構成作りに悩んだ際や、クオリティの高い動画制作を行いたい場合はプルークスにご相談ください。動画制作における疑問点の解決などにもお力添え致し、多くの視聴者を惹きつける動画を制作致します。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ